CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
松戸政治塾
松戸政治塾とは、大学生が政治参加することを目的とした、学生主体の活動組織です。
主に、千葉県松戸を中心に活動しています。
地元議員のお手伝いから、市政視察旅行企画など、学生しかできないことをしています。
メンバーの大学はいろいろ。学部だって、出身地だって違います。
ただ、ちょっと政治に興味があることが共通点のそんな私達です!!
会議で話し合ったことやアイディア、日々の生活で思ったことなどを書いていきます!!
« マラソンを振り返る。 | Main | 4月29日、読書会行います。 »
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
しむ
アピオス (12/14) まえだ
浦安市立図書館の見学 (10/06) 吉村 大輔
One Voice Campaign (05/16) まえだ
未来を考えるイベント (04/30) まえだ
第7回戸田・彩湖フルマラソン (04/30) yamanaka
マラソンを振り返る。 (04/24) 松戸政治塾
読書会に参加して。 (03/26) よしむら
読書会に参加して。 (03/22) まえだ
The Future Times (03/19) よしむら
2月7日 災害支援ボランティア養成講座 (02/11)
楽しんで走る[2012年04月19日(Thu)]
「限界への挑戦」。これが、当初フルマラソンを走ろうと思った動機であった。
それは、日本が閉塞感に覆われている現在、一人一人がそれぞれの壁を超えていく事に意味があると思えたからだ。
その目標に対して、コミットメントを掲げ、練習を重ねてきた。

しかし、運命はなかなか一筋縄で歩む事を許してはくれない。
決してマラソンの練習ばかりしていた訳ではないが、総体的な運動量が増すに連れ、膝の痛みに悩まされるようになった。
何か取り組み方が間違っているのではないだろうか?
そのように考える日々が続いた。

相変わらず満足に走れない事にプレッシャーを感じていたが、本番二日前、吹っ切れたかのように、ある想いが心に浮かんできた。
「ここまでの過程において、自分は十分限界に挑戦してきた。本番で完走できなくても、それは限界に挑戦した事になる。それを恥じる事なく、むしろ全てを楽しんでこよう」。

こうして迎えた本番。
あいにくの雨であったが、自分にとっては晴れやかな天気に思われた。
過程を含めて、全てを楽しもう。そのように思えたからだ。
42.195kmという未だ走った事のない距離であったが、その全ての過程において、仲間と共に楽しみながら走る事ができた。
新緑の木々や湖を肌で感じながら、またエイドステーションや沿道で応援してくれる人々の温かみを感じながら、生きている歓びを味わう事ができた。

またいつか、フルマラソンという舞台に立つ日がきっとあるだろう。
その時はこの言葉を思い出す事にしよう。
「楽しんで走る」という言葉を。

よしむら
この記事のURL
https://blog.canpan.info/matsu-sei/archive/46
コメントする
コメント
プロフィール

松戸政治塾さんの画像
松戸政治塾
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index2_0.xml