CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
きっとみんなきらいなんだ [2021年05月14日(Fri)]
久々に子どもの訴えが胸に響きました。
「きっとみんな(ぼくのことが)きらいなんだ」

支援学級在籍の自閉症スペクトラムの子が、委員会活動に出席した際、緊張してうるさくしてしまったとのこと。
その際の、周りの冷ややかな目が辛かった様子です。

意味のある言葉を出すのはなかなか難しい彼は、多動もあるため、見た目は重い知的障害に見えるけど、介助付きで文字盤を指しながら自分の言葉を紡ぎ出すことができます。

先日のセッションでは、世界地図の学習を一緒にしました。
世界の六大陸も三大洋もサクサク答えていきます。
緯度と経度の違いもばっちり把握しています。

寝転んだり、キッチンに行ったりする事もあるため、側から見れば、まじめに勉強しているようには見えないかもしれないけど、彼と私の中では真面目に勉強している時間です。

母の日メッセージでは、「ずっと元気でいてください」とiPadに打ちこむこともできました。

そんな彼の訴え。
「きっとみんなにきらわれている かるくむしされてかちんときた」

クラスメイトは、彼がしっかりした意思があることをわかっています。
委員会の違う学年の子たちは、彼の意思を知りません。

「知らない、わからないという気持ちは、周りを不安にさせるからね。
嫌いなんじゃなく、わからないから怖いという感覚に近いと思うよ」
と伝えたものの、それもまた言葉足らず。
私も伝え方がまだまだだな…とは思いつつ、嫌いと、知らないからこその不安は別であることは知っていて欲しいと思いました。

というのも、私も小学生時代に、特殊学級(当時の呼び方です)の主催するキャンプやイベントに参加した際、自閉症の友達らに話しかけられると
「なんで同じ質問されてるんだろう(また答えなくちゃだめなのかな?)」
「何か言われてるけど、聞き取れない…どうしよう」
と思っているうちに、気づけば保護者とばかり話していたという経験があります。

それは、高学年になればなるほど、同世代の自閉症の友達と話すことへの不安が募った記憶です。

嫌いなわけじゃない。
どう話していいかわからない。
だからなるべく話せる人と一緒にいたい。
声をかけない罪悪感は、今でも覚えています。

むしろ、自分が未就学時代は、会話がなくても、彼らと一緒に遊ぶことがとても楽しいと思っていました。
一番、関係を取るのが難しかったのは、小学校高学年から高校生にかけて。
大学生になり、彼らと一緒にお酒を飲めることになった時には、とてもうれしかったし、同じことを何度聞かれても、また友達に戻れた気持ちで答えることができました。

多数派の言い訳のようになってしまいますが、
コミュニケーションの取り方がわからないだけで、
嫌いだから無視したわけではないかもしれない。

そう思いました。

自閉症の有無にかかわらず、安心できない環境下は精神的に苦しいこと、
委員会活動など、無理に不安の高い活動には参加しなくてもいいのではという話になりました。
そこまで考えることができたのは、彼が苦しかった気持ちを伝えることができたから。

指さしの会話はとても時間がかかります。
そんなに簡単なものではなく、とても集中力を必要とします。
そして、誰とでも会話できるわけではなく、安心感が必要です。
だからこそ「伝えてくれてありがとう」と心から言いたくなります。

今は、彼の意思を理解してくれる人たちの中で、
自分の思いを伝えながら、安心できる居場所を作っていって欲しいな。と思いました。
ゆびさし.png
まほろ
Posted by サポートネット at 12:56
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mddsnet/archive/4138
コメントする
コメント