• もっと見る
<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 (05/17) なこ
今月のおしゃべりサロン「ふわり」 (05/17) サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
2023年度自閉症・発達障害児者支援セミナーを開催しました [2023年11月22日(Wed)]
11/19(日)に、2023年度自閉症・発達障害児者支援セミナーを開催いたしました。

今回は、「今だからこそ言える、父親と息子の話」と題して、
前半は一組の親子をお迎えして、生い立ちから現在までのことについてお話いただき、
後半は子ども支援事業を利用されているお父さんを交えて座談形式で進めました。

IMG_9706.JPG

当日、会場には50名ほどの方が参加され、
普段あまり語られることのない父親と息子の話に耳を傾けておられました。

前半は、息子さんが自分の経験とその時の思いを、
緊張しながらも頑張って伝えてくれました。
お父さんは、息子さんとのことで印象に残っているエピソードや
進路の選択に際して大切にしてきたことなどをお話しくださいました。

後半は、中学生のお子さんを持つお父さんと
小学生のお子さんを持つお父さんを加え、
前半で話をしてくださった親子に質問をしたり、
「うちではこうですよ」と話したりしてくださいました。

話の中で印象に残ったこととして、
子どもと接する中で意識していたことは、
自分一人で突っ走ってはダメだということ。
妻から「受験する学校の下見について行って」と言われたら一緒に行ったし、
息子と一緒に行動することは彼との旅だと感じていたそう。
兄弟げんかが起きれば両方の意見を聞き、
どうしようもないときには家族会議を開くようにしていたそうです。

息子さんが成人した今、子どものころエレベーターのボタンを
押さずにはいられなかったこだわりや進路が決まるまでの
紆余曲折は過去のこととして、
時に懐かしみながら話していたお父さんですが、
きっと当時はいろいろと悩むこともあったことでしょう。
時折息子さんの方を見て「ごめんね」と言いながら、
「あのときはこれがずっと続くのか?と思った」などと話していましたが、
今では共通の趣味の話をしたり、週末には息子さんの運転で
ドライブをしたりする仲になりました。
人生で、様々な決断に迫られたり思うようにいかなかったりすることは
誰にでもあることでしょう。
今回、いろいろな経験から学びを得た親子から、
セミナーに参加した私たちも多くの学びを得ました。

ただでさえ大勢の人の前で話すことは緊張するものです。
以前は見通しが持てないイベントへの参加に
不安があった息子さんにとって、今回話をするという決断に大きな勇気が
必要だっただろうことは想像に難くありません。
事前に用意することができない開場からの質問に対しても、
一生懸命考えて言葉を探しながら答えてくれました。

貴重なお話をしてくださったご登壇者の皆様に
心から感謝したいと思います。
ありがとうございました。

今野



Posted by サポートネット at 14:15
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mddsnet/archive/4590
コメントする
コメント