CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«松下政経塾創立40周年記念式典へ | Main | 第33回幼児教育振興大会»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
長けりゃいいってモンじゃない [2019年11月19日(Tue)]
■11月19日が来るたびに。
遡ること今から13年。平成18年の今日、私は市議に初当選しました。
※選挙結果はコチラ↓
https://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/senkyo/kekka/h1811shigi-kekka.html

準備期間も短く、何の後ろ盾もない完全な無所属での立候補。政党、組合、企業、宗教団体、NPO等、一切なんの支援や推薦も頂かず、竹の竿をノボリにしてマイク1本、手に持って1人で駅に立った日の事を今も鮮明に覚えています。
当時の私の挑戦に対して「当選は絶対に無理」・「退くも勇気だ」等の言葉を掛けられたのは私を想う優しさからだと思っています。誰も私が当選するとは思っていませんでしたから…ただ、私の当選を願ってくれていた人がいる事を願うのみでした。
当時の私の正直な心境は、自分が落ちる事などは松戸市民にとって取るに足りない程の些事に過ぎないと考えていました。むしろ、もし当選して、一体どこまで自分の考えが世間に通用し、実現できるのだろう、市民が喜ぶのだろうという見えない不安の方が大きかったです。だから、全力で信じる道に猪突猛進するしかありませんでした。
                    §
今日で初当選からちょうど13年が経ちました。まだまだマニフェストに掲げた事は「△」が多く、まして市民が満足する市政には至っていません。今や全国で当たり前のように行われている「個々の議員の賛否態度の公開」すら松戸市議会では実現できず、仕方なく自分で完全公開することくらいしかできていない事に、本当に申し訳なく思っています。自分の議員人生の半分以上(7年程)自身のHPに公開を続けていますが、長くやるほどに民間と議会の感覚の違いに悩まされています。

奇しくも安倍首相が今日で通算在職日数が史上最長の2886日になり、桂太郎に並びました。長く活動された事は大したものです。しかし、国民の暮らしはほんとうに豊かになったでしょうか。生き生きと生きている人が多くなったでしょうか。政治の信頼の上に成り立つ長期政権なのでしょうか・・・私には疑問です。

長くやればいいってものではない。彼に比べれば「たった」13年間かも知れませんが、ここまでで得た知見と仲間の皆さんお一人お一人から頂いた支援を大切にしながら、これからも真に役に立つ政治家でありたいと意を新たにする次第です。
コメントする
コメント