CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 地域活動など | Main | 政治研究会»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
梨の季節 [2022年08月09日(Tue)]
■近況
暑い日が続きます。
連日仕事で外に出ているせいか、体重が戻りません(通勤はカロリーを使うのですね)。
皆さま熱中症にはくれぐれも気を付けてご対策下さい。

■梨の季節
先日、家族で梨を食べました(今シーズン初)。瑞々しくておいしい季節です。今は幸水が出回っており、今月下旬には豊水もやってきます。
2年前は天候の影響もあって、欲しい時にあまり入手できなかった記憶があります。今年、市川市では6月の雹の被害を受けた梨を地元で販売しているようです。皆さん、地元の梨を食べたい方はお早めに、お見逃しなく!
政治と宗教 [2022年08月08日(Mon)]
■解消されぬ課題
安倍氏が銃弾に倒れてから1か月が経ちました。犯人は現行犯逮捕されましたが、日に日に明らかになってゆく点が多く、詳細の判明はこれから更に日数を要すると思われます。
捜査が進む一方、既に警備の不備をはじめ、国葬をめぐる是非の問題や統一教会と政治家の関係等、どんどん新たな課題が噴出しているように見えます。
                    §
特に今回の事件を発端に、政治と宗教の関係ー具体的には、政治家と宗教団体の関わり合いーについてはこれだけ大きな関心事になっている今、明らかにする必要があると思います。
選挙の支援を得るために名前を貸したり講演したりしておきながら、問題が起きると知りません、というのはあまりにも周囲に対して不誠実です(この不信心さは宗教サイドからこそ怒るべきだと思いますが)。
国会だけでなく、市議会議員でも宗教団体と関わりがある人は少なからずいると思います。

関係のある政治家自らが説明すべきところ、新聞やマスメディア、ジャーナリストからの報道が多い点も、住民に信頼されるにはまだまだ遠い状態であることを印象付けています。
明日はどんな話題がまた出るのでしょうか。
政治と宗教、一度しっかり整理しておくべきだと思います。

PS.山中啓之は一切の宗教団体から支援を頂いておりません。念のため。
近況 [2022年08月01日(Mon)]
◆近況
rib.jpg
週末。子どもの髪が伸びたので美容院で初カットしてもらいました。この世に生を受けて一年足らずで美容院デビューとは贅沢な時代。
ついでに私もやってもらいました。
付き添いでもなければくる事もなかったですが、こちとら1000円カットで何十年も生きて来たので異世界体験。髪を最初と最後に2回も洗ってもらい(しかも前屈みじゃなくて寝てるままの体勢で)、セットが終わったらマッサージまでしてくれるとは恐縮な限り。図らずも、若返った気分になりました。
                  §
さて、8月です。
今日こそ仕事帰ったら久々に走ろう!と思っていたのですが、新刊が揃っている駅の本屋をスルーできず立ち寄ってしまいました(^^;)。絵本コーナーは殆どなかったですが(当然か!)。
上野駅は東京駅と違って駅ナカでWi-Fi繋がるカフェが意外と少ないですね。なんとか一店発見(^^)!
295713154_467211908562686_6304619067263053268_n.jpg
松戸市、東洋経済の子育てランキングで‘圏外’ [2022年07月27日(Wed)]
■松戸はなんとランク外!東洋経済「住み良さランキング【子育て編】」
画像2.png

初公開!「住みよさランキング2022」【子育て編】
(出典:東洋経済『都市データパック』編集部より)
https://toyokeizai.net/articles/-/597665

東洋経済が6月22日に上記Webで発表した「住みよさランキング2022【子育て編】」で、松戸市はランキング外でした。
◆日経ランキング頼みの松戸市
これまで松戸市は『共働き子育てNo.1』という日経ランキングを用いて市のイメージ戦略にひた走っています。しかし、これは単なる民間企業の一指標。これのみ取り立てて騒ぐのは不適切だと議会でも指摘してきました。公平性・中立性が求められる行政ですから、バランスよく様々なデータを扱う事が求められます。今回、東洋経済のデータではランク外でした。これが何を意味するのか、考えてみたいと思います。
                   §
今回、この東洋経済ランキングの【全国編】50位を見渡しても松戸市はどこにも見当たらず…アレレ、子育てNo.1はどこ行った!?。まあ、全国ならばたまたま他の自治体が頑張ったりして巡り合わせがよくなかったのかと思い直し、次に【東京編】を見渡してみるも…またしても見当たらず。どうもおかしい。
一方、全国で堂々6位の印西市や東京圏3位の流山市は、日経ランキングの方でも安定した評価を得ています。かたや松戸市は箸にも棒にも掛かっていません。色々な角度で俯瞰した姿がその都市のより真実に近い形だとすれば、松戸市はとても偏った姿です。より正確に言えば、少なくとも偏ったデータの使い方を意図的にしている自治体です。

【おかしいぞ!その@】
松戸市は日経ランキングで子育てNo.1を標榜する一方、東洋経済の「住みよさランキング【子育て編】ではランク外という事実がある。
【おかしいぞ!そのA】
しかし、松戸市は自分にとって都合のいい(=評価の高い)日経ランキングだけを宣伝材料にして市民に訴えている。
戦時中の大本営の発表じゃあるまいし、もっと行政は公平公正にデータを扱う慎重さを有すべき
【おかしいぞ!そのB】
山中(私)の考えでは、むしろ評価されなかったランキングこそ松戸の潜在力の宝庫と見るべき。弱点を分析して改善する事ができるからだ。本来謙虚にとらえるべきデータを無視するのならば、発展しない街になる。

◆本当は重視していた本郷谷氏!?
更に調べてみると、意外な事実を発見しました。
H18年12月13日、市議会議員時代の本郷谷けんじ氏が議会において、日経同様、
「東洋経済が「全都市データパック」という本で同じように住みやすさランキングというものを公表していますけれども、この中で同じように松戸市はどんな位置を占めているのか。」
という初の一般質問を行っています。
(参考:会議録検索システム)
https://ssp.kaigiroku.net/tenant/matsudo/SpTop.html


ここで、自ら東洋経済の住みやすさランキングを用いているのです。
前・川井市長を追及する議員時代には自ら用いていた指標だということが分かりました。議員初の一般質問はいわゆる自分の'名刺代わり'の質問とも言われます。それだけこのランキングを重視していた事の表れと言えるでしょう。
ご自身が重宝していたデータ元からの今回の評価を、ご自身はどう扱うのでしょうか…非常に気になります。スルーするのか、初心(議員時代)を思い出して市政に活かすのか。未来の市民福祉の方向性に直結する問題です。
【おかしいぞ!そのC】
かつて本郷谷氏が議員時代に重視していた東洋経済のランキングを、都合が悪くなるとダンマリ!?
日経では1位です、でも東洋経済ではランク外です、と正直に言える日は来るのでしょうか。


※詳しくは『けいじの政治THE NEXT』もご覧下さい!
羽生結弦氏に想ふ [2022年07月19日(Tue)]
■羽生結弦氏が引退、プロへ
これまで日本のスケート界を牽引し、輝かしい成績を残してきた羽生選手が夕方の会見で第一線を退くと発表しました。私も学生時代にアイスホッケーをしていたので競技は違えどスケートに関しては思う事があります。特殊な性質上、限られた練習環境を確保するだけでも大変な世界です(ホッケーはフィギュアやスピードと競合しているので、一般営業後のリンクの取り合いの側面もありました)。
               §
それにしても、まだ現役でできる実力を残しながらちょっとだけ別の道に転向を表明するのがスポーツや格闘家などの間で最近ひそかに大きな流れになっている気がするのは私だけでしょうか。
セカンドキャリア等を考えると、いつまでも同じレールの第一線にいるのは難しいので、余力を残して次に行くというのは時代を象徴している気がします。
一方で55歳になったキングカズがまだ現役Jリーガーであることにはそれはそれで感動を覚えますが…年齢がいくつになっても続ける人が多い政治界と違い、実力主義のスポーツで頑張る人たちに敬意を表します。
近況 [2022年07月14日(Thu)]
■近況
この数日、1日のどこかで雨が降る天気が続きますね。洗濯物が乾きにくくて厄介です。
最近は新聞を見てもコロナの感染拡大傾向(第7波)や、各種物価の上昇、異常な円安・・・あまり景気の良くない話が続きます。
明るい話題は、もはやスポーツに求めるしかないのでしょうか。
参議院選挙、終わる [2022年07月11日(Mon)]
◆参議院選挙2022が終了
遅くまで開票作業が続いた参議院選挙の結果が本日全て出ました。
地元の選挙区の当選者は予想していましたので、私は投票だけさっさと済ませて、特定陣営の選挙活動には一切入ったりはしませんでした(いろいろ事情があったもので)。
                    §
与党勝利は多くの方もうすうす気づいていらっしゃったと思いますので分析などは政治塾の方で行いたいと思いますが、何より一生記憶に残ってしまうのが先週の衝撃的な事件です。あの後、選挙とは別に、政治家とは…国防とは…覚悟とは…等々、『もし自分が○○の立場だったらどうするだろうか』と色々と思いを馳せていました。厳密には思いが勝手に馳せていったという感じですが、派生する思考の方に時間をかけた(かかってしまった)方も多いのではと思います。

国内外でこういう事件がある度に、私は民主主義について考えさせられます。
そしてその後にはいつも、哲学者ヴォルテール(1694-1778・仏)が残したとされる
「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」
という言葉が今もなお輝いて感じられるのです。

(今回の事件は私的な怨恨とはいえ)言論の自由を乱暴に相手から奪ってしまう場所には、健全な民主主義は住みません。

・・・あなたの街は、大丈夫ですか?
イベントのお知らせ [2022年07月05日(Tue)]
■イベントのご案内
292115394_5146588678801204_6897044525677979184_n.jpg


「理不尽な地方議会を『司法の力で正常化』」
8/4(木)13時〜衆議員会館にて

私もお話しします。どうぞお越しください。

※画像をクリックすると大きくなります
6月定例会の個々の賛否結果 [2022年07月04日(Mon)]
■6月議会の賛否態度
先週幕を閉じた6月定例会。ネット中継も駆使しながらチェックしました。
個々の議員の賛否態度をUPしています。
どうぞご覧下さい。
https://k-ji.jp/bighope/wp-content/uploads/2022/06/202206matsudosanpi.pdf

いつも6月は議案も少なく、初心者が傍聴を始めるには絶好の機会ですが、採決に関してはまだまだ分かりにくいですね。
特筆事項としては、新しい会派が出来たり、同じ政党の議員や同じ会派内で賛否が割れたりもしました。
特に今回は会期中に参議院選挙が始まり、議員が途中で辞めるなどして賛否態度のチェック表作成が一層苦労しました。議員の任期途中で出ると分かっているのならば、せめて会期前に辞職するという手もあったのではと思いますが…ギリギリまで松戸市議会議員で居たい人が多い松戸市議会の中では、こうした私の意見はマイノリティです。
今日返ってきた公選ハガキ [2022年07月01日(Fri)]
291068208_579063423623867_8518399703380950594_n.jpg
■返ってきたハガキ
今日、事務所のポストに一通の公選ハガキが尋ね人知らずで返却されていました。
5月の市長選時の消印が左に押され、6月の消印が何故か右側に。そして7月に入った今日、返却…足掛け3ヶ月の旅で何があったのだろうかと深く追及すると気になるのでやめておきます。
| 次へ