CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
本多先生セミナー終了 [2019年11月21日(Thu)]
日曜日、本多ふく代先生のセミナー「感覚特性から発達障害を考える」が終了しました。
作業療法士の本多先生(東北文化学園大学 教授)から、感覚の特性や発達のことなど、たくさん学ぶことができました。
IMG_211701.jpg

本多先生から、
「できるためには作業のあり方を考える。環境調整を考える。」
「成功を導く体験が必要」
「我慢や慣れさせる、は禁物」
「本人が持っている能力で、できるようになることが大切!」
など、たくさんのメッセージもいただきました。

アンケートより、ご参加の皆様の感想を一部紹介します。
・何となくしか分かっていなかった、子どもの行動とその背景の感覚について、よく分かった。
・「感覚は人それぞれ違う」とはっきり言ってくださったのが救われる思いでした。この考え方がもっと広まるとよいのにと思います。
・できないことには理由があるという言葉が印象的でした。何回言っても分からない…といつも思うのですが、そこは、おしえ方が間違っているのだな、と反省しました。
・子どもの「できない」ことを見る時に、細分化してみて、対応策を考えていく内容が勉強になりました。つい、子どものできないことに目を向けがちですが、できることに目を向けて、子どものできること、好きなことを自信につなげていけるように、親として関わりたいと思いました。
・具体例や映像などもあり、とても分かりやすかったです。

本多先生から、感覚統合の検査「JSI-R」の紹介もありました。
下記URLをご参照ください。
http://jsi-assessment.info/jsi-r.html


この事業は、公益財団法人 日本社会福祉弘済会 2019年度社会福祉助成事業により、開催しています。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。


リボン
Posted by サポートネット at 15:01
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mddsnet/archive/3868
コメントする
コメント