CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«本会議3日目 | Main | 3/3(水)本会議の見どころ»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
本会議速報 [2021年03月02日(Tue)]
■代表質問(1日目)
写真の上から4つの会派が質問終了。明日は下の4つの会派(3会派+無所属)の質問です。
おそらく明日3番目の私の登壇(開始)時間は、AM11:50〜質問だけやるか、13時〜スタートになるかのどちらかが濃厚です。
ちなみに持ち時間の割り当てはどんどん少なくなり…右の列です。
qtime.jpg

■交代要請は‘強制’できないはずなのに…
その後にそのまま部屋をかえて幹事長会議、議運と続きました。
今日も岡本議員が一日中着席していたことに対し、なんやかやと反応がありました。
議運で決まった「交代制」はあくまで『協力要請』。地方自治法の趣旨を理解している方には言うまでもなく、決して‘外出ろ’と『強制』はできません。それでも議運で決まったからと、‘交代するのが当たり前’と思っている議員には、この当然の理屈は通用しないかも知れません。協力ならものを頼む態度というものがあるだろうになぁと、デジャヴな一日でした。
そもそも議員として当然の議員の責務を果たしているだけなのに、交代を禁じる事などルール化できるんでしょうかね…市民から議会の存在意義が問われるのではと思います。
                   
■委員会のテープ(音源)が聞けるか問題
もう一つ。議運で話題になったのが昨日の岡本議員の発言の中で出た会議の音声テープを聞かせてもらえないのはなぜ?の件です。公務によりどうしても物理的に傍聴できなかった分の音源を、かつては私も聞かせてもらっていました。今はなき先輩議員がしばしば議会図書室でお聞きになっていた姿をつい先日のように思い出しますが…かつては聞けたのに「もともと聞けない運用だった」と議事調査課長から説明がありました。事実認識からしてもう、人それぞれ違うのかも知れません。そんな事もあろうかと、私はH27年8月の会議録から1つ2つある委員の証言を見つけて、引用しました。ここまで裏取りして発言しないと事実認識が共有できない会議のレベルってなんだかなァ、と思います。平時から傍聴を基本姿勢にしていれば「あの時こんな事があった」・「あの議員がこんな発言していた!」という事も直ぐに思い出せますが、なかなかそうはいかない人が多いようです。まあ、傍聴していなくても全部議事録を読むという手もあります。議員の仕事は自分の努力次第でレベルを上げることができるのです。
市執行部に求める資料提供などと性質が違い、議会内部の事ですから、議員が全体として認めるべきと意向を出せば、ほんらい議員をサポートするべき議会事務局も準備してくれると思うのですが。
合理的配慮の範囲内で議会の議論の充実がどこまで進むか(or後退するか)、1度ここで話はおしまいになりましたが、今後の動向を見守りたいと思います。(ダメならば次回以降、委員会の同日開催に議運で反対します)
…進め、より豊かな民主主義へ。
コメントする
コメント