CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ごみ問題。市民は変更を強いられそうです | Main | 近況»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
市立病院特別委員会 [2017年06月23日(Fri)]
■突然の、病院特別委員会
昨日までは無かった告知が今朝事務局に貼られていて突如開催を知った病院特別委員会(協議会)。何やら重要な事があるのかと臭うので予定を変えて傍聴しました(市民は入れません)。
配布資料は「経営課題について」となっていますが、その説明は特に資料に具体的な数値も示されず早々に終わり、突然、降って湧いたように病院のあり方を決める審議会を設置するなどという話が急に持ち上がりました・・・やはりきたか。当然、会派ごとに割れる意見。公明、まつど自民からは設置賛成の意見が出る一方、共産からは慎重意見。というか、中川委員長はなんとかまとめたかったとみえ「設置には肯定派もいるし(反対派ではなく)慎重派も居ますが〜」と委員会の総意をとろうとしましたがそれを遮るかのように「反対です」と明確な意見表明もありました。そりゃそうだろう。
資料はこちら→290623病院特別委員会_配布資料.pdf


既に3000万円かけたコンサルからは何を得たのかも良く分からないまま、屋上屋を重ねるようにまた別の組織を設置。どこまで迷走するのか、病院問題といった感じです。
そもそもこんな重要な事も議題に書かれておらず、正規の委員会でないところで決まるような方針、採決をとる事が馴染まない協議会・・・どこをとってもいびつな運営だなあと感じました。
もう、松戸市議会で行われている議論に一貫性を感じている市民はほとんどいないと思います。
(普段の)傍聴者が少ない事は、議員の資質とも関係しているのではと思いました。
                  §
結局、議論の過程がよく分からないまま、それでも審議会をつくる方向性に持って行かれました。市民不在の意思決定とポリシーが見えない屋上屋を重ねるような議論体系は、シンプルな問題すら複雑にしてしまう気がします。もどかしい傍聴でした。
コメントする
コメント