CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
教材作りの視点の大切さ [2020年04月21日(Tue)]
IMG_2983.jpg

これは、なんの変哲もない、数字マッチングせんたくばさみです。
紙皿は、へたっとなりやすいので、2枚重ねています。

数字が好きな子は、割と好んで取り組みます。

IMG_2984.jpg

こんな風につけていきます。

4歳のトーマス君は、数字も大好きですし、せんたくばさみも得意になったので、
これが丁度いいなぁ・・・と用意したのですが・・・・

いざ
はじめてみたら・・・・1はスムーズ。
しかし2になると!!!!

IMG_2985.jpg

この向きの違いが許せなくなり、手が止まりました。

課題を作っているときは、さほど気にならなかったのと、
はさんでしまえばすぐ見えなくなるので、このミスに私は気づいていませんでした。

彼が気になってるポイントがわかったので、すぐに

「ごめんね。これ、いやですね。おわりにしましょう」

と、課題を下げようとしたところ・・・・・

「あ”−!!」と声をあげ、自分はまだやるんだ!!というアピール。
しかし、せんたくばさみをつけながら、向きが違うのが苦しく、
立ち上がったり、ママのところへ行ってみたり。

しかし、一度出されたものは、最後までやりたい。
やりたい。やりたくない。やりたい。やりたくない。
自閉症の特性ゆえに、やりたくなくても始めてしまったら途中でやめることができません。

トーマス君には本当に申し訳ないことをしてしまいました。
6を過ぎたあたりから、こういうものかとあきらめたのか、スムーズに終わらせたものの、
これはすぐに作り直さなければいけないと思いました。

そして、作り直したのがこちらです。
その次の週に、トーマス君に提示したところ、すぐに取り組むことができました。

IMG_2988.jpg

もともと数字が大好きなので、「いーち」「にー」と声を出して
いきいきと課題に取り組んでいるところを見ていると、
好きなものだからこそ、スッキリ取り組みたかっただろうなぁ。と思います。
嫌だったことをしっかり伝えてくれたので、気づくことができました。

改めて、教材つくりの視点の大切さを実感できたエピソードです。
まほろ
【今日の「虹っ子」の最新記事】
Posted by サポートネット at 15:18
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mddsnet/archive/3926
コメントする
コメント