CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«教育経済常任委員会 | Main | 明日は6月定例会の最終日です!»
プロフィール

山中 啓之さんの画像
山中 啓之
プロフィール
ブログ
リンク集
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/matsudo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsudo/index2_0.xml
松戸市議会、都市整備常任委員会ほか [2012年06月27日(Wed)]
■都市整備常任委員会でした。
今日で4つの常任委員会全ての‘傍聴ロード’を無事に走り終えました。
委員会の所管事務調査の中で、市から「公共施設白書」の現状報告がありました。私が3年近く前に提案してきたテーマが、今ようやく常任委員会で話し合われています。・・・やっとここまで来たかという感じです。
業務委託に際し、公募型プロポーザルを採用。何度も言いますが、白書を作って終わりにせず、本当に、再編整備に向けて活用してほしいところです。未来の松戸市のために。
白書の完成は年末、概要版完成が年度末の予定です。

■放射能対策協議会について
東電への求償や、先日県から発表された規定値以上の焼却灰の手賀沼の一時保管場所の件について、資料を元に丁寧な説明がありました。
詳しくは報道に譲りますが、2500tしか補完できない場所にどうやって5団体(4市1団体)が配分して埋めるのか、市のスタンスを質問しました。「出来るだけ多く」とだけ答弁があり、まだ詳細は詰まっていないとの事でした。今後の展開に注目します。
また、求償額がそれぞれの自治体で違うとの事でした。松戸市は補助や震災復興特別交付金を差し引いた額を請求しているのに対し、ほかの自治体ではいっしょくたに積み上げて請求しているところもあるようで、市民には「松戸市は殆ど請求していないじゃないか」と見られてしまう恐れもあります。この点も、市民に安心してもらえるよう、しっかりとした情報公開と説明をしていただけるよう、要望しておきました。


■議会活性化委員会
各常任委員長たちを交えて、議会報告会の開催について話し合いました。
短い時間でしたが、私からも内容や手法などを積極的に意見し、流山の報告会を「傍聴」してはと提案しました。常任委員会ごとが良いとする意見もあり、一方で特別委員会の方が市民の関心が高い、いや、収拾がつかなくなる…色々な意見が出ました。
私は、ネットログの件数や議会の出前講座の少なさから、「議会って何」レベルの市民が多いのではという仮説を持っていますので、それを踏まえて「まずは議会の仕組みを知ってもらおう」というスタンスで臨んではいかがか?と意見しました。
皆、それぞれ率直な意見を出し合い、いつもより効果的な話し合いになったと思います。
(欲を言えば市民へ公開すればもっといいのに・・・
コメントする
コメント
6月議会の常任委員会すべてを始めて傍聴しました。今日は傍聴は一人で、とても心細かったのです。感じたことは議会をはじめ議会HPはきわめて不親切で、これを見ていても今日は何があるのかよくわかりません。分かりづらいのです。もっと分かりやHPを作って市民にもっと傍聴して議会を理解してもらえるような努力が必要だと感じました。はっきり言って、委員会は市民を相手にしていないということでした。早く常任委員会のインターネット中継が実現することを熱望します。本会議では発言しても委員会では一言も発言しない議員がいます。つまり、本会議はインターネット中継がありますが、委員会はなくて、傍聴人も殆どないからだと思いました。しっかりとした情報公開が必要です。
Posted by: 傍聴人  at 2012年06月27日(Wed) 20:09