CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«教育環境常任委員会 | Main | 建設経済常任委員会»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
【感動】『咲む』上映会へ [2021年09月11日(Sat)]
241199635_1227544524378116_6727051170059615842_n.jpg

■朝から涙!涙!涙!
自主上映の映画『咲む』を観に市民劇場へ。耳が聞こえない女性が明るく逞しく人と関わって生きてゆく物語です。手話を学んでいると、ろう者が直面する困難や権利獲得の歴史に触れる事も多いですが、そんな中だからこそ本作の明るい主人公のキラキラした笑顔が対照的でした。
前作の『ゆずり葉』も妻と観て感動しましたが、今作はそれが更にパワーアップして'命の尊さ'そのものに焦点が当たっているようでした!\(^^)/

■会場スタッフや参加者も、きらきらしとる!
久々のオフラインイベント。私が手話サークルに入るきっかけをくれた方やいつもの手話‘修行'仲間たちと再会できたのはモチロン、たまたまお声がけ頂いた方が同じマンションだったり、更には中学の同級生の妹さんから手話言語条例の時の議会の手話動画、観ましたよ!」と声をかけて下さったり…出会いの多い場でした。
折角の機会なので乳飲み子もろとも一家で観劇に出かけましたが、上映中泣いたので連れて外に出た妻に暫くしてミルクを持っていったところ、スタッフさんが小窓で観れる位置にわざわざイスを用意して下さっていました。優しいスタッフの皆さまのご対応に感激・・・自主上映ならではの会場を包む温かい空気感にも注目です♪^^

■健常者にこそ観て欲しい
作品としては手話がとても分かり易いだけでなく、音声も字幕もついているので誰でも楽しめます。
命の輝きが前面に出ていて、会場からすすり泣きがあちこちから・・・最近子どもが産まれたばかりの私はその一つ一つに大きな感動と涙を禁じえませんでした。詳細は控えますが、ろう者の孤独感(と簡単に一言で表せるものではありませんが)を疑似体験させてくれるシーンがあり、普段ろう者の友人たちとの付き合いの中で、「あの時そういえば!」と気づかされることがいくつもありました。まだまだ自分が配慮なく話しているなあと(まあ、バイクや釣りの時はなかなか手話をしにくいのも事実ですが…)。
健常者の持つ‘無意識の偏見'や‘無理解'をサラッと描きつつも、それに気づいた人の心が翻って温まるような瑞々しい映画でした。

本当にオススメなので職場の同僚から知り合いから軒並み宣伝していますが、まだ見ていない人は各地の上映先にぜひ足を運んで欲しい作品です!^^
241751495_4225131620946919_6587498058799723281_n.jpg

ちなみに往年の手話関連の映画でイチオシは『名もなく貧しく美しく』ですが、ドラマ版の島かおりさんも本作に出演しています(そういえばろう者の誰かに『名もなく〜』DVD貸しっぱなしで返ってこないぜ…^^ヾ)
コメントする
コメント