CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月14日

【開催しました】寄付に感謝する集い


【ご報告】島根県内NPO法人誕生20年&しまね社会貢献基金10年記念
     寄付に感謝する集い

12月12日に、ふるさと島根定住財団主催のイベントが開催され
松江NPOネットワークも企画から当日の運営までお手伝いしましたぴかぴか(新しい)

寄付.jpg

島根県内にNPO法人が誕生して20年、
しまね社会貢献基金が創設されて10年、
全国で「寄付月間」が広がって5年、様々な節目を迎える年に、
寄付を受け取る側のNPOや寄付してくださる側の企業から
約50名が集って「寄付」をテーマに意見交換や交流をしました。

●自己紹介&グループワーク
「私こんな寄付をしました」と寄付体験を交えながら自己紹介
P1000540.JPG

●島根県の寄付事情
ふるさと島根定住財団 森山忍さんから島根の寄付について情報提供
P1000544.JPG

●トークセッション
島根大学法文学部の毎熊浩一さん、松江NPOネットワークの竹田尚子さん
ふるさと島根定住財団の森山忍さんがキーワードを投げかけつつ、
会場を巻き込んで、トークセッションをおこないました。
P1000547.JPG

●NPOプレゼンリレー
12のNPOが活動の成果と寄付への感謝を伝えました
P1000555.JPG

P1000550.JPG

●交流タイム
参加者全員の自己紹介とNPO謎解きゲームで一気に会場も温まりました
P1000558.JPG

●応援メッセージ
プレゼンリレーを聞いた会場の皆さんから
各団体へ応援メッセージをいただきました
P1000560.JPG

P1000576.JPG

P1000573.JPG

P1000566.JPG

イベントでは、
【NPO】寄付に対して直接感謝を伝える場を与えてもらえてありがたかった。
【企業】寄付をしていても実際どのような活動をしているか知る機会がなかった。
    今回、直接聴くことができて良かった。
という声を聞くことができましたひらめき
posted by Yoko Harada at 12:55| Comment(0) | お知らせ

2019年12月05日

【来週です!】寄付に感謝する集い

1週間前となりましたぴかぴか(新しい)
楽しく出会って学べる時間となるよう、着々と準備を進めています。
残席まだ少しあるようです。
是非ご参加くださーい!!

ふるさと島根定住財団のイベントページへは↓から
感謝の集いバナー.png

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/455566551760891/

2019年11月26日

松江音楽協会 職員&正会員研修会


【ご報告】松江音楽協会 職員&正会員研修会

今日は、松江市総合文化センター プラバホールを
指定管理者として運営している
NPO法人松江音楽協会の職員&正会員の
研修のお手伝いに行ってきました。

10名の職員と2名の正会員が参加。
「ロジックモデルづくり」をテーマに
音楽協会が実施する自主事業のうちの
2事業を取り上げ議論しました。

●研修の導入として担当者から事業概要の説明
P1000519.JPG

●研修のはじめは、イベントを間近に控えた1つ目の事業
「プラバ光の杜・イルミネーション事業」。
(ちなみに近々開催のイベントは「プラバ光の杜プロジェクト2019」
個人ワークで「事業がうまくいった状態」を考え・・・
P1000523.JPG

「具体的〜抽象的」の軸と「時間」の軸にあてはめつつ
全員で「アウトプット⇒最終アウトカム」までつなげていきました。
P1000524.JPG

●続いて2事業目の「学校支援事業」。
1事業目にならってグループワークをして・・・
P1000531.JPG

グループで発表。
P1000536.JPG

最後の感想からは・・・
●スタッフの間で事業目的について認識の違いがあることがわかって驚いた。
●今やっていることが精一杯考えた結果だと思っていたけど
 もっと違う展開があることを知った。
●人によって重きを置くところ、こだわるところが違うことがわかった。
●目ざすところを見ることが必要だということを知った。

という声を聞くことができ、
お手伝いをした側としては
良い機会になったと思ってホッとしましたあせあせ(飛び散る汗)

「地域の課題解決にちゃんとつなげたい」
「より良い事業にしたい」
「もっと良い組織にしたい」


という想いを強くもって、
学ぶ機会を重ねておられる音楽協会の皆さんには
いつも本当に頭が下がります。
今回の研修は、また次へとつながっていきます。
ステップアップされる音楽協会の今後が楽しみですぴかぴか(新しい)
posted by Yoko Harada at 20:55| Comment(0) | 報告

2019年11月22日

しまね社会貢献基金をご存じですか?

NPO納税02.jpg

しまね社会貢献基金という制度をご存じでしょうか?

この制度ができて10年。地味に知っている人は知っているのですが、あまりにも知らない人が多い、というかほとんどの人が知らない。ふるさと納税は多くの人が知るようになりましたが、実は「しまね社会貢献基金」は「ふるさと納税」とほぼ同じ仕組みなのです。社会貢献基金に「寄付する」というより、これははっきり言って社会貢献納税。誤解を恐れずに言ってしまうとNPO納税なのです。税金って、誰もがあたりまえに役所に納めていますが、納め先をなんと民間団体(NPO)にできてしまう!そんな恐るべき制度が島根県にはあったのです。

しまね社会貢献基金に登録されている団体(NPO)は、現在約60団体。島根県のHPからこれら団体の活動をしっかり吟味して、「この団体いいな」というところを見つけたら納税(寄付)する。行政に機械的に税金を納めても、自分の納めた税金の行方は全体の中で見えなくなってしまうけれど、しまね社会貢献基金(NPO納税)では「こんな活動をしているあの団体に」ということで選ぶことができるのです。ちなみに同様の仕組みを持っているのは、全国でたったの9県だけらしい。

「ふるさと納税」にしても「しまね社会貢献基金」にしても、先に払って後で控除されるという点、申告手続きのこと、2,000円の自己負担、税金が控除される金額の上限があることなど、考えないといけないことはいくつかありますが、寄付(納税)先を決めて払い込む手間はスマホのカード決済でOKという、いたって簡単なもの。ふるさと納税を経験したことがある方は、ほぼ同じ手続きで、あっけないほど簡単にできます。
手続きはコチラから。

なお、ふるさと納税には自治体からの返礼品があるのに対して、NPO納税(しまね社会貢献基金)は物品での見返りはありません。そのかわり、地域をよりよくする様々な活動が必ずやあなたに満足感を与えてくれるはず。納税した先の団体(NPO)との間に生まれる新たなコミュニケーションは、物品には代えられない価値を提供してくれることでしょう。

「ふるさと納税」か「NPO納税」かということではなく、半々(あるいは〇対〇の割合で)という方法もあります。税控除は両方あわせて、ということをお忘れなく!
→総務省ふるさと納税ポータルサイト税金の控除について

2019年11月08日

【開催決定!】寄付に感謝する集い


寄付に感謝する集い

今年度、島根県は県内でNPO法人が誕生して20年、
しまね社会貢献基金が創設されて10年という節目の年です。
これまでの支援に感謝し、支援者とNPOが出会い、
今後さらに地域づくりを広げていくための集いが開催されます。
NPO同士の出会いの場や、活動に取り組む方々の学びの場にもなりますぴかぴか(新しい)
ぜひ、声をかけあってご参加くださいexclamation

★チラシはこちらから↓
kansyanotsudoi.jpg

■日時 2019年12月12日(木)14:00〜17:00
■会場 松江市市民活動センター5階 交流ホール
■内容 ・トークセッション「ファンドレイジングを始める前に」
    ・NPOプレゼンリレー「感謝と成果を伝えよう」
    ・交流タイム「NPOを知る・支援者とつながる」
■web申し込み
 URL:https://furefure-shimane.jp/support/seminar/form.html
posted by Yoko Harada at 11:56| Comment(0) | お知らせ

2019年10月03日

令和元年度 共創・協働研修会


昨日は、松江市主催の共創・協働研修でした。

71377852_394890548112426_1576158744574689280_n.jpg

最初に松江市から共創・協働の取り組みを聞いたあと
川北秀人さん(IIHOE【人と組織と地球のための国際研究所】代表)の講義を聞き
後半はグループに分かれて共創・協働をさらに進めるための意見交換をしました。
研修は同じ内容で午前・午後に分けて開催され
市職員、町内会・自治会、NPO法人、市民活動団体、
公民館、社会福祉協議会等から62人が参加。

71231008_2513896938885590_8490106332131622912_n.jpg

「共創・協働」という言葉を耳にするようにはなりましたが
果たして中身はどうなのか・・・課題をあらためて痛感する時間になりました。
やることたくさん!あせあせ(飛び散る汗)
でも以前より、何をすべきか見えるようになった気がしましたぴかぴか(新しい)

posted by Yoko Harada at 22:35| Comment(0) | 報告

2019年09月24日

やってみた団体に聞いてみよう!「グッドガバナンス認証」入門


【ご報告】松江NPOネットワーク自主勉強会
 やってみた団体に聞いてみよう!「グッドガバナンス認証」入門

松江NPOネットワークでは、
年に4回程度の自主勉強会を開催しています。
今期4回目となる本日のテーマは
グッドガバナンス認証ぴかぴか(新しい)

20190924_145906.jpg

ふるさと島根定住財団の森山忍さんをお迎えして
認証制度の概要をお話いただいたり、
ベーシック評価を受けたNPO法人
●おやこ劇場松江センター
●久米の家
から、受けてみてどうだったかを聞きながら
参加者みんなで意見交換をおこないました。

松江NPOネットワークの会員のほか、
市外のNPO法人、島根県庁、松江市役所、
ふるさと島根定住財団から17名が参加ひらめき

第三者評価を受ける側のNPO法人と
支援する側の私たちネットワークや行政とで
グッドガバナンス認証制度の可能性について
意見を交わすことができ、とても良い機会でしたexclamation

posted by Yoko Harada at 17:14| Comment(0) | 報告

2019年09月11日

事前研修会のふりかえりをしました!


【ご報告】松江市職員NPO法人派遣研修 事前研修会 ふりかえり

昨日は、先日開催された上記研修会のふりかえりを
松江市の人事課、市民生活相談課と
松江NPOネットワークとで行いましたexclamation

20190910_134019.jpg

すぐにふりかえりを行う習慣がつきつつあり、
忘れないうちに共有させてもらうことが
とてもありがたいですグッド(上向き矢印)

社会人経験枠で採用2年目の職員の方々が
研修生として5日間NPO法人へ研修に出かけます。
充実した研修になるよう、私たちも引き続き裏方がんばりますexclamation
posted by Yoko Harada at 13:44| Comment(0) | 報告

2019年09月02日

「グッドガバナンス認証」入門


【ご案内】やってみた団体に聞いてみよう!
     「グッドガバナンス認証」入門

第4回 松江NPOネット自主勉強会を開催します。
テーマは「グッドガバナンス認証」です。

★チラシはこちら↓
good.jpg

実際に取得して見えてきたことを聞きながら、
どんな効果やメリットがあるのかを考えます。
グッドガバナンス認証の取得を迷っている団体のほか、
下記のような悩みのある団体の方々はぜひ!
・業務を改善、効率化させたい
・事業をブラッシュアップさせたい
・ミッションを再確認したい
・第三者組織評価に興味がある
posted by Yoko Harada at 12:40| Comment(0) | 研修・講座

2019年08月30日

【ご案内】令和元年度 共創・協働研修会


【ご案内】令和元年度 共創・協働研修会

松江市で進めている「共創のまちづくり」のひとつとして
毎年開催している「共創・協働研修会」。
今年の開催日が決定しましたexclamation

↓★チラシはこちらをクリック
kyoso.jpg

[日 時]令和元年10月2日(水) 
@ 午前の部 9:30〜12:00 A 午後の部 14:00〜17:00
     ※ @、Aは同じ内容です。いずれか一方にご参加ください。
[会 場]松江市市民活動センター(STIC)5階交流ホール
     (松江市白潟本町43番地)
[講 師]IIHOE【人と組織と地球のための国際研究所】
     代表 川北 秀人 氏
[申込方法]別添チラシ裏面の《参加申込書》に必要事項をご記入の上、
郵送、FAX、メールのいずれかでお申し込みください。
[申込締切]令和元年9月24日(水)17:00必着
      (ただし、定員になり次第締め切らせていただきます)
[問い合わせ先]
 松江市共創のまちづくり推進本部事務局(松江市市民生活相談課)
 電話:0852-55-5168
 FAX:0852-55-5544
 e-mail:shikatsu@city.matsue.lg.jp
posted by Yoko Harada at 22:12| Comment(0) | 研修・講座