• もっと見る
«今日から6月定例会 | Main | 6/13(木)一般質問の要旨公開»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
採決結果(先議)とタブレット登壇の感想 [2024年06月12日(Wed)]
■議案質疑と討論しました
初日の本会議と広報委員会が先ほど終わりました。
初日に上程された先議案件について、私は質疑(制限時間10分)で3回、討論で1回の合計4回登壇しました。個々の賛否は以下の通り。

<採決結果(敬称略)>
*議案第1号 専決処分の報告及び承認について
(松戸市市税条例の一部を改正する条例の制定について)
 →承認(全会一致)※欠席:松尾
*議案第 7 号 人権擁護委員候補者の推薦について
 →同意(全会一致)※欠席:松尾

■本日から解禁されたタブレットの件
余談。
本会議の後、『登壇時にタブレット使ってみてどうだった?』と何人かに聞かれました。そういえば質疑したのは私だけ。もう一人討論者がいましたが端末不使用のようでしたので、図らずも私が松戸市議会初のタブレット持参登壇者となりました。(少なくとも今は)唯一体験した私にしか書けない登壇時のタブレットの感想を一言書いておきます。

率直な感想は・・・登壇時にタブレットは不要だと感じました(^^ヾ

無論慣れていない事もあるでしょうが、それを差し引いても、基本的に紙の方が光の反射や煩わしい角度の調整がなく楽で圧倒的に使いやすい。端末設置用の台座でもあれば別でしょうが、要は準備や操作に手間取ります。又、喋りながらの筆記にも向いていません。
字幕が流れる様子も中継で見ながら話せるので(自分が早口でないか)確認できるかもと思いましたがこれも実践的ではなかったです。そもそもツールに併せて発言を変えるのは本末転倒でしょうし。
まあ、一般質問の前に試せた事が最大の収穫でしたが、私の予想通り、どちらかというと自席で使用向きのツールだなと改めて感じました。
ここを見ている議員がいるかは分かりませんが、どなたかの参考になれば幸いです。
                        §
余談の余談(急に思い出した!)。
27才で議員になって初めて迎えた本会議、決まりがあると知らずにノートPCをいつもの感覚で持ち込んで開くやいなや、事務局職員が駆け寄ってきて「しまって下さい」と言われた事を思い出しました。「なぜですか?」と聞き返すと「決まりですから」の一点張り。不思議な顔で唖然とする私に「もう開会してしまうので早く!早く!」と急かされた記憶が懐かしい。会社員時代に既に世の中は一人一台が普及していましたから、あれには本当に驚きました。
更にその後、PC使用を話し合う会議で、ある大会派の代表格だった議員が「(打つ音が)カタカタいうのでうるさい」と持ち込みに否定的な意見を言っていたのも思い出しました。ザ・ガラパゴス議会。今回の持ち込み登壇で民間に少しでも近づいたとしたら、私にとっては小さすぎる1歩でしたが、松戸市議会にとっては大きな一歩と思う人もいるかも知れません。
とにかく、あの驚きから今日に至るまでに20年近くかかったと思うと隔世の感があります(しみじみ)。・・・そんなに時間かける議会が異常だというお叱りがどこかから飛んできそうですが。
コメントする
コメント