CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 留学 | Main | 早稲田&稲門会»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
【“イジメ”に遭う議員】「司法の力で議会を正常化」シンポジウム [2022年08月04日(Thu)]
68781.jpg
■衆議院第二会館へ
全国の議会で不当な懲罰や決議等が横行し、会議を通じてその多くが多数派によるいわゆる“少数派イジメ”であるとの共通認識の輪が広がっています。今日のシンポジウムのテーマは【理不尽な地方議会を「司法の力で正常化」】
60年振りに大法廷判決を覆した大友健氏の言葉によると「多数決の濫用」による少数派への懲罰や決議が後を絶たない中、全国の議会から闘う議員や市民が集いました。そしてついに、大原則であった議会の自立権だけに任せておけぬと、大法廷判決も動いたと見ています。

S__16007194.jpg
大法廷判決を変えた大友健氏(元岩沼市議会議員)と一緒に食事

◆“イジメ”に遭う議員の特徴
こうした“イジメ”に遭う議員の多くには次の特徴があるようです。
❶市民側に立った正論を言う議員
 =往々にして議会・行政に不都合な真実が含まれている
❷一人会派や少数会派の議員
 =守ってくれる人がいないので多少無理筋でも懲罰をかけられる
❸選挙で得票数の多い議員
 =面白くないのでイメージを悪化させ票を減らしてやろうという政治圧力がかかりやすい
etc…。
思えば自分も当てはまるものがあるなと妙に納得してしまいました。

今日は私が市議時代に周りの松戸市議にこんな事されたよというのを全国に発信しましたが、厳密には私が被害者というより多くの市民こそが被害者であり、もっと正確に言うと松戸の民主主義が被害を受けたという感が強いです。

それにしても、当初の定員を遥かにオーバーして立ち見やキャンセル待ちの人が後を絶たない熱狂ぶりになりました。
一体どれだけ注目されているんだ、地方議会の【この手の】ハナシ…それだけ各地で変な事が起きているという証左でしょう。

全国の関係者が知る所になった大法廷判決変更の大友氏と肩を並べて発表&PDができるようになった事は嬉しかったです。自分では大したことないと思っていても、世間から見て事例が酷ければ酷いほど注目され、「登壇してくれ」と言われますので…。

297550884_597679185299650_8880637924294063136_n.jpg
会議室の一角。写っているだけでも熱気が伝わりますでしょうか。
イベントお知らせ(再掲) [2022年07月22日(Fri)]
■理不尽な地方議会を司法の力で正常化
292115394_5146588678801204_6897044525677979184_n.jpg

先日お伝えしたイベント、各地の地方議会で起こる不当な懲罰問題。
遂に大法廷判決も変わりました。
あの大友氏と肩を並べて話せる機会を頂いて、何とも光栄というか、不思議で複雑な気分です。
https://blog.canpan.info/matsudo/daily/202207/05

定員拡大できるところまでしても、今日の段階で残りあと3名です。
未だの方はお早めに!
最高裁裁判官の国民審査も大事 [2021年10月30日(Sat)]
■国民審査も大事です!
120.jpg
衆議院選挙だけでなく、最高裁裁判官の国民審査も大事です。
※制度については記事などをご参照↓
https://tokyo-np.co.jp/article/139501
さて、市民から私の懲罰訴訟の時の裁判官名を教えて欲しいという問合せがありましたのでお伝えします(敬称略)。

岡村和美、菅野博之、三浦守、草野耕一の4人です。

ご参考まで。
全国市民オンブズマン大会 [2021年09月26日(Sun)]
【まもなく開始】
私が3年ほど前に被った懲罰(戒告)が「典型的な不当懲罰」と見做して頂き、この会にて全国に発信&紹介する機会を頂きました。
今からでも入れるそうです(オンラインの良いところですね)。
https://www.ombudsman.jp/taikai/210925-26

どうぞお気軽にご参加下さい!
懲罰分科会はこちら
https://us02web.zoom.us/j/82072930229?pwd=QVhIemZFdk53ZGxaWloyMTlRbXd4QT09
※私は9時〜11時10分頃まで分科会にいる予定です
【ご案内(拡散歓迎)】市民オンブズマン全国大会 [2021年09月17日(Fri)]
ty.jpg

先ほど議会から戻ると、市民オンブズマンの方からFAXが届いていました。
毎年重要なテーマを決めて全国大会を開いている団体ですが、今年のテーマがなんと『地方議会での不当な懲罰』とのこと。
聞くところによると、なんでも従来は行政監視や税金の無駄使いがメインであったけれど、それを正す地方議会が正常化されないと市民の目的はかなわないという視点に変化が起きているとの事でした。なるほど。
全国組織のオンブズマンがこれまで地道に活動を続けてこられたことには敬意を表しますが、数ある懲罰事例の数々の中からめでたく(と言っていいのか分かりませんが)も、私が被った懲罰(戒告)が選ばれたのは、お目が高いというか、全国的に見ても松戸市議会で起きた事がひどいと思われている事の証です。
ほんの少しお話をさせて頂ける事になり、2つ返事でOKしました。
◆市民オンブズマン全国大会(オンライン)◆
日時:9月26日(日)AM9時〜分科会にて
方法:オンライン(ZOOMだと思います)
   ※全世界へ発信できることに!
昨年11月の大法廷判決の変更からもうすぐ1年・・・閉鎖的なムラ社会と揶揄される世界もそろそろ変わる潮目に来ているのを感じます。
よろしければ是非ご参加を!詳しくは➔https://ombudsman.jp 
フォーラムご参加御礼 [2021年05月14日(Fri)]
310514 懲罰問題-01.jpg
■盛会御礼
本日のフォーラムにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
ついつい話すぎてしまいましたが、あんなにも沢山の方がご参加頂けるとは思いませんでした。全国に同じような事例が数多くあるのを改めて知ることができたのと同時に、松戸市議会の事をまた全国の皆様に知って頂いて良かったです。松戸市民の反応は、全国でも同じようだ(むしろ、それ以上?)と確認できて良かったです。私もとても励まされました。
                     §
直前にもかかわらず呼びかけたところ松戸からも10数名以上の方がご参加頂いていたようで、ありがとうございました。終了直後から早速、多くの方々からFBや個人メールでこれからも連携したいとの連絡や励ましのメッセージを続々と頂きました。本当にどうもありがとうございます。

更に、何より60年ぶりの大法廷の判例変更のお話が聞けた事と、判例を変えた当事者の方とお話しできた事は非常に励みになりました。引き続きこのムーブメントの一員として駆け続けたいと思います。全国の皆様、引き続き頑張りましょう!!
上告審の決定 [2021年01月21日(Thu)]
■上告の結果のご報告
皆様には日頃より山中啓之の政治活動へご協力・ご支援を賜り、本当にありがとうございます。
本日1月21日(木)、上告中であった「懲罰の無効の確認と取消を求める裁判」について、最高裁から上告棄却・上告不受理決定の書面が代理人弁護士の元へ届きました。残念ですが、最高裁に実質的な判断をしてもらう事には至りませんでした。
平成30年9月28日に懲罰(戒告)を科されてから同年11月の市議選改選を挟み、これをもって、平成30年11月5日から始めた私の2年2ヵ月以上に及ぶ法定闘争は幕を閉じる事になりました。

■皆様に心より御礼申し上げます
皆様にはこれまで沢山のご支援と数え切れぬほどの温かい激励を頂き、本当にありがとうございました。無論今も日々応援の声を頂いたり気にかけて頂いたりする機会が続き、自分がこれまで決して独りではなかったと強く実感しています。心の底から感謝申し上げます。本当にどうもありがとうございました。特に、名もなき1議員に丁寧な意見書を沿えて下さった学者の先生方、知見を貸して下さった方々、傍聴に来て下さった市内外の方々、更には民主主義を守る姿勢に賛同しカンパを頂いたみなさま、本当にありがとうございました。たとえ1人でも退くことなく歩み続ける覚悟で始めたこの裁判でしたが、何百万円かかるかも分からぬ初めての事象に対し、怯むどころか走り出せるくらいの追い風で背中を押して頂いたこと、私は一生忘れません。組織の後ろ盾のない無所属・専業議員の私が裁判を起こすことができた体験は私の中で価値あるものとなりました。そして、今後の議員活動の幅にも大きく寄与する経験だったと確信しています。※尚、清算はまだこれからですが、カンパを頂きました方々には改めてご報告したいと思います(領収証不要で匿名でお振込み頂きました方も、一度直接御礼を申し上げたいのでご支障なければご連絡下さいますと幸いです)。

■裁判の経験が齎(もたら)したもの
今回の裁判の原因となった当時の懲罰は、私の考える議会の理解の域を超える現象でした。
改選前の定例会本会議の最終日、市民から出された請願(動画)の中で、通告制の登壇発言中に突然、議席からの予期せぬ動議で私の発言が遮られたこと自体が驚愕に値しますが、その後、私が蚊帳の外のまま会派代表者たちの間でどんどん懲罰委員会が立ちあげ進められ、その後になってかつて会派を組んだ議員を含む3議員からは不用意に賛否態度を披露されたと「処分要求書」が出され、議場に来れば、私の発言が不穏当で議会の体面を汚すので懲罰だとする書面が置かれているという光景でした。
その間、私からの弁明の機会は一切与えられず、悪かったとされる具体的な発言文言の指定も一切ないままでした。議事録には当時の発言が消されることもなく残っています。本当に不穏当な発言だというのならば、市民の不利益を考えて(私の懲罰を行う前か、少なくとも並行して)文言の削除が行われて然るべきでしょうが、それもされぬままでした。一体、私の発言中のどの言葉が悪かったのか、懲罰を科した議員らは一体何をしたかったのか、私には未だに謎のまま迷宮入りしてしまいました。
                     §
 この問題は一方で、地方議会における「議会制民主主義の在り方」を考える機会を私に与えてくれました。そして活動の中で、多くの共鳴する市民や議員から様々な反響を頂きました。私は今も自分の文言のどこが悪かったのかを探るため、当時から1日も途切れることなく動画と発言全文をHP・ブログに掲載し続けています。
 その結果、地域や年代、立場や政党を超えて多くの政治家、学者、議会事務局職員、そして市民の方々から幅広くご意見を頂き、民主主義を考える連携ができました。これは私が予期しなかった、大きな収穫でした。

■今後の活動への想い
今回の裁判で、第一審の「却下」が覆る事はありませんでした。元より行政訴訟で勝利する事が極めて困難だということは知っていましたが、それでも残念です。
ただ、今回の判決は議会で起きた事象が「司法審査の対象外である」ということが確定した事にはなりますが、私のしたこと(討論)が悪かったということの証明にはなりません
ですから、今後は場を変えて、この問題をこれからも提起し続けたいと思います。
今回の判決確定により、「言論の府」である議会が、闊達な意見を闘わせることでより高みにある答えに辿り着くという普遍的なプロセスを実現することができなくなれば、その議会に未来はありません。私がいま最も恐れている事は、今後の全国の地方議会における少数派議員が多数派の目を恐れて、発言が委縮してしまわないかという強い懸念です。もしそうなれば、ほんらいの市民に期待された働きができなくなります。
裁判は終わりましたが、私はこれからも自分が傷つくことを恐れず、一方的な断罪に怯んだり媚びたりすることなく、正しいと信じたことを言い続けます。むしろその気持ちは訴訟を通じて前より一層強くなりました。そして、議会で正しいと思う事を(言いたいけれど怖くて)言えない少数派の議員を積極的に守る側でありたいと思います。

皆さんが選挙で選んだ市民の代表者である議員が、多数派がダメと言えば問答無用でダメとされ、本人がいくら求めても正当な理由が示されることなく罰されることが正常だとなれば、半数に満たない少数派のほんらいもつ力は著しく萎縮せざるをえなくなるでしょう。
そうならないためには、否、そうしないためには、有権者である市民が選挙でほんとうに納得できる議員を選ぶことです。それだけで、司法にもできなかったことが、つまり現状を変える事ができるのです。
今も不当と思われる扱いを受けている地方議員が全国に沢山います。今回存じ上げる事になったネットワークを通じて、出会った市民の皆様の意見を大切にしながら、今後の新しい活動につなげてゆきたいと思います。

本来ならば前回のように裁判報告会を行いたいのですが、緊急事態宣言再発令下でありますので、コロナの状況及び時期を見定めながら方法を考えて、改めて必ず行います。まずは取り急ぎ、皆様に結果報告とさせて頂きます。

松戸市議会議員 山中啓之

※訴訟の経緯などはHPからご覧頂けます。
今後も発言全文や動画を消すことなく残し、皆様と共に考え続けたいと思います。
 https://k-ji.jp/
※尚、今後の活動をお知らせするメルマガ(無料)に登録希望の方は、メールにて「お名前・ご連絡先住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。追って連絡させて頂きます。
香港民主化運動時の周庭さん逮捕劇と私の懲罰の共通点 [2020年08月13日(Thu)]
■香港から、民主主義の大切さを知る
特定の組織の中にいると見えないことがある。広く世間からすればそんなはずはないというような異常な事も、特定社会のルールではまかり通ってしまったり、自浄作用が働かない、そんな組織を見た事はないだろうか。
■周庭さんのインタビューから見える私の懲罰との共通点
(FNNプライムオンラインより「民主の女神」周庭さん保釈 「最も怖かった」日本語で訴え)
https://www.youtube.com/watch?v=SQPP7CRju1Q
この数分のインタビューニュースを見て周庭さんのコメント聞いた瞬間、ハッとした事がある。
それは私が約2年前、選挙直前の本会議最終日に懲罰(戒告)を科された時のことだ。あの時、通告の討論中に元議長に挙手され訳も分からぬまま発言を遮られ、そのまま懲罰委員会が発足し、後付けのように処分要求書が3人の議員から出され、私が本会議場に入れぬまま懲罰が保守系などの賛成多数で決定された。この日の事を瞬時に思い出した。
インタビューで彼女は、逮捕時の事をこう述懐している。
*突然の事。心の準備もできていない状態
*具体的にどの投稿が容疑に当たるか、当局は特定していない
 右矢印1つまりどのように悪い事をしたのかが不明(そして今も分かっていない)
*政治的弾圧を理由にした異様なもの
・・・規模こそ違えど、あまりにも私の懲罰とその本質が通底していると思わないだろうか。
                 §
私の懲罰も突然のことで全く予期できず、具体的箇所は特定されぬまま、一切の弁明も許されなかった(それなのに、なぜか「弁明したいか?」と私の意志だけは確認された。してもしなくても結果が一緒なら何の意味があるのか、先方の考えていることの理解に苦しむ)。このことは11月1日の議会だよりに大きくトップ扱いされた。選挙前の私へのダメージを意図したものだという人の言にも今なら頷ける。実際、4回の選挙で一番きつく、最も怖かった。
                 §
世界各国で、民主活動への道は遠い。日本はまだ自分の思想や哲学を比較的自由に表明できるから、逮捕されないだけいいかも知れない。しかし、民主主義というものは当たり前のように存在しているつもりでも、目に見えないだけに、ふと気付くといなくなっている事が起きる可能性が常にある。
今回の政治的弾圧に対し、彼女は3か国語で声明を発表した。外国語も政治も、決して座って学ぶのではなく、自らの人生を賭けること。そこに腰掛け感覚や気軽なファッション感は微塵もない。人生そのものだから、本気になる。敵対する者もいれば、多くの傍観者もいる。実際、自分に降りかかるまで他人事だと思う人は多い。もはや個で考えないといけない時代だ。

■日本の動き「#FreeAgnes」の希望
日本でこのハッシュタグが生まれ、彼女の保釈への一助となったと言われている。それに対して彼女は日本語で感謝の意を表している。話したことも会ったこともない人とのつながりを信じている。
正論で闘う事の難しさと同時に、それでも声を上げる彼女の姿勢には勇気づけられる思いがした。私も信念を曲げずに、闘いたい。
#FreeAgnes
控訴審判決 [2020年03月19日(Thu)]
■「棄却」でした
控訴中の懲罰の無効の確認と取消を求める裁判について、本日判決が出ました。
判決は「棄却」ですが、控訴審においては文書や手続きに不備でもないと却下とはならないようですので、実質は却下と同じような結果です。

山中けいじ動画・懲罰の無効の確認と取消を求める裁判(東京高等裁判所)の判決のご報告
https://www.youtube.com/watch?v=gphTGEiCUbk&feature=youtu.be
慣れないセルフ動画で恐縮ですが、取り急ぎUPしましたのでご覧ください。
※発言中「金曜日」とありますが、正しくは「木曜日」の間違いです。

■御礼
ここまで市内外の皆様からの温かい励ましやメッセージの数々、そして何より、裁判の原資となるカンパのご協力を頂いた皆様には、感謝してもし尽くせません。無所属でしがらみのない一人会派(当時)の私に対して、大変大きな励みとなっております。尚、もう少しでカンパは裁判費用に届きそうです。
勿論、ここで終わりではありませんが、まずは節目として本当にありがとうございました。

■今後について
本来ならば前回のようにきちんと裁判報告会を行うべきですが、現在はコロナの影響で公共施設の利用停止と自粛ムードの中ですので、機会を改めて必ず行います。まずは取り急ぎ、皆様に結果をお伝えさせて頂きました。
今後の事については、既に代理人弁護士と話し合っています。時期が来ましたら追ってご報告いたします。
※山中啓之公式HPから登録できる無料メルマガにご登録頂ければ、毎日このブログをチェックしなくてもこちらから随時情報をお届けする事ができます。ご利用ください。
控訴の結審へ向けて [2020年03月18日(Wed)]
■明日、結審予定です
懲罰の無効の確認と取り消しを求める裁判(控訴)の判決結果が明日出される予定です。
どのような結果になっても、ここにUPします。

■傍聴にお越し下さい
令和2年3月19日(木)13:20〜
東京高等裁判所817号法廷

※千代田線霞ヶ関駅から徒歩数分
※入口で身体チェックがありますので時間に余裕を持ってお越し下さい。


コロナウイルスの影響で市内施設が利用停止になり、イベントや集会は軒並み’自粛ムード’のため、すぐに報告会を開催する事が困難なゆえ、誠にすみません。時期は未定ですが、機をみて改めて報告会を開催したいと思っています。
| 次へ