CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
松戸政治塾
松戸政治塾とは、大学生が政治参加することを目的とした、学生主体の活動組織です。
主に、千葉県松戸を中心に活動しています。
地元議員のお手伝いから、市政視察旅行企画など、学生しかできないことをしています。
メンバーの大学はいろいろ。学部だって、出身地だって違います。
ただ、ちょっと政治に興味があることが共通点のそんな私達です!!
会議で話し合ったことやアイディア、日々の生活で思ったことなどを書いていきます!!
« 第7回戸田・彩湖フルマラソン | Main | 5月26日明日、読書会 »
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
しむ
アピオス (12/14) まえだ
浦安市立図書館の見学 (10/06) 吉村 大輔
One Voice Campaign (05/16) まえだ
未来を考えるイベント (04/30) まえだ
第7回戸田・彩湖フルマラソン (04/30) yamanaka
マラソンを振り返る。 (04/24) 松戸政治塾
読書会に参加して。 (03/26) よしむら
読書会に参加して。 (03/22) まえだ
The Future Times (03/19) よしむら
2月7日 災害支援ボランティア養成講座 (02/11)
One Voice Campaign[2012年05月16日(Wed)]
こんにちは。

松戸政治塾ブログは名前こそ「政治塾」となっていますが
最近はもっぱらマラソン、マラソンでした。
ひさしぶりの政治ネタです(^_^;)

今、世の中に【One Voice Campaign】という動きが起きています。
http://onevoice-campaign.jp/


これは、簡単に言うと
日本で今現在認められていない選挙期間中のネットによる情報発信や
政治家の活動の更新を解禁することによって、
候補者・有権者それぞれがもっと自由に政治に参加できる社会をつくっ
ていこう、というキャンペーンだそうです。


選挙期間中であっても、SNSで有権者と候補者が自由にコミュニケーショ
ン出来るというのは、一面から見れば「なりすまし」や「デマの流布」を
促すことになりかねないという危惧、ネガティブキャンペーンの激化、情
報リテラシーの格差によって行き過ぎた発言が出てきたり・・・と挙げれ
ばきりがないような問題もたくさんあります。

しかしながら、政治家の考えや政策をより深く知り、有権者が自分の意見
をもつ上では、ネット選挙解禁への期待感、希望の方が大きいように私に
はうつります。
特に若年層の現在の投票率の低さを是正するのに、この世代にとってもはや
インフラのように浸透しているSNSというツールが大きな効果を発揮するの
では、という気がしています。

あとは細かい問題にどう向き合い、対処していくか。


まだまだ私自身不勉強な部分が多いですが、
この取り組みが全国的なmovementとなって、社会がまた新しい一歩を踏み
出すよう、勉強し働きかけていけたらと思っています。


ネット選挙解禁。
皆さんはどう思いますか。


まえだ
この記事のURL
https://blog.canpan.info/matsu-sei/archive/51
コメントする
コメント
ネット解禁は時代の流れであり、社会インフラとしても十分認知されている事から、導入するのが当然というのが私の意見です。
ネット選挙の弊害を指摘する向きもありますが、私はむしろ徹底的に情報公開し、多角的に候補者を検討できるメリットを重視したいと思います。
ちなみに広報媒体を限定しようとする選挙管理委員会の背後には、江戸時代から根強く続く愚民化政策があると考えます。
「由らしむべし知らしむべからず」という役所の姿勢に対抗するには、主体的で合理的な判断を下す市民観を広く根付かせなければなりません。
そこで問題になってくるのは、知性や教養に基づく情報リテラシーであり、一人一人が自己教育によってそのような力を養う必要があります。
福澤諭吉の言う「一国の文明のレベルはその国民の民度に由来する」という事が未だ焦点となっている事を改めて実感させられます。
Posted by:吉村 大輔  at 2012年05月16日(Wed) 21:30

プロフィール

松戸政治塾さんの画像
松戸政治塾
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index2_0.xml