CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
りんごジャム
わかさぎ釣りの季節です (02/13) まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
虹っ子を好きになってくれてありがとう〜卒園児さんに向けて〜@ [2020年03月19日(Thu)]
虹っ子の児童発達支援に通っている年長児のお子さんたちについて、通い始めたころから、これまでの成長について、エピソードを交えて紹介します。
今回はその第一弾

ナンバーくんに初めて会ったのは、約1年前。
いつもニコニコ笑顔の彼は、私の目を正面からじっと見ます。
こちらもじっと見返すと、足を床にドンドン。拳を机にガンガン。これは場の静けさに耐えかねてやる行動。始めはこちらの気を引きたいのかと思いましたが、違っていました。脳が刺激を求めてするこの行動。保育園でも同じようにやっているようです。表情はニヤニヤに変わっていて、これでは叱られてしまうのも仕方ない様子。
「この子は褒められた経験が圧倒的に少ない。」
私と1対1でやる個別課題では、褒めることをベースに、場に相応しくない行動は、どうしてやってはいけないのかを丁寧に説明しながら進めることにしました。
4月頃はまだ褒められても素直に受け取れない状態で、恥ずかしさを紛らわすために、離席したり、私の赤ペンを奪ったり、近くで見ているお母さんにちょっかいを出したり…。
目についたものはすぐに触りたい、思いついたことは実行しないでいられない。
脳がとにかく忙しいナンバーくん。
でも、彼は数字に強いということがわかり、それを課題にして、できたことを褒めていくうちに少しずつ変わってきました。苦手な聞き取りの課題もいい点数が欲しいので、だんだん集中して取り組めるようになりました。そして、いつのまにか褒められることはスタンダードになり、離席や余計な行動はなくなっていきました。

好きなことは強い。
好きなことが彼の学びを深めてくれました。

ゲームも好きなので、途中からアナログゲームも課題に取り入れていました。
口頭の説明でルールを理解できる彼は、どうぶつしょうぎ、UNO、ドブル、他にもたくさんのゲームをマスターしました。職員を加えて3人で、放課後の児童館で過ごすイメージを持ってやりました。友達付き合いはまだ難しさがあるけれど、ゲームを介して友達と遊べるかもしれない、そして仲良くなれるかもしれない。そんな期待を込めています。

今の彼は、自立課題でたし算をしています。後ろで私とお母さんが会話をしても振り返らなくなりました。
好きなことは本当に強い。

こんなに大きく変わってくれた彼とのセッションが、間もなく終わろうとしています。
今後はプリズムにバトンを渡して、グループ活動が始まります。
きっとまた大きな成長を見せてくれるでしょう。

ナンバーくん、1年間ありがとう。私も大好きだよ!

331FDEF2-CCFD-43AB-B915-1D99C792562D.jpeg


クローバー四つ葉

Posted by サポートネット at 20:34
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mddsnet/archive/3906
コメントする
コメント