CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«議運まとめ(2月19日開催分) | Main | 【傍聴者必読】今日の常任委員会»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
招集日、のち広報委員会 [2021年02月23日(Tue)]
■招集日に決まった事
招集日(本会議初日)に行われた議案の採決の結果です。
第59号 専決処分の報告及び承認について(令和2年度松戸市一般会計補正予算(第12回))
 →全会一致で「承認」
第93号 教育委員会教育長の任命について(伊藤純一氏)
 →賛成多数で「同意」(反対:共産党4名)
第94号 教育委員会委員の任命について(中西茂氏)
 →全会一致で同意
第95号 人権擁護委員候補者の推薦について(森めぐみ氏)
 →全会一致で同意
第96号 人権擁護委員候補者の推薦について(籔田京子氏)
 →全会一致で同意

…今回は延べ11人が質疑に登壇しました。そのうち延べ9人我が会派「市民力・立憲民主党」
59号の専決議案のコロナワクチン接種については(総務財務常任委員会に所属議員がいれば常任委員会で質疑しようと思いましたが、昨年12月議会でどこの会派も譲ってくれなかったので、その時の想定通り)本会議で全員でやらせて頂きました。各1人3回登壇した事になります。ためしに実際の登壇回数を数えてみたら、会派の岡本議員・中西議員・山中の3人で合計18回でした。少数会派ですが登壇回数は初日からぶっちぎりです(回数だけでなく内容もチェックして下さいますと幸いです、念のため)。
                       §
更に今回注目するべきは、上記の教育長の人事案件(93号)が割れた事です。
人事案件の殆ど(全部?)は委員会付託も省略され、基本は質疑すら行われずに初日に採決されるのですが、平田議員の質疑→討論・・・からの、共産党4名全員の反対がありました。私も質疑の中で、深刻ないじめ案件、昨年春のコロナによる休校対応・判断の変更などは全て教育長1人のせいではありませんが重大で見逃すことはできず、会派で相談して確認するに至りました。全会一致が崩れた今、今後、私もより厳しい目で教育行政をチェックしようと意を新たにしました。

■広報委員会
15時前までかかった本会議後、間髪入れずに広報委員会。最近は傍聴者もチラホラ。市民に議会のありさまを直接知って頂けるのは、ありがたい限りです。広報委員会ならひとしおですね(きっと全議員が嬉しがっている事と思います)。
<賛否公開は「後出しの理由」付き!?>
早ければ6月議会から始まる個々の議員の議案等に対する賛否公開。
しかし、前の協議会では賛否が割れた市長議案だけ、理由を添える事などを飲まないと賛同できない旨を大会派の一部が言い出して、「理由付き」での掲載をすべしという答申が出されました。
そもそも討論すれば事足りるのに、後から議会で起きたこと以外を議会公式HPに載せるなんて、奇怪なことこの上なしです。
今回の広報委員会はそこで、何を・どんな風に掲載するかを載せるのかを話し合うですが、公明党、共産党、我が会派の「3会派」からの提案物が配られたのみ。しかもその詳細については議論されず・・・時間を割いて大きな焦点となったのは、
1.(討論とは関係のない)「理由」を載せる事の是非
 と
2.その意見を鈴木(智)委員長がかどう扱うか
 …の2点でした。

「討論(議会で起きた事)以外を載せるのはおかしい!」と真っ向から反対する中西かすみ議員の意見に対して、委員長は「協議会で出された答申に沿った方向で進めたい」と言い続け、到底納得できない中西議員は「では、ここで採決して下さい」という主張も受け入れられず、私にはどう見ても強引な進行だという感覚が強烈に印象に残りました(傍聴者の皆様、いかがでしたか?)。共産党の山口(正)委員の意見も中西議員の「討論を載せるのが良い」という意見に同調しているようでした。
                     §
そもそも協議会に100%沿わねばならないという進行は法的にも必須ではありませんし、協議会自体に参加を認められてなかった2人会派(※3人以上でないと協議会に入れてもらえない)以下の議員たちは到底納得していない答申でした。
冷静に考えれば、答申丸のみのまま小手先だけの運用方法だけ決める委員会なら、あえて高度な政策判断として議員が頭を使い知恵を絞る程のことは一体何なのでしょうか。そんな広報委員会に存在意義は本当にあるのでしょうか。
公的に議場で自己の態度表明をする権利を通告によって全議員が担保されているのに、その権利を放棄してまで後から議場で発せられていない「(賛否の)理由」を議会の公式発言である討論と同列に扱うとは、議会制民主主義に対する見識が疑われかねません。その事態を私は強烈に危惧しています。

今後、会派としても「反対」を言い続け、問題点を市民の皆様に分かりやすくお伝えし続ける事を確認しました。賛否理由で言いたいことがあるなら正々堂々、議場で発言します。それ以外は、政治家の端くれとして己の背中で市民に語らねばと思いました。

PS.余談ですが、「虹」という歌が耳に入ってきました。心に沁みる歌ですが、つい歌詞を脳内変換している自分に気付きました。

♪どんな言葉でも足りないよな 
 賛否の態度が すべて語るから すべて語るから
コメントする
コメント