• もっと見る
« 大事なこと | Main | 市民力»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
かすみがうらマラソン2024出走 [2024年04月22日(Mon)]
ksm1.jpg
■かすみがうらの光となれ
「かすみがうらマラソン」に久々に出走。今回は湯浅議員はじめ初フル挑戦の仲間たちと共にエントリーしました。とはいえシーズンオフの今年初のフル、しかも大会は七草(10km)以来です。
天気は曇りで時折晴れ間がのぞくという最高のコンディション!
練習不足でしたが、流して5時間20分でゴール。慣れない厚底のためか靴ズレができました。
ともあれ、全員完走できてよかったです。

…暑さを予期して袖なしのランニングで出たため、日焼けが痛くてまともに風呂入れませんが(^^;
第12回早稲田駅伝に参加してきました [2024年01月22日(Mon)]
421230582_6954539461339441_6794172174951379883_n.jpg
■早稲田駅伝
第1回から参加している早稲田駅伝。新・旧国立競技場や夢の島、葛西臨海公園、果てはオンライン開催まで場所を変え形態を変え進化(というか試行錯誤というか)してきましたこの大会。
勿論、早稲田大学の出身者でなくても門戸を広く開いています。
今回はLM推進連盟の議員やOB、仲間達と走ってきました。第1回から参加していますが、初の日産スタジアム。東京超えていってきました(昼の開催はありがたい)。

出走順はメンバーの体調や当日のノリで決めており、大体いつも第1走者になることが多いのですが、今回は6人中6人目の走者(だけどアンカーではない笑)という珍しい順番に。雪(霙?)混じりの雨が降る中、待っている時間の過ごし方もポイントになります。じっとしていると寒いので応援で声を出し、カメラ係に勝手になったりして温めました。
1周1.6キロをみんなで14周回るコース。結果は1時間44分37秒となかなかの好タイム。
いつもは臙脂色Tシャツを着るのですが、大半のランナーが臙脂だらけなのでタスキ渡しの際に苦労してきたので今日は久々に白バージョンで走りました。襷に関しては分かり易くなりましたが、走りに関しては結構きつかったです。私は1周×2回走りましたが、マラソンというより中距離走のようなイメージで、力を抜くところがなくキツイ!アップしていないと心肺もキツい!スピード練習もたまに入れないとな。

GEalJFaa4AAAOv-.jpg
余談。
お土産はメルシーのラーメン(3食入り・1200円)。
現役時は専ら「ほづみ」派だった私ですが、2012年閉店後はメルシーへ通うように(社会人になって久々にスーツで入っても元ほづみのおばちゃんに覚えてもってた時には泣きそうになりました)。
冷えた体に合った買い物をと食べようとすると妻が「折角だからメンマやコーンとか入れて同じにしてみたい!」とマッタがかかりお預けに!こうなったらまず一度連れて行って本物を食べさせて完成度を上げようと思いました。
激走!つくばマラソン [2023年11月27日(Mon)]
F_5Aew7bgAAIRyG.jpg
つくばマラソン大会、5時間ちょいで完走しました。

前日に図書館で借りた『洞窟オジさん』があまりに面白く、準備そっちのけで一気読みしてしまいました。就寝したのは日付けが変わってから1時間以上たっていました…。

6時に無理やり奮い起きて準備。いざ、TXでつくばへ!
松戸からつくばまで小雨がやまず、震えつつ着替えます。体が温まる間もなく号砲。
五十嵐市長とハイタッチしてスタートし、雨に打たれながら身体を動かす。前日にコース付近に猪が出たから注意!って、一体どう気をつければいいのやら…。
川内優輝選手のモノマネ芸人M高史さんと何度かすれ違い、冷える身体を鼓舞しながら走りました。充実したエイド(ブルーベリー、クレープ、リンゴは全て冷凍!)を食べ、沿道の応援を受けてひたむきに進みます。20キロ過ぎで見知らぬランナーの方からチョコを頂き、沁みました。雨が降ったり止んだりの天候でも、このフレンドリーな大会の雰囲気と平坦なコースには救われました。
一度も歩かずに走り続けてゴール。人生22回目のフルマラソン参加&完走となりました。

冷えた身体を戻すため、2日連続の銭湯へ。
いい風呂(26)の日で安くてほっこり♪
【出走】第29回手賀沼エコマラソン [2023年10月29日(Sun)]
F9nSeG-bAAAPpnK.jpg
■手賀沼ハーフ、走ってきました。
雨のそぼ降る中、走ってきました手賀沼エコマラソン。4年振りの挑戦はなかなかこたえました(^^;
開会式では地元・我孫子市議の甲斐俊光さんや柏市議の松本寛道さんなどランナー議員の大先輩方に会い、雑草ランナーの私は身が引きしまる思いでした(実際、走り続けている人は外見も引き締まっていました)。
                       §
靴も靴下も濡れてのスタートでしたが、2017年大会も雨だったので、あまり気にはなりませんでした(過去ブログ参照)。それにしてもランナーの層が厚い。練習不足にもかかわらず周りの流れの速さに身を任せて6分35秒/kmペースで入り、ビルドアップもできずにじわっとくる脚の疲労感と闘いながら、後半はジリジリとペースを下げつつキツい闘いを強いられました。ただ、数年前のような大人数のチームでの参加ではなく孤独なランでしたが、その分考えて自分の身体と対話しながら辛さの中にも新しい視界が開けた気がします。
記録は、グロスで2時間1分10秒(ネットは2時間2秒)でした。昔のベストには及びませんが、何もやらなければ2時間半の足切りにも危うかったので、最近の中ではまずまずの記録でした。次回は2時間を切りたいと思います。それにしても悪天候の方が無心に走れる気がするのは、先日の川内選手の走りに感化されたからでしょうか^^。
                       §
1位は、過去7回の出場で今回3度目の優勝を果たした三野貴史選手(市の職員)でした!
ゴールでは走り終えた直後の熊谷俊人千葉県知事に偶然会いました(2時間8分くらいでゴール。公務の中を準備してこの記録は凄いです…)。更には表彰式を眺めていたら市の職員(課長さん)にも声をかけらればったり会いました^^

・・・色々な人がそれぞれの想いを込めて走っています。後半は雨も上がり、苦しいながらも爽やかな気持ちと達成感に包まれる大会でした。やっぱりいいなあ、手賀沼!スタッフの皆さん、ありがとうございました!
                       §
ちなみにこれで終わりではありません。最近のぬるい生活に少し喝を入れる闘いは続けます。来週は流山ロード(10km)で流したあと、来月久々にフルに再挑戦します。まだまだ限界は見えません!!

追伸 帰って風呂に浸かったらどっと疲れが出てきました。夜は友人とフットサルの練習を2時間ほど…全然動けませんでした(笑)。
久々のランニング [2022年02月01日(Tue)]
234.jpg
書いているうちに日が変わってしまいましたが、昨日(1月)の出来事です。

■ぜんぶ、後輩のせいだ
毎年1月には’走り初め’をしているのですが。
3日くらい前、松下政経塾の後輩が訪ねて来ました。本題が終わった後で「寒い日が続く中、健康のために最近何をしているか」という話題になりました。

政経塾には'早朝研修'というものがあり、この季節だと確か毎朝6時30分に中庭に集まって全員で「体操」・「数千坪の庭掃除」・「海岸まで約3kmジョギング」のセットを行うのが日課になっています。また、24時間以内に三浦半島一周して塾に戻るという100キロ行軍という名物行事もあります。

当時はそれなりにキツかったけど、それが土台となり、議員になってからは現役生に交じって100q行軍に2回ほど参加させてもらったり、フルマラソンに挑戦したり(気付けばもう数十回)、柴又100K(14時間制限のウルトラマラソン)を完走する事が出来たと思っています。
                    §
ところが昨年はコロナもあり、地元七草マラソンをはじめ例年のメインレースが行われず、大会参加はたった1回のみ。今年は年初に雪が降った事もあり・・・などと色々言い訳しているうちに、まだ走ってすらいない事に気がつきました。

・・・『まあ、マラソンだね。最近やってないけど、今月中に走るつもりだよ』。なぜか私は後輩に一方的に宣言していました。有言実行(セルフプレッシャー)は私がよく使う手です(笑)

――そんなわけで本日、実に半年以上ぶりにランニングを再開しました。
                §                §
寒い。とにかく寒い。
ランニング練習は半分以上が家を出るまでの勝負だと思っていますが、昨日充電しておいたGPSウォッチの元気さとは裏腹に、こちらはなにもかも悉く勝手を忘れていました(汗)
いつものウエアは見つからないどころか、探しても出てくる気配すらない。こうしている間にも寒さは走るモチベーションを奪います。
仕方ないので目の前にあった中国で買った安いジャージに袖を通し、ありあわせの短パン、昔のシューズを靴箱の奥から取り出して着ます。それにしてもスパッツの生地って、こんなに肌に冷たく感じるモンだっけ!?悴む手でなんとか靴を履き・・・相当の時間がかかって外へGO!した時には日が暮れていました。

いつもは入念に柔軟してから走るのですが、今日は外に出た瞬間予想以上に寒くて、無意識に体が小走りをはじめました。10分くらいジョグしてから少しずつ柔軟。カチカチの関節を徐々にほぐしてゆく(ほぐれてるのかな本当に?)。
信号で止まるとこれまた北風が寒い。
玄関でなにげなく手にした軍手がこれほど重宝するとは。

・・・

久々に何も考えず楽に走りました。
江戸川まで行って引き返す。本当は気持ちよくなってきたのでもう少し足を延ばしたかったのですが、夜はZOOM会議があるので無理は禁物と思い、戻りました。
7.25km。50’23(流し)。

本当に久しぶりだったので6分半くらいのペースで気ままに走りましたが、思ったより体が乗ってきて、終わってみると気持ちよさに包まれました。走る前より疲れが取れた感じです。あんなに寒くて体も脚も硬かったのに・・・寒さと感動の対比が大きかったので、つい初心者のような喜びを長々と書いてしまいました。

PS.寒さに震えながらシャワー直後に体重を測ってみると1.5キロも減っていました。ここだけは、アツい。
第9回早稲田駅伝 [2020年01月05日(Sun)]
81943016_982965512102250_5142407568051666944_n.jpg
■新春恒例、早稲田駅伝
仲間と新年初の駅伝大会に出走しました。5区(3周)のアンカーでしたが、4キロ弱を18分20秒。キロあたりギリ4分台…練習不足もさることながら、この半年は体重絶賛増量中!なのでスピードが出ません(^^;)
また少しずつ走り出したいと思いました。

81877112_468267040558376_15241370054688768_n.jpg
快挙!出雲駅伝 [2019年10月15日(Tue)]
■やったぜ!国学院初V!
昨日の第31回出雲全日本大学選抜駅伝(http://www.izumo-ekiden.jp/)において、松戸市出身の國學院大學・土方君がアンカーでゴールしました!皇學館大学(2回目)に次ぐ僅か3回目という出場回数にしてこの快挙です!!いやーめでたい!!他にも注目している選手いるけれど、まずはこの優勝を祝おうではありませんか!

※いや、むしろこっちの写真の方がイイ!→http://www.izumo-ekiden.jp/record/index.html
その他、ゴール地点の様子はユーチューブなどで観て下さい。ホント、いい顔してます!!

(日刊スポーツ)国学院大が3大駅伝初V 青学大5位/出雲駅伝詳細
https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201910090000170.html

■土方選手との思いでin七草マラソン大会
新南中学校出身の彼とは、今年の七草でお会いしました。箱根駅伝出場クラスの強い選手を招いての七草も数年目。言わずもがなの引き締まったカラダでしたので、参加中に思わずツーショット写真を撮ってもらいました(^^ヾ
その時の写真はコチラ↓
https://blog.canpan.info/matsudo/daily/201901/14
大トラブルを乗り越えろ、七草マラソン [2019年01月14日(Mon)]
49819313_1919006514892786_2544776781534068736_n.jpg
■恒例の第64回七草マラソン
昨日は七草マラソン…2「日」連続マラソンは2「週」連続マラソン(※1)より身体にきますね…毎日数十キロを練習している箱根ランナーたちに言わせればまだまだ甘いのでしょうが。
そう、今年の目玉は市内出身の箱根選手たちと一緒に走れるのがウリ!雑誌やテレビで見る彼らを実際に見ると、本当に無駄な肉がないというか、絞られた身体に精鋭オーラを感じます。足が痛いとか寒いとか言ってられません。10名近い箱根現役ランナーと地元で一緒に風を感じられる機会などまずありません!よし、頑張ろう♪

※1:連続マラソン…何を血迷ったか過去にフル、ハーフ、ハーフと3週連続で大会に出た事があります。あの時の3回目は成田POPラン…もう走りたくない。

■スタート直後の事件
ところが、今年は10km種目で大きな事件が起きました。
スタート直後、(誘導係のミスだと思いますが)トラックを半周して外に出るはずが、そのままトラックを走らされ、先頭集団がほぼ1周のあたりで気付き、正しいコースである競技場の外を目指してトラックを横断して猛ダッシュで出口に殺到するという大変な事態が起きました…ラッシュになった狭き門≠ナは後からくる層がまだ出口付近のところに差し掛かっていたので、大衝突が起きました。押し合いへし合いで転ぶ人や悲鳴に近い叫び声も起きました。本気で記録を狙っているランナー達は人を掻き分けぶつかりながら進み、渋滞と衝突など、大きなトラブルが起きました(※2)。

※2:大きなトラブル…詳細はRUNNET大会レポに色々な方が投稿していますのでそちらをご覧ください。

■対応で分かる大会のレベル
私はその時、速い集団と後からくる集団の中間にいて、「アレっ、パンフにあった例年のコースと違うぞ、トラックこんなに走らされるのおかしいな…」と出口を横目にペースを少し落として周囲を伺っていました。その矢先、津波のような先頭集団がこちらめがけて怒涛のようにやってきました。今大会に狙いを定めているランナーもたくさんいるでしょうし、キロ3分ペースのシリアスランナーが遅れを取り戻そう、われ先に出口を抜けようと2分台のペースで走る様に身の危険を感じました。後から聞くと、押されたり、ぶつかって突き飛ばされて転んだ人も少なくなかったようです。発生時、私も流れにもみくちゃにされて飲み込まれながら、トラックの出口を通過するまでの危険な状況におり、一緒にスタートした仲間ともチリヂリになってしまい、かといって止まることもできない状態で焦りました・・・何より参加したランナーは、(速い遅いに関係なく)多くがこの事態にイライラし、殺気立っていました。
そう、あれはちょうど今から1年前、『サンスポ千葉マリンマラソン』(※3)に参加した時、運営側のミスで時間内なのにゴールが撤去された時のムードが悪くなった雰囲気に非常に似ていました。
当時、橋尚子さんの機転を利かせた対応で、どれだけのランナーが救われたことか...当時ブログには書きませんでしたが、感動を思い出したので改めてここに載せておきます。

※3:サンスポ千葉マリンマラソン…2018年1月開催時の運営トラブル。異例の当日場内アナウンスで責任者の謝罪が場内に流され、それでも苦情が相次いだことにより、’被害者’には次回の参加費が無料にされたという、おそらく後まで語り継がれる大事件。ちなみに私も’被害者’で、翌回に無料参加して走ってきました。

■運動公園を出るまで
トラックを出ても、敷地を出るまで細い道で危険が続きます。沿道には応援者もひしめいていました。公認大会ではありませんが、毎年記録を狙うランナー、まるで就職や推薦でもかかっているのかと思うほど必死の学生や、この日のために練習を積んできた部活の高校生たち…中には泣きそうになりながら走っている表情などを見ると、やるせない複雑な気持ちになりました。
事故や被害をなるべく抑えるにはどうしたらよいか。防災士の講習時に予習・準備が大事と教わりましたが、準備する時間がありません。とっさに「皆さん、気をつけて下さい!怪我のないよう走りましょう!」と大声で呼びかけるのが精一杯でした。全体の圧倒的なスピードの中で、非力な自分を恨みます。どこからともなく「はい!」「おう!」などと何人か応じてくれたのが幸いでした。いかに普段、安全が当たり前に提供されると思い込んで大会に臨んでいたか気付かされた瞬間でもありました。とにかく、これ以上事故の大きくならないように。できることは限られていましたが。トラブルの時には、周囲の人たちの協力や選手の力が必要です。

■初参加の仲間たち
そんな中、仲間の何人かが初参加し、皆ゴールを果たしたことは良かったです。特に10qについては、誘った私が恨まれるのは仕方ありませんが、今回の件でマラソンと松戸が嫌いにならないで欲しいです。これからの対応で‛やさシティ’の真価が分かると思います。私も七草を愛する一ランナーです。長年の参加のうちに、知り合いも増えました。お世話になっている人たちも増えました。しかし、だからこそ慣れ合うことなく今回の状況について健康と安全を守るため言うべきことを市に伝えます。少なくともランナーに『来年はもう来たくない』と思われないような謝罪と具体的な対策が求められます。是非、マイナスイメージで終わらないようにして欲しいです。
真価は、この後に出ると思います。
                   §
ちなみに、市民力の4児の母も5キロを見事に完走!子育てより辛かった…って、そんなはずないとは思いますが。市政を知るにも身をもって体感する事が重要です(5qランナーは10qの5分前に出走する為、事故の事は知らずに走り終えています)。

【記録】
冒頭の番狂わせのせいにはしたくありません、私の実力です。
記録は下記の通り、例年より大幅に遅くなりました。
一般男子10q
48′35.(グロス)
48′18.(ネット)
507位/2262人


とにかく今は、参加者の中から大けがの方がいないことを祈るばかりです。
なお、今朝の毎日新聞にはこの事件については一切触れていませんでした。
第8回早稲田駅伝 [2019年01月14日(Mon)]
49816893_235145274084228_8221379831967776768_n.jpg
■新春・初の大会へ
週末は第1回から参加し続けている駅伝大会で始まりました。今回も議員仲間や研究者たちを募って5区・計20kmを2チーム対抗で走ります(PS.早稲田出身者でなくとも出れます、念のため!)。
今年の特徴は、夢の島か競技場から葛西臨海公園になったこと。あとは・・・スタート直前からみぞれ・雪が海風に交じり、非常に寒かったことです。
サンプラザ中野くんの「旅人よ〜The Longest Journey」と「Runner」の間にパッパラー河合さんが「暑いねえ〜」と言ったセリフに対し、すかさず中野くんが「カイロ貼り過ぎじゃない?」とウイットに富んだジョークで返すあたりがいい雰囲気でした^^

私はアンカーの5区(3.6km)を担当しました。
翌日の七草を控えていたので本当はゆるく流して調整したかったのですが、4区までチームが少し勝っていたので負けたら期待を裏切ってしまうと結構ガチで走りました。短い距離で全力疾走は久々なので、脚がそれなりに痛いです(笑)
それにしても4区の後半で雨雪が降ってきた時にはそれはそれは上着を脱ぐのが非常に勇気のいる作業でしたが、出走時には止み、無事に両チームとも完走しました!
勝負は終盤までもつれ込み、なかなかのタイムで良い勝負でした。帰りは全国から集まる議員ランナーたちと会食して帰りました。統一選のメンバーは4月の’第6区’も頑張って下さい!(^^)/

49699925_2032102413535838_7961188660181729280_n.jpg

写真上:サンプラザ中野くん
下:ゴール直後(黒川勝議員、撮影ありがとうございます!)
手賀沼エコマラソン [2018年10月29日(Mon)]
44846169_1609168412521413_3066286854669074432_n[1].jpg

完走しました!
1’58’33(G)
1’56’14(手元時計N)
応援ありがとうございました!
| 次へ