CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«臨時議会招集告示日 | Main | 臨時議会»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
8/3臨時議会、開催 [2020年07月31日(Fri)]
■8/3(月)10時〜本会議
今日は運動公園での報告会にお越しいただき、ありがとうございました。
その中でも触れさせていただきましたが、8月3日に1日限りの臨時議会が予定されています。昨日の招集告示日には議運が行われました。一般会計補正予算(第6回)が上程される見込みです。
質疑は山中→中西→岡本議員の順で行われます。

■どうなる?どうする!?コロナ対策
さて、そして6月に引き続きコロナ対策も話し合われましたが、その内容は・・・
今回も「市松模様のSD(ソーシャル・ディスタンス)」と「時間の短縮」を前提に話し合いが行われ、またしても質問時間の短縮が決定されてしまいました。
一般質問は6月議会では通常1人あたり60分のところ「30分」に半減されてしまいましたが、さらに今回30分→「25分」へ短縮されました。その理由が『1時間に1回換気をするため』とのことで、30分だと2人議員が続けてやると60分使って換気が1時間以内にできなくなるというのが理由との事です。うーん、大事な議会質問を調整してまで1分も過ぎずに換気を行うことの方が本当に大事なのかなあ!?
とにかく、1人「25分」にして2人続けても終わったら50分、残り10分を換気休憩にできるからという理屈でした・・・ハッキリ言ってこれには私も苦笑するしかありませんでした。

ちなみにそれに対し、ある委員からは「質問時間を更に5分切り詰めて回避できるリスクが果たしてどれほど得られるか分からない。だったら議員も抗原検査をしたほうがいい」というごもっともな意見が出ました。
また、別の委員からは「そもそも30分の議論時間が短いから、1人60分に戻したらいいのでは?それで1人終わった毎に換気すればいい(=議会の仕事を確保しながら換気もほぼ達成できる)」という意見も出ました。
どちらも合理的な意見ですね・・・まあ、予想通り多数派の賛同は得られませんでしたが。
                    ¶
結局、委員会で採決の結果一般質問@25分議案に対する質疑は@10分に削られてしまいました。それでなくても交代協力要請で半数の議員が本会議場で仕事をしない状態が続くのに、これからは更に出席していても1人の議員が仕事をさせてもらえる時間がどんどん短縮されていきます。それも多数派議員自身の判断で。議会制民主主義の中で市民の意見を反映させたい私としては、これでいいのかと問題意識を持っています。
                    ¶
一方、議運の最中、城所委員長がわざわざ急に休憩宣言して、傍聴中の私と中西議員の2人に「議会に出席希望ですか?」と聴いてこられました。答えは当然イエスですが、そもそも仕事をするのが当たり前なのに(要望書も出しているし、態度でも充分表しているつもりですが)、同僚議員から議員に対して議会出席の希望の有無を聞かれるということ自体に驚きを隠せませんでした。
本会議に出席するのは議員の最も基礎的な公務です。職務に対して報酬をもらっているのだから、自主的に議会を半分休む選択をするならば、報酬を半分返上するくらいが常識だと思います。だから、私は議会に出席を希望しない議員などいないと思っていました。そして、いかにして全議員の出席状態を確保するかが議会運営の知恵の見せどころだと思っています。しかし実際は感染防止の名の下に半数要請の状態を続け、全員出席を念頭に置かれた話とは程遠い議論でした。自分の発言の時にだけ着席していれば良いというものではありません。
極端な話、定例会に1日も出席してこない議員がいても、基本的に議員報酬は満額払われるのです!・・・
たとえ別のところで仕事していると主張しても、これで市民に納得してくれとは到底言えません。本会議出席以上に重要な仕事ってナンでしょうね(私には分かりません)。
なので、「議場に居たいか?」という質問は、私はまるで「仕事をしたいか?」と聞かれているのと同義です。議員の仕事に対する認識や感覚が人によって大きく違うんだなあと思いました・・・いやはや。
その後、‘議会に出席を希望する(←聞かれたからあえて使ってみる)’私たち2人の議員は、議場の少し離れた場所に議席を変更する案が出されました。本会議の冒頭で‘出席を希望する議員’(←こんな機会もそうそうないので改めて使ってみる)の議席の変更が諮られる予定です。「そもそも6月議会ではなぜ同じことが諮られなかったんだろう」とか、「(議席変更が可能ならば)この際、2人だけじゃなくて全議員の議席を十分な間隔を確保した位置に変更して全議員が働くことのできる策は出なかったのか」等の疑問を抱かれる方も当然いらっしゃるとは思いますが、私は議運委員ではないので分かりません。ただ、傍聴する限りではそのような意見は残念ながらひとかけらも見えませんでした。

・・・6月議会から1ヶ月以上が経過。いずれにせよ議員全員で議論するのが議会の基本中の基本だと私は考えていますが、市松模様の半数出席を続ける姿勢は今後も大きく変わらなそうです。「全員野球」ができるのはいつの日か。
                    ¶
一方、このコロナ禍でも、体育館などを使って全員参加で議会を開く知恵を出し、実践している議会もいくつもあるんですけれどね。緊急事態宣言解除はおろか、市内の学校も基本的にはもう再開していますし。慎重にかつなるべく活動を止めないようにするという点では、議会は範を示すべき対象だと改めて強く思いました。

<自治体の議会、「3密」対策本腰 体育館開催やオンラインも―新型コロナ(時事ドットコムニュース)>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050900303&g=soc
コメントする
コメント