CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
全員説明会 [2021年01月19日(Tue)]
■議事録に残らない、全員説明会@議場
今日は全員説明会@本会議場。
新拠点ゾーン整備基本計画最終案他の説明がありました。
分厚い書類2冊がボンボンッと置かれ、到底全部読みこむこと等不可能な時間(せいぜい20~30分程)の市の説明でした。こんな重要なことはしっかり定例会や特別委員会でやるべきなのに…。
現時点で、市役所移転問題に多くの反対や疑問の声が上がっています。
一方的に市の考えを「丁寧な説明」として長々と聞かされるだけでは、いつまでたっても納得できないのは議員も市民も同じ。特に移転に関してはまだまだ納得できていない人が多いのが以下の3点からも事実です。
@議会:ここのところ定例会では必ずと言っていいほど(それも多くの会派から)新拠点ゾーンについての質問が飛び交う
A市民:昨年のパブコメは提出者も件数も共に歴代2位。普段もの言わない市民が声を上げ始めています。しかも、内容も市役所移転に疑問や不信感が多い!
BWS参加者:MATSUDOING2020(市民参加のワークショップ)の参加者からも「移転は聞いていない!」の声
・・・等々

しかも木村議長からは資料の置かれたその場で初めて質問ができる事の許可がされ、しかも併せて「確認事項は1会派につき一問まで」との補足付き。急なフリに戸惑う会派幹事長が次々に『会派を代表してという訳ではないが〜』との旨を冒頭に口にする始末。
基本計画の遅れとの整合性や、市役所「移転」ありきのような計画の策定プロセスへの疑義、きちんと議会と議論すべき等の意見が相次ぎました。
いやはや、何を質問しろってんだと思っていたら換気休憩が入った10分で簡単な会派打合せ。こういう時は3人で柔軟に動けるので助かります(^^ヾ。
                   §
休憩明け。1分ほど議場に戻りに遅れただけでヤジが飛ぶ市長に対して私は
「市長は今日説明頂いた計画案&構想案の中に色々思いを込めたと思いますが、反面’市民の意見が最も’反映できなかった’と思われいる点はどこですか?」と聞きました。
対して市長は、何年振りか忘れるくらいの私の質問への登壇、そして開口一番「質問の意味が分かりませんが・・・」と切り出しました。
・・・これにはあんぐりでした。
ならばとすかさず同じ事を角度を変えて「丁寧に」質問。
率直に言えば『移転』が一番の焦点となっている事は明らかだと考えるが、市民の声を聞くだけ聞いたが反映できなかった点は何処か?と2度も聞き直しました。

すると・・・!

予想もしないことが起きたのです。

・・・なんと市長の答えが、市民の想いを反映できなかった点はないと自信を持って答えられていたのです。

遠い・・・余りにもこちらと認識が違いすぎます。

しっかりと議会と対話や議論しようという姿勢が見られないと別会派の質問があった直後、舌の根の乾かぬ内にこんな体たらくです。一方的な市の主観的な話を「丁寧に」繰り返すのをいつまで続けるのでしょうか。これで合意できる方がおかしいとも思います。
まあ、特別委員会を作って議論してくれという市民の切なる陳情を付議すらしない議員が多数派(私は付議すべきという立場、つまり少数派)の議会運営委員会を擁す松戸市議会ですから、議論してくれと議会一丸となって言わない限り、執行部は本気で取り合ってくれないのも無理ない話かも知れませんね。

・・・もう、これは本会議以外でも自分が様々な活動に本腰を入れるしかないなと思った瞬間でした。これからも私は闘います。松戸市民と松戸の健全な民主主義のために。
今日の議会関係 [2021年01月19日(Tue)]
139633107_3549395868520501_7642008327396087443_n.jpg
今日は10〜議会表彰選考委員会。
13〜全員説明会(新拠点関係)。
どちらも市民傍聴できなそうなので、いつも通り出席して聞いて参ります。
| 次へ