CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« The Organ 3 | Main | プラバ光の杜プロジェクト2021 #3 »
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
The Organ 4[2021年12月16日(Thu)]
The Organ 4
〜縁の下の力持ちさんからのメッセージ〜

公演が近くなり、「オルガンコンサートクリスマスの贈りものSpecial2021」のお問い合わせを多数いただき、大変嬉しく思います。

本公演は、パイプオルガンはもちろんのこと、バリトン、合唱の他、「リードオルガン」が大きな役割を果たしてくれます。

リードオルガンってどんな楽器?
と思われる方もたくさんいらっしゃると思います。

こんな楽器です。
リード・オルガン.jpg

皆さんにすぐご覧いただけるのがこちらの動画
「しまうまおやこ」です。
音色が温かくて、ノスタルジックで、見た目もとってもかわいいのです。


不肖スタッフM眼鏡ぴかぴか(新しい)も以前、弾かせてもらったことがあります。
足で絶えず空気を送り込みながら、両手、指を駆使します。
とても頭が混乱してしまいます。
(そんな大変さを全く見せない米山さんです)

さて、前段が長くなりました。。。

今日は、この公演で活躍する「リードオルガン」をメンテナンスしてくださっているアートピアノ社 井土洋志さんからいただいたメッセージをご紹介いたします。

===========
私の松江市八雲町でアートピアノ社というピアノとリードオルガンを修理する仕事をしています。今回のコンサートで使用するリードオルガン(足踏みオルガン)のメンテナンスを担当させて頂きました。
日本でリードオルガンは明治のころより製作されてきましたが、今では新しくつくられることはなくなりました。そのため、現存する楽器を大切にメンテ、修理しながら使用しています。そういう意味では貴重な楽器です。
今回の公演ではなんとリードオルガンが3台も登場!!音色の違いなども楽しめると思います。プログラムも明治、大正の唱歌を演奏されるということで、田中俊太郎さんが出演されたNHK連続テレビ小説「エール」の世界を体験できるのでは、とワクワクしています。

最後に、普段はリードオルガンの音色を聴く機会は少ないと思いますが、懐かしくもあり、また新たに触れる方にとっては新鮮な音色に聞こえると思います。ぜひお楽しみください。

IMG_2269.jpeg
〈右が洋志さん、左がお父様です〉
*本公演で使用する7個ストップのオルガンで、メンテナンスをしておられるところだそうです。
===========

井土さん、素敵なメッセージをありがとうございます!
今更ながら、初めて知ることばかり目

コンサートが益々楽しみでするんるん


スタッフM眼鏡ぴかぴか(新しい)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/matsue-music/archive/359
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

NPO法人松江音楽協会さんの画像
https://blog.canpan.info/matsue-music/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsue-music/index2_0.xml