CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
プリズムも5月6日までお休みします (04/16) 伊澤
春の避難訓練 (04/13) りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
ずっと味方だよ〜卒園児さんに向けて〜B [2020年03月26日(Thu)]
虹っ子の児童発達支援に通っている年長児のお子さんたちについて、通い始めたころから、これまでの成長について、エピソードを交えて紹介します。
今回はその第三弾

乗り鉄くんに出会ったのは1年半ほど前。
初めてのセッションで私が用意した課題を見て一言。
「やらない」
大人を信用していない様子がビシビシ伝わってきました。
少し手伝ったり、ヒントをあげたりすれば取り組めるものもありましたが、どうしてもイヤなものはやらない。

なので、まずは信頼関係を築くために、課題の組み立てを変更。
彼の興味がある鉄道の課題、製作、クイズなどをしながら、できるだけ会話をするように心がけました。

賢い彼は、私とお母さんが自分のことを話しているのも鋭く察知して、それがイヤだということを、物を落としたり、壊したりすることで表しました。
なので、セッションのときにはお母さんと話すことをやめました。

友達と遊びたい気持ちはあるけれど、かかわりがうまくいかず、続かない。
なので、お母さんと私とで彼の遊び相手になりました。

次第に私への不信感は少なくなっていき、代わりに子どもらしい無邪気な笑顔が出てきました。
彼がボケて(わざと間違えて)、私がツッコミを入れる。
本当はこんなかかわりが好きなんだとわかってからは、お互いに楽しくセッションができるようになりました。

彼は[快・不快]がはっきりしています。
少しでも自分の意に沿わないことをされると100%の[不快]と感じ、その人を非難したくなる。
特性によるものなので、そこを責めたり、叱ったりしてもエスカレートするだけ。

ただ、そのままでは生活がしづらいですし、小学生になってからも大変なことは目に見えるので、楽しいセッションの中にも少しずつ彼の好まない課題を取り入れていきました。
「やらない」
という反応に変化はありませんでしたが、
「やれるよ」
とこちらが言うと、しぶしぶ取り組むようになりました。

まだまだ、やらされることや面倒なことは嫌がりますが、やれることは増えました。
「譲る」気持ちの芽生えをうれしく思いました。


この先、乗り鉄くんが進んでいく世界は、きっと不快なことが多いはず。
少しの不快なら我慢するというスキルも持ち合わせなければなりません。

本当は純粋で素直な彼。
私は彼の描く絵が大好きです。

普段はバスをよく描きます。
IMG_2683.JPG


これはクレヨンのくろくんをマネしてクレヨン遊びをしたときに描いたもの。
迷いなく筆を進める姿がステキでした。

IMG_7251.JPG


乗り鉄くんには、大人が歩み寄ることの大事さを学びました。
常識とか普通とか、そんなことを押しつけてたら、きっと仲良くはなれなかった。

小学校に行っても、自分の良さや好きなことを見失わずに大きくなって欲しいと思います。

乗り鉄くん
あなたに出会えてよかった。これからもずっと味方だよ。

クローバー

Posted by サポートネット at 18:01
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mddsnet/archive/3909
コメントする
コメント