CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
松戸政治塾
松戸政治塾とは、大学生が政治参加することを目的とした、学生主体の活動組織です。
主に、千葉県松戸を中心に活動しています。
地元議員のお手伝いから、市政視察旅行企画など、学生しかできないことをしています。
メンバーの大学はいろいろ。学部だって、出身地だって違います。
ただ、ちょっと政治に興味があることが共通点のそんな私達です!!
会議で話し合ったことやアイディア、日々の生活で思ったことなどを書いていきます!!
« 未来を考えるイベント | Main | One Voice Campaign »
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
しむ
アピオス (12/14) まえだ
浦安市立図書館の見学 (10/06) 吉村 大輔
One Voice Campaign (05/16) まえだ
未来を考えるイベント (04/30) まえだ
第7回戸田・彩湖フルマラソン (04/30) yamanaka
マラソンを振り返る。 (04/24) 松戸政治塾
読書会に参加して。 (03/26) よしむら
読書会に参加して。 (03/22) まえだ
The Future Times (03/19) よしむら
2月7日 災害支援ボランティア養成講座 (02/11)
第7回戸田・彩湖フルマラソン[2012年04月30日(Mon)]

みなさんこんにちは、さこんです

松戸政治塾メンバーとともに4月14日
戸田・彩湖フルマラソン参加、完走してきました。

今回初めてフルマラソンに参加し、
みんなと一緒に完走できて本当に嬉しいです。
誘ってくださった方々、共に走ってくださった皆さん、
応援してくださった方々全員に感謝しています
本当にありがとうございました。


正直いうと、いくら雨天決行とはいえ
あの悪天候のなか本当に開催されるのだろうか
と内心疑っていました。
そもそもそんな弱気で走り抜ける競技
ではなかったのだと今は痛感しています。


とにかく無事にみんなでゴールしたい
そんな不安の中始まった42,195q
私の想像をはるかに超えた険しく辛い道のりでした。
そこには10kmやハーフで感じることのできない
さまざまな苦悩がありました。

いつもなら途中で苦しくなっても
皆も頑張っているから走り抜こうと言い聞かせれば
またそこから踏ん張りが利くのですが、
どんなに自分自身に言い聞かせても
フルマラソンでは全く通用しませんでした。

脳がいうことを聞いてくれない。
自分の中に二人の自分がいる
そんな感覚でした。

体はまだまだいけるのに脳が休めと言っている
それに歯向かおうとしても自分の意志では
どうにもこうにも体をコントロールできませんでした。


「マラソンは人生だ」
「走ることは人生だ」
という言葉の意味が改めて分かった気がします

出だしは快調

皆とともに走る、こんなにも楽しいことが
あるのだろうかと感じられた。

途中で水分補給、エネルギー補給で体力回復

辛くなってきた中盤から後半、
見ず知らずの人にさまざまな形で救われる
*ラジカセを背負い、大音量で音楽を流しながら走るおじさん
 (聞いた話では毎回マラソンにはラジカセを背負って出ているらしい)
*遠く離れていても聞こえるおばさんの声援
*選手が寒いだろうとビニール手袋を配るおばさん
 (ちなみに私は2回目通った時頂きました)
・・・書きだすときりがないのでこの辺で

とにかく私に勇気・元気・希望を
与えてくださった方々は数えきれません

走っていて孤独だと感じていたのに
実はこんなにもたくさんの人々のおかげで
完走できたのだと改めて実感させられました。

走っていて結局自分が頑張らなければ完走はできないと
思っていたのですが、自分のモチベーションのおかげで
完走できたのではなく周りのみなさんの存在そのものの
おかげなのだと感じられるようになりました。

人生も同じで、人は一人で生きていけるわけではないのだと
自然に他人とかかわり合いながら
自分の気がつかないようなところで助けられ、支え合って
心配や迷惑もかけ合いながら生きているのだなと感じました。


「マラソンとは・・・」


走りながら何度も自分に問いただしていました
そこが明白ならもっと自分に厳しくなれた
のではないかと今振り返っています。

みんなはゴールし自分のせいで寒い中
皆を待たせることになってしまう
何とも言えない無力感
どうしようもならないあの状況

でもゴール地点で待っていてくださった皆さんは
とても暖かく、私は何とも言えない安心感に包まれました

「やっと帰ってこれた」

終わったのだと知った時、
嬉しさと悔しい気持ちでいっぱいでした

最後まで付き合ってくれた皆さん
本当に本当にありがとうございます!

一緒に乗り越えた42.195km
忘れることができません

苦しかった道のりは確実に私の行動力となり
そして準備不足、予想しきれなかった悪天候を忘れず、
つまり考えることを止めずに生活する

行動すること考えること
同時に大切な二つのことを身を以て体感しました

このマラソンがインターンだったら
100点中50点にも満たないと思います
反省点盛りだくさんでした

この気持ちをずっと忘れずにいたいと思います


「全員完走」


という大きな一つの目標は何とか無事クリアできました
でもさらにたくさんの課題が生まれたと思います


あんなにも辛い思いをしたのに
また走りたいという感情が生まれる
挑戦し続けたいと思う
そこには大切な仲間がいるから
なのではないかと思います。


さこん
この記事のURL
https://blog.canpan.info/matsu-sei/archive/50
コメントする
コメント
さこんちゃんへ

ほんとうにおつかれさまでした!
当日いっぱい感動もらいましたが、文章読んで改めて感動しました。
素敵な文章をありがとう。

またみんなで一緒に走ろうね!
Posted by:まえだ  at 2012年04月30日(Mon) 20:42

プロフィール

松戸政治塾さんの画像
松戸政治塾
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index2_0.xml