CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
自分の意思 [2013年02月19日(Tue)]
今日は、ラルクママ代表の天空の母さんが、息子さんのM君と一緒に事務局にいらっしゃいました。久しぶりにM君の元気な姿を見て、うれしかったです(^o^)♪

図書の返却にいらしたのですが、いろいろとお話することもできました。
「やっぱり、“その人にわかるように教える(伝える)”こと、大事なんだよね。」と天空の母さん。
そうだと思います。
そういうことを、繰り返し繰り返し、私たちがサロンなどで共有したり、セミナーで学んでいます。『虹っ子』の療育でも。
(今日はいろいろ想うことがあるので、長い文章になります(^^; )

そして、“本人の意思を大切にする”、ということも話しました。
「本人の意思で決めたことは、守るんですよね。」と私が言うと、
「あのね、それ、ラルクママでは常識になったの。」と天空の母さん。
たくさん情報交換しながら、たくさん積み重ねてこられたお母さん方の、実感のこもった言葉でした。

自分で決めたことは守る。
その人に分かるように伝えれば、納得し、次の行動に移ることができる。
だから、何かを決めるときには、本人の意思を大切にする。
折り合いをつけなければならないことは、こちらの事情を伝えて、双方が納得する形で折り合いをつける。
本人がとても過敏になっているとか、たくさんの積み重ねがあって落ち着いて過ごしているとか、個々の状況に合わせた対応が必要だと思いますし、折り合いがなかなかつけられずに悩むこともあると思いますが、いずれにしてもこれは、とても大事なことだと思います。

昨日お越し下さった、損保ジャパン記念財団の理事長様、専務理事様には、『虹っ子』のお部屋を実際に見ていただき、mikanさんと一緒にツールの説明等もさせていただきました。
課題だけでなく、おやつのときでも余暇でも、『虹っ子』では本人の意思の表出を促し、尊重するようにしていること。
おしまいの時間の表し方もいくつかあるのですが、例えば “あそびの終了時間” を決めるときにも、本人の意思を聞いて決めること。
こちらの事情があるときは、お互いに納得のできる形で決めていくこと。
その時、理事長さんが
「なるほど、大人が “こうしなさい” と言うのではなくて、ですね。すばらしい!」とおっしゃってくださいました。
そういうことが伝わって、とてもうれしかったです。

今年度開催した、保護者の実践セミナーでは、スケジュールなどの提示は “こうしなさい” と伝えるものではない、ということを猪又先生が繰り返し繰り返し、お話してくださいました。

せっかく本人の意思を聞いたのに、結局大人の都合に合わさせてしまうやり方はノーグッド。
そういうことを、ずっと学び続け、伝え続けていきたいなと、あらためて思った一日でした。

大人だって、勝手に決めつけられたらイヤじゃない!?
提示した方は、勝手に決めつけたんじゃない!と思っていても、本人がそう受け取ったらそうなのだから…。(気をつけます。)
お水と麦茶を並べて、選んだら、それがその人の意思だと思います。


リボン

Posted by サポートネット at 21:12
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mddsnet/archive/2857
コメントする
コメント