CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年09月 | Main | 2020年11月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
日本学術会議任命拒否騒動に思ふ [2020年10月30日(Fri)]
■日本学術会議から菅義偉首相と民主主義を考える
菅総理大臣になって初の比較的巷で問題となっている事象がこの日本学術会議の6人の任命拒否問題だと思い、暫く思考を巡らせていました。
そして考えるほどに、今回の問題は民主主義の根幹をなす「議論」(ここでは言い合う事ではなく論理的で矛盾無い説明の事とします)の欠如と同義なのではないかという結論に至りました。
当初の論点は
「日本学術会議の会員に推薦された105名のうち6名が、首相に任命を拒否された事」
でした。(6名は京都大学大学院 芦名定道教授(キリスト教学)、東京大学 宇野重規教授(政治思想史と政治哲学)、早稲田大学 岡田正則教授(行政法が専門の法学者)、慈恵会医大 小澤隆一教授(憲法学が専門の法学者)、東京大学大学院 加藤陽子教授(日本近代史の歴史学者)、立命館大学大学院 松宮孝明教授(刑法が専門の法学者))
これに対し首相は
「総合的、俯瞰的な活動を確保する観点から判断した」
としています。
しかしながら「推薦者の名簿は見ていない」と、9月28日に決裁する直前に6人が除外された後の99人分の名簿を見ただけだと伝えたもんですから、当然再び紛糾しました。
野党の国会議員などから
「名簿を見ずして『総合的』・『俯瞰的』な判断とは矛盾である」
との指摘が続出する始末。
昨日は日本学術会議の梶田隆章会長が初の公の場での会見まで開き、6名の任命を求める事態にまで発展しています。
平和安全法制に反対した等の政権にとって’やりにくい’人物だったが故に入れなかったのだと指摘する人もいます。もし本当にそうだとしたら、面と向かって説明ができない理由が納得できます。しかしそれ以上に、反対派の意見を聞かない権力者というのが顕在化することの方が本当に怖いと思います。無論、歴史を紐解くまでもなく、学問の自由と発展も妨げます。

■国民が納得する説明を
首相は昨日、衆参両院の本会議で@会員の構成(大学)が一部に偏っていると発言しました。しかし検証してみると、最多の東大出身者でも16.7%と低く、年々減少傾向でした。また、A地方の会員の少なさも指摘されていましたが、関東地方の会員が49.5%、関東以外の会員が50.5%と過半数で、しかも関東以外の比率が年々増加している事も判明しました。
※@Aの出典は学術会議の大西隆元会長が野党に提出した資料による
このように考えると、どんどん辻褄が合わなくなり、より多くの疑問を国民に呈する事になります。
                     §
菅首相は法的に問題ないという立場を崩していないようです。確かに、手続き上からすれば違法ではないかも知れません。でも、それで十分なのでしょうか。私は今回の問題に限らず、また思想や信条に基づく主義主張にかかわらず、一般の人たちが見て説明のつく理由を言えばいいだけだと思います。令和の今、ネットで情報を早く大量にやり取りできる時代ですから、民衆が納得できるような説明をピンポイントですればいいのにと思います。
特に、今回のような慣例を破るケースならば尚更。国民の期待に沿う変革ならともかく、多くが違和感を抱くのはやはり、実行した側(=説明する側)に問題があると思います。
                     §
法には抵触しないと形式模倣の繰り返しが目立つ与党には、もっと謙虚さがなければいけません。数に物を言わせて強引に物事を通すやり方は、やがて共通の想いを持つ’少数者’の共感に駆逐されるでしょう。
民主主義を問うような今回の事象は、あなたのすぐ周りでも起きていると思います。
少なくとも、地方行政がこの悪例に中央崇拝して追随しなければと切に願うところです。
ズーム研修など [2020年10月29日(Thu)]
今日も色々とあった1日でした。
控室で仕事をしていると次々と仕事が舞い込んでくるため、気配を消して(笑)ズームのオンライン研修を受けていました。コロナ禍での議会運営について話された有名な事務局職員の方が、「ウチの議会はパーテーションはしない」と仰っていました。質問したところ、理由はどうやら保健所の人から言われた「一回毎に使い終わったときにその人が拭くならいいが、残存した飛沫を次の人が触ると逆効果だから」との事でした。確かに。松戸市議会ではパーテーションの設置を願いでましたが、科学的根拠が認められないとの理由で許可されませんでしたが、9月の補正予算にサラッと入っていました。
いつの間に科学的根拠が証明されたのかされていないのか分かりませんが、使い方にも注目して報告したいと思います。
【速報】矢切耕地の件がウワサの東京マガジンにて放送予定 [2020年10月28日(Wed)]
■TBS噂の東京マガジン、また松戸市が…
11/1(日)13時〜TBSテレビ「噂の東京マガジン」で、矢切耕地の巨大物流センター建設に関する報道が予定されているとの市民から情報提供を頂きました。
行政に関して強く疑問を呈し、問題を指摘するこのご長寿番組…先日の新松戸駅東側の土地区画整理問題の放映時に久々に映像を見て、出演者がお年を召されたなあと感じましたが、松戸市が出るのはこれで何回目でしょうか…。
ご参加御礼 [2020年10月27日(Tue)]
◇ZOOM議会報告会ご参加御礼◇
本日は市民力ZOOM報告会「議決の刃」にお越しいただきありがとうございました。
議会のコロナ対策(半数出席、質問時間また削減、質疑、討論時間までも更に制限)、決算への反対理由、新拠点ゾーンに関する問題、採決システムの予算要求の経緯等々、忌憚のない意見をやり取りさせて頂き、大変参考になりました。

どうぞまたご参加下さい。
議会報告会 on ZOOMのお知らせ [2020年10月26日(Mon)]
■議会報告会onZOOM
10月27日(火)20時〜
<要お申込み>
下記フォームに「10月27日参加希望」と下明記の上、お申込み下さい。
折り返し、こちらから当日の開催ID等をお伝えします。
https://k-ji.jp/bridge/message

議運報告 [2020年10月23日(Fri)]
ss.jpg
■会派代表として初の議運へ
議会運営委員会に会派を代表して出席しました。前期の途中から1人会派になり、実に約4年半ぶりの議運での発言となります。
城所委員長、渋谷副委員長をはじめ委員会のメンバー(敬称略)は木村、大橋、大塚、大谷、DELI、二階堂、末松、宇津野、伊東、そして私の13人。
※今回から会派変更に伴い箕輪→大塚へ変更。新規参入が山中。
※傍聴はミール、中西の2議員のみ許可されていました。

■賛否態度についての採決システム
<その1>期限なき「タブレットに反対はしていないが時期尚早」という意見の不思議
冒頭に城所委員長から報告があり、これまでの経緯などが話されました。
R元年12月18日に活性化協議会から答申が出されました。そして、電子採決には「押しボタン」と「タブレット」があると検討過程で出ていたものの、先日(10/5&12)の活性化協議会ではあブレットにどの会派からも「反対はいなかったが時期尚早等の意見が出た」ので纏まらなかったとのこと。この時点で既に「反対は出ていない」という表現が気になった私は後で「『どの会派も反対していない』と言うが、今回は来年度予算要求を決めているのでそれには反対していることになると思う」ということを指摘しました。だって考えてみて下さい。「原発停止には賛成(反対しない)。でも、今は時期尚早だから賛成票を投じない」と言っているのと構造は同じです。この間にも社会は動きますし、税の使い方には大きく関係します。もっとも、今の議決は何のために行っているのか、を考えればすぐにわかると思いますが…。
<その2>大切な数字(金額等)は紙で示されぬ不思議
出だしから引っ掛かる報告でしたが、その後、「ボタン式」と「タブレット」についての金額説明がありました。
・ボタン式は4社中2社から1200万円と1700万円の見積もりをもらった
・タブレット(セルラー等含む)は、2250万円(イニシャル)とランニングコスト3690万円(5年)で約6000万円かかる
・Wi-fiの整備は約3000万円かかる
・年間36万円の採決システムは単独ではできない←※編注:Sidebooksの事と思われる
…等々の説明が口頭でありました。他にもあったかもしれませんが、手元の資料は途中から配られたボタン式の写真(上記)一つのみで、金額や内訳などは一切紙で示されずでした。えっ、こんなところで既にペーパーレス!?最低限、システムの比較検討のための議運だと思っていただけに、重要な金額等は一覧で欲しいものです。後から追加で1つ1つ質問する羽目になりました。
議会運営委員会 [2020年10月23日(Fri)]
23.jpg
■議運へ。
本日10:30〜議運。採決システムについてどこまで議論が発展するかは分かりませんが、傍聴できない人たちのために、改めてご報告いたします。
地区意見交換会@五香市民センター [2020年10月22日(Thu)]
122455093_3312710798855677_3433617148157167136_n.jpg
■五香松飛台地区意見交換会
昨日に続き、今日の傍聴は五香市民センター。地区からは34名中17人程度の出席で、小金とはまた一味違った雰囲気でした。
地区からのテーマは昨日の小金より少なく1つに絞られていましたが、地元住民積年の課題です。
・五香西二丁目地内変形十字路の工事について
でした。
五香十字路から松戸駅方面に向かってアンダーパスを経て出たところの十字路(↑写真)で、慢性的に混雑しているのでご存知の方も多いと思います。(※地図で見ると分かるように、厳密には五香西1丁目、2丁目、常盤平5丁目地内と3ヶ所に事業が関わっています)。
H29年に事業認可を取得しており、最近では既に9月より下水道工事に入っています。年内には盛土工事を完了、年明けよりガス工事に移行予定。令和4年4月を目途に供用開始を目指しているとの回答でした。
今回の工事によって、少しでも信号時間の簡素化による滞留時間の減少や渋滞緩和、歩行者の安全確保等が向上する事を切に願います。

久々に訪れた五香市民センター(昨年2月の市民力議会報告会以来!)ですが、見慣れた顔の地域の方や職員、大学の先輩等に久々に再開し、ホッコリした会でした。
地区意見交換会in小金市民センター [2020年10月21日(Wed)]
122036014_3310005272459563_3567301253865666799_n.jpg
■小金地区意見交換会
地区意見交換会(かつての市政懇みたいなもの)に行きました。小金は松戸市の中でも歴史が古く、大塚地区会長はじめ20数人の町会長さんたちがご出席。議員の傍聴も私含め5人ほど。
地区からの要望テーマ(概要抜粋)は
・地域予防医療の取り組み
・三世代交流センター施設の早期新設実現
・違法駐輪対策と「自転車運行条例」制度化と自転車専用レーンの設置検討
が出されました。
また、地域の方々からはコロナに対する情報不足を指摘する強い質問が相次ぎました。保健所の関係で県から降りてくる情報しか出せない事は仕方ないとしても、市が「やっている」というHPや連絡等の周知もまだまだ隅々まで広がっていないなと実感しました。

それにしても、市幹部も町会の面々も重鎮ぞろいの中、傍聴者含め自分より若い方を見かけず(40代になったのにまだ最年少!?)、これじゃ多くの勤め人の市民が情報を取るのはより別の方法が必要なんだろうなと痛感しました。
総務財務委員会協議会「在宅勤務(テレワーク)の活用について」 [2020年10月20日(Tue)]
■テレワーク、道遠し
総務財務の協議会を会派全員で傍聴しました。テーマはテレワークについて。執行部から説明を貰いその後委員間で協議ですが、用語が難解だから解説が欲しいとか、腰(身体)を痛めるとか、色々な意見が出ました。民間では大手企業など一部導入済みですが、まだ中小企業では導入が困難なところも多いようです。先般の報道では自治体での導入は僅か3%程度の進捗だそうで、松戸市役所に導入するにはまだまだ課題が多そうです。

部屋を整理していたら過去の4コマレポート「けいじの政治」が出てきました。松戸市役所ではまだまだ「紙文化」が根強く、ちょっとした「告知」や「お知らせ」でもわざわざ職員が(しかも大抵、複数人で)後生大事に持ってこられます。時間の無駄だなと思い、議会質問で改善を訴えた事もありましたが・・・。

122049713_3310007099126047_5126337878257806765_n.jpg
| 次へ