CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第16回マニフェスト大賞受賞式 | Main | 市民力報告会&TMG»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
公共施設再編検討特別委員会 [2021年11月15日(Mon)]
■公共施設検討特別委員会
5回目(実質的議論は4回)となる公共施設検討特別委員会がありました。
8/31の委員会で出た質疑の回答等についてが議題で、具体的には

(1)重要度係数について
(2)松戸市新市庁舎必要面積算定業務委託の結果等について
(3)財務省との関係について

の3点でした。以下に今日の配布資料を載せます(私のメモや汚れは無視して下さい)。

■新拠点ゾーンへ移転ありきが明らかに!
質疑を通じて結局分かった事は、新庁舎(市役所建て替え)は松戸駅東口新拠点ゾーンへの移転ありきで市が進めていた事です。ついでにいうなら、客観的にそうなのに、それを市は未だに明確に認めていない事です。議会との信頼関係にも大きく影響しています。
財務省と交わした覚書(H28)で客観的には『公共施設』と謳いつつも、内側の協議ではその公共施設とは他ならぬ市役所庁舎を念頭に進めていたことが明らかになりました。これまで新拠点への市役所移転ありきではないとにじませてきた市の答弁との整合性が、どう考えても取れなくなりました。認めないのも、本当にいさぎ悪い。

「重要度係数」の考えは唐突に示されたものですが、市はなんとH8年から考えがあったといいます(ビックリ1)。それにもかかわらずH24年度の庁舎基礎調査ではその考えを盛り込んでいません(ビックリ2)。行き当たりばったりの答弁に、整合性が取れなくなっています(ビックリ3)。

■資料
資料TーT 重要度係数について
1.jpg
用語の整理
2.jpg
資料TーU 市役所機能再編整備検討の経過と関係法令
3.jpg
資料2 新庁舎必要面積算定業務委託の結果等
4.jpg
資料3 財務省との関係について(↓をクリック)
資料3_財務省との関係について.pdf
コメントする
コメント