CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
松戸政治塾
松戸政治塾とは、大学生が政治参加することを目的とした、学生主体の活動組織です。
主に、千葉県松戸を中心に活動しています。
地元議員のお手伝いから、市政視察旅行企画など、学生しかできないことをしています。
メンバーの大学はいろいろ。学部だって、出身地だって違います。
ただ、ちょっと政治に興味があることが共通点のそんな私達です!!
会議で話し合ったことやアイディア、日々の生活で思ったことなどを書いていきます!!
« 読書会『松下政経塾講話録』終了! | Main | [参加者募集!]9月12日(土)開催、次回読書会のご案内 »
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
しむ
アピオス (12/14) まえだ
浦安市立図書館の見学 (10/06) 吉村 大輔
One Voice Campaign (05/16) まえだ
未来を考えるイベント (04/30) まえだ
第7回戸田・彩湖フルマラソン (04/30) yamanaka
マラソンを振り返る。 (04/24) 松戸政治塾
読書会に参加して。 (03/26) よしむら
読書会に参加して。 (03/22) まえだ
The Future Times (03/19) よしむら
2月7日 災害支援ボランティア養成講座 (02/11)
読書会『公共哲学』(マイケル・サンデル)終了![2015年08月03日(Mon)]

昨日8月2日は、月に一度の読書会でした。
テーマはマイケルサンデルの「公共哲学」。

タフな本だったため、
読み込むのが大変でしたが、
皆さんと議論したことで、理解を深めることができました。


一部の裕福な人々に対して、
中流以下の人たちが増えてきていている現代社会。

自分もいつ困窮したり、
より弱い立場に立つことになるかわからない毎日ですが、
今まさに困っている人、苦しんでいる人を含め、
みんなで少しづつ痛みを分かち合っていけたら、
と思いました。
それが「公共哲学」ではないでしょうか。

また私は、毎日の中でただ痛みを分け合う、だけではなく、
そんな毎日の中にも、大きな幸せを感じられるような生き方がしたいと思いました。


「その幸せってどうやって手に入れるの?」
という質問をいただきました。

それは、人と目指したいビジョンや夢や希望を共有していくことかな、と思います。

その、私が求める共有感ですら、
独りよがりなものになる可能性はあるけれど、
それを恐れずに心開いていくこと、
失敗しても信じて進み続けることに大きな幸せのヒントがある気がします。

成功の要諦は成功するまで続けること。
みんなでがんばりましょう。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/matsu-sei/archive/88
コメントする
コメント
プロフィール

松戸政治塾さんの画像
松戸政治塾
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index2_0.xml