CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
はたらく自分と向き合っていくために [2020年11月24日(Tue)]
11月23日の勤労感謝の日に
2020年度 第2回自閉症・発達障害児者支援セミナーを開催しました。

相澤さん.PNG

テーマは「はたらく自分と向き合っていくために」
宮城障害者職業センターより主幹障害者職業カウンセラーの相澤欽⼀⽒をお迎えし、
本人、企業、支援者に求められる取り組みについてお話くださいました。

はじめに、障害者雇用促進法に触れながら、障害者の定義について伺いました。
その上で、安定した職業生活を送るためには、どのようなことが必要になるのか・・・と。

頭でわかっているつもりでも、事例を交えて聞くと、
「なるほど。たしかに!そうなんだなぁ!!」
と思う事が多くありました。

話の中で、とても大事だなと思ったのは、
アセスメントの中で「本人の希望を聞く」ということです。
できているようで、とてもとても難しいこと。

私も子どもたちと話す中で、仕事の話になることは多々ありますが、
本人の希望と現状の落差を感じたときに、支援者としてどう進めていくのか、
そして、本人の自己理解をどう深めていくのか。
とても参考になりました。

事例の話を聞きながら、障害の有無にかかわらず、ありがちな話だなあ・・・・。っと。
今、障害者前提として話を聞いているけど、
どこにでもあるなぁ。こういう社内トラブル・・・・・

ということは、障害の有無にかかわらず、
この仕事の分析の手法は、会社に勤める全ての人に使うことができるなぁ。と思いました。

話を聞きながら、私たちの大切にしている
「相談できる」というのも、仕事に直結していると思いました。

プリズムの卒業生にも、実際に宮城障害者職業センターにお世話になっている方がいます。
そして、相澤さんに会えて良かった。今の仕事に出会えてよかった。
会社で困った時には、相談できる上司がいるのも、つなげてくれた相澤さんのおかげだと話します。

わかりやすい事例を交えながら、はたらくことについて真剣に考える機会になりました。
相澤さん、とても素敵な時間をありがとうございました。
まほろ
Posted by サポートネット at 10:08
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mddsnet/archive/4037
コメントする
コメント