CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 松戸市イベント | Main | 松下政経塾»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
緊急事態宣言、全面解除 [2020年05月25日(Mon)]
■緊急事態宣言、解除
初発令してから49日間の緊急事態宣言が当初予定していた5月31日を待たずして、今日18時の記者会見で全面解除されました。
しかし、本当に大事なのはこれからだと思っています。「解除」と「安全の確保」は違います。この事を国民一人一人がどれだけ念頭に置いて行動するかがこれからの課題になると同時に、所謂「第2波」をどれだけ防げるかに直接影響する事になるでしょう。何をしても大丈夫という訳ではありません。学校も分散登校が開始され、徐々に気持ちも緩みます。ここを警戒しつつ、経済活動を再開する事が重要です。
学校再開等について [2020年05月22日(Fri)]
■段階的に学校が再開します!
下記リンクをご覧下さい。
児童生徒の保護者には別途お知らせが来ていると思いますので詳細については割愛しますが、広く一般知識としてお知らせしておきます。
(82)松戸市立小中学校の段階的な学校再開について.pdf

■個人対象「新型コロナウイルス感染症に関する総合相談窓口」 の開設
また、市民の各種お悩みにワンストップで対応する総合相談窓口も週明けから始まります!
令和2年5月25日(月)から当面の間
月曜日〜金曜日(祝祭日除く)午前9時〜午後4時
直接ご来庁頂くか、お電話でもご相談を承っております。 直接ご来庁頂く場合は、事前に下記までご連絡下さい(予約優先)。
相談員は市の社会福祉士等
費用は無料です
○相談・来庁予約専用ダイヤル番号 0120-415-111
音声ダイヤル「5」を選択
担当者 健康福祉部地域福祉課 外 線:366−3019
関西3府県で宣言解除 [2020年05月21日(Thu)]
■解除後も注意を!
大阪、京都、兵庫の3府県で緊急事態宣言の解除がされました。
首都圏4都県と北海道も来週に再検討がされる見込みとのことです。ここから油断しないことが必要です。
■黒川弘務東京高検検事長が辞表を提出
賭けマージャンをしていたとして、処分は訓告だそうです。22日の閣議で承認の見込み。この時期に、軽いなあ。
そもそも「三密」の前に賭けマージャンはいけない事。三密よりも蜜月ってか…誠にお粗末様でした。
【速報】新型コロナに関する情報提供 [2020年05月15日(Fri)]
今日、市からあった新型コロナ関連情報(速報)をHPに載せました。
www.k-ji.jp
松戸駅東口の東横インでコロナ感染者の受入れ説明会へ [2020年05月10日(Sun)]
96083401_2846168032176625_7039520332369100800_n.jpg
■東横イン松戸駅東口で受け入れを開始
今、市民会館301の説明会から帰ってきました。明朝の新聞報道などに出るとは思いますが、取り急ぎ。
新型コロナ感染者を「東横イン松戸駅東口」で受け入れ開始するとのこと。
5月12日〜。140人程度。
対象者は、継承または無症状病原体保持者に限り、その中でも@65歳以上、A基礎疾患あり、B免疫抑制状態、C妊婦の4条件のどれかに該当する人は対象外です。
県と市職員によるMAX30名体制(変動)で対応し、汚染区域と清潔区域をゾーニングして、必要の区域には防護服着用の上で感染防止の徹底を図るとのことです。

■皆さん、そもそもご存知でしたか…?
それにしても傍聴者が少なかった。着座で確認できたのが、たった市民12人…と言ってもほぼ町会自治会、社協の関係者が多い模様。職員の方が多かったんじゃないの?と思うほどでした。その他市議4名、県議2名のみ確認。一般市民は、本当に関心がないのか、知らされていないのか…。
挙句の果てに司会から地域・社協関係者しか質問受けないと最初のお達しがあり、議員は完全傍聴者。
市長から感染者の人数が111とあったけれど正確には112の間違いじゃない?という私の疑問を皮切りに、県による資料説明では死亡者の数がグラフのどこか説明されない(入院、重症など他のは説明有り)など、説明の精度の低さや致命的な部分の説明不足が気になりました。色々訊きたかったですが、ホテル受け入れの優先順位の決定方法も、県や市の予算も、体制の変動基準も一切されず・・・そもそも皆さん、このことご存知でした!?
そもそも今日の説明会の通知が議会事務局から来たのも、先週金曜の業後(5/8金17:15)でしたので、参加していいのかどうか問合せるにも役所終わった時間でしたし。事前にこの説明会の十分な周知を行ったかも不安でした。私ならばもう少し時間をかけてしっかりと(せめてHP等も使って)周知します。
デリケートな問題ゆえ、後から市民のクレームなどが来ないことを祈るばかりです。
緊急事態宣言、延長決定 [2020年05月05日(Tue)]
95826828_2829251450534950_2608015175625736192_n.jpg
■緊急事態宣言、期間延長
昨日、安倍首相が5月31日まで全国を対象とした緊急事態宣言を延長すると正式に発表しました。また同時に、5月14日を目処に状況によって解除宣言もありうるとの事です。場合によっては段階的な解除もあるかも知れません。専門家会議では「新しい生活様式」の実践例も示されました。中身は既に多くの国民が実践している事に過ぎないように感じますが、命を守るために重要な事なので改めて啓発といったところでしょうか。
■PCR検査は十分か
一方で、日本国内のPCR検査数が諸外国に比べてケタ違いに少ない事も指摘されています。
(参考:読売新聞オンライン)
「PCR検査数「他国より明らかに少ない」…政府の専門家会議、センター増設求める」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200504-OYT1T50108/
専門家会議による‛理由’が説明され、陽性率が低いことを理由に潜在的な感染者の補足ができていないわけではないと主張していますが、検査実績数が不十分だったことで不安を与えた事は否めません。また日々、自分の自治体で何件のPCR検査が行われたのかも分からなければ感染者の報告だけ聞いても一喜一憂すらできません。先の大戦中など非常事態に「大本営」の発表は国民を安心させるために誇張や嘘が度々繰り返されましたが、今回の事態は充分な安心すら与えられていないと思うのは果たして私だけでしょうか。国際社会の先進国と同程度の検査数を担う事ができる水準になっていればいい、それだけのことが難しかったようです。
治療薬の開発と承認も急がれていますが、暫くは募るステイホームによる負荷との国民の闘いは続きます。商業に目を向ければ、小売店などの営業自粛もそんなに長くは持ちこたえられません、出口戦略も必要です。これからも自治体でできる事を考え実行して参ります。

PS.余談。自分でも思案&実行している「新しい生活様式」の1つが読書です。話題の『コロナ時代の僕ら』を入手しました。コロナ後に僕たちは本当にまた全く以前と同じ世界を再現したいか、という問いは非常に深いです。
地方議会におけるオンライン会議の可能性 [2020年04月30日(Thu)]
4301.jpg
4302.jpg
■総務省から地方議会への見解(助言)が通知されました
思えば1年前の今日は「平成」が終わる最後の日でした。大分「令和」にも慣れてきましたね。

本日、総務省自治行政局から都道府県及び指定都市とそれらの議会事務局に対して、地方議会(委員会)のオンライン開催に関する通知文書が出されました。コロナ対策として問い合わせが相次いだのでしょうが、オンラインでの会議(委員会)が成立しうることを示唆する画期的な見解です。
まだウチの議会からは何の音沙汰もありませんが、既に国や他の一般市の議会議員などが話題にしていますので、私の本文書の示すところを以下に書きます。
<総務省からのポイント>
@地方議会の委員会の開催は「不要不急の外出」には該当しない
Aしかしながら、ウイルス感染防止の観点などから必要だと判断すれば、必要に応じて会議規則を変えればオンラインでも委員会開催は差し支えない
Bその場合、議事公開・本人確認・自由な意思表明・セキュリティ等に充分配慮すべし
C本会議は地方自治法の定めに則り、議場に出席しないとダメですよ

・・・という見解だと思います。

■地方議会におけるオンライン委員会の可能性
これにより、委員会に限っては条件整備をした上でのオンライン会議を開催しても良いという、国からの事実上の「お墨付き」が与えられたと解してよいでしょう。
ここでのポイントは実際にやる・やらないではなく、国が‘やってもよい’という選択肢を示したことです。
民間企業の多くでオンライン会議が行われているのは言うまでもありませんが、今回は松戸市行政さえも既にWeb会議(10.1型タブレット×100台、回線経費込1400万円規模)で部長会議や感染症対策会議の運用が開始されています。個人的な感想として、一般にICTに弱いと言われる50代、60代以上でも使いこなせる事が証明されているのは頼もしい限りで、普段から職員にあれこれ言う議員が使えないなどと言っていられない時代が(文字通り)襲来したようです。私も既に10回弱程度ですがZOOM等を用いて会議していますが、慣れてくるにつれ、相手との会話のタイミングや発言の間合い等がこなれてきて、余計な時間が無くなり、思考の深まりすら感じています。
                     §
さて、話を戻すと、オンライン会議を検討するにあたって、その議会でどのように検討が行われるのかが、民主主義の質そのものだと思います。
やる場合はともかくとして、やらない場合、まさか操作できないというような議員はいないでしょうが、「端末が揃っていない(→執行部は揃えて使っているのに!?)」・「運用ルールの整備が未定(→さっさとやれよ)」・「そもそも感染防止等の必要な理由に該当しない(→へえ、現状で充分なんだ!?)」等の判断とその内容(カッコは予想される反駁の声)によって、その議会の性質や特徴が浮き彫りになる事は間違いありません。
この機会に有権者の皆さんは、危機管理能力を推し量る一環として、議会(議長・副議長・議運はじめ議員全員、議会事務局)の議論のレベルが皆様の思う民意とどの程度一致しているかを知っておくことが有意義だと思います。
『検討スピードと、その判断根拠』
・・・をチェックしてみてはいかがでしょうか。
まあ、危機管理能力の高い議員は既に自身の端末の対応状況くらいはチェックしているので、その辺の発言にも差が出ると思います。ご参考まで。
【速報】市立小中学校の休校延長が決定しました [2020年04月28日(Tue)]
【速報】前の投稿のエントリ中(18:01)に連絡が届きました。取り急ぎ。
■松戸市立小中学校の5/31までの休校延長が決定!
94638169_2802098206583608_7707042332742254592_n.jpg
■更に、放課後児童クラブ、病後児保育、一時預かりの休所期間についても同様!
94881894_2802098249916937_5857144972838436864_n.jpg
【コロナ続報】子育て関連 [2020年04月28日(Tue)]
■5月末まで市内保育施設の休園延長。
4月22日から保育施設での休園要請をしている本市ですが、国の緊急事態宣言が大型連休中に入ると対応に困難をきたす恐れがあるようで、国を待たず、今日、休園期間を5月31日まで円了するとの決定をしました。
※保育料は登園自粛の場合、日割減額がされていますが、今回新たに「給食費」も同様に4月分から日割り減額です。
                   §
幼稚園と放課後クラブについては、小学校の動きを把握しないとと…いう事で後ほど情報が入る見込み。足並みがそろわないのは縦割り行政の痛いところ。しかし、私としては今回はひとまず市の判断を評価しています。続報も早く入るよう、要請したいと思っています。
【コロナ関連】市の対応について [2020年04月28日(Tue)]
94689751_2801846406608788_9003274805683683328_n.jpg
■21世紀の森と広場の入口・駐車場(一部)閉鎖について
「密」回避の為、5か所の入口のうち中央口以外は閉鎖となります。
中央口に隣接する東駐車場・東第二駐車場・森のホール地下駐車場を除く駐車場を閉鎖となります。
*期間*4/29〜5/6
なお、今後、密防止が困難と市が判断すれば「入場制限」もありえるとのこと。
上記写真の状況から、行政からも苦しい状況が伝わります。開いているからといって人が密集すれば危険度は高まります。状況に応じてスマートな対応ができるところを松戸市民(市外の方々もですが)の力で示しましょう。
下の写真も、ご参考まで。
94568066_2801852853274810_5302857453057081344_n.jpg

| 次へ