CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«次なる野党共闘へ向けて | Main | 衆議院選挙公示日»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
広報委員会 [2021年10月18日(Mon)]
■娘と傍聴に
来月1日発行の議会だよりの確認のため、定例の広報委員会がありました。
今回導入の「採決システム」の話がメインでしたが、早速掲載の賛否に欠席者がいた事から表記を巡って議論が出ました。そういえば今議会も初日から全員揃わなかったなあとシステムの表示数を見て思った記憶が蘇りました。退席か欠席か分かるようにした方が良いという意見もありましたが、自ら退席をした事を議会で指摘すると処分要求を出したり、懲罰を掛けたりしてくる議員の発言の場合、主張にどうも引っ掛かりを感じざるを得ません。
本当に重要な事は「市民にとっての分かり易い公開」。この本質にどれ程近づけるかが議論の中心です・・・まあ、(討論もしていないのに)理由掲載可能が公開条件とされて導入に至った経緯がある本市議会では、久遠の目標とも感じます。
                   §
もう一点。誤字脱字の扱いについて。こちらは「内容を変えずに誤字脱字の範囲に限り修正可能」とされていたはずでしたが、山口委員(共産党)から「内容ではなく、誤記を直したい」との申し出があると早速、やれ会派の責任だ・やれ事務局の負担になる、と言った理由で議論されました。
個人的には、内容の変更はダメですが、文字の修正(例:10万円をタイプミスで100万円と書いてしまった時など)はすぐ修正した方が良いと思います。
市民の誤解を拡散するの防止の方が「事務局の更新の負担」よりも優越する広報の宿命だと思いますが…これも、こんな「理由」を載せなければ発生しない話ですし。最初に決めた事が議員間で共有されていない感が拭えませんでした
◆次回の開催は11月30日(招集日の本会議終了後)です。

追伸:身内の都合がつかなかったので0歳の娘と共に初傍聴に臨みました(最年少傍聴記録更新か?)。案の定、泣いて何度も退席&入室を繰り返しましたが、議員になってめっきり書かなくなった委員会の傍聴申請を約15年ぶりに(子どもの代筆で)書いたり、席を出口近くにとって傍聴者の後に入ったりと色々な経験ができてものすごく新鮮でした。託児室や親子傍聴のある議会に心底敬意を表します。同時に、事務局の入口の職員が何も言わずにそっと椅子を寄せて下さった配慮も嬉しかったです。
赤ちゃんを連れての傍聴の大変さが身をもって分かり、図らずも9月のネット中継を求める陳情者の気持ちにも近づけたような気がします。加えて、今後こういうご相談を市民から受ける際の役にも立つと実感しました。
自分のために託児室を作れなどと主張する気は有りませんが、やはり実践は重要だと実感しました。ありがとう、娘よ!^^
kouhou.jpeg

終了後はぐっすり眠ってました^^
コメントする
コメント