CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
松戸政治塾
松戸政治塾とは、大学生が政治参加することを目的とした、学生主体の活動組織です。
主に、千葉県松戸を中心に活動しています。
地元議員のお手伝いから、市政視察旅行企画など、学生しかできないことをしています。
メンバーの大学はいろいろ。学部だって、出身地だって違います。
ただ、ちょっと政治に興味があることが共通点のそんな私達です!!
会議で話し合ったことやアイディア、日々の生活で思ったことなどを書いていきます!!
« 3月19日(月)、第10回読書会開催! | Main | 読書会に参加して。 »
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
しむ
アピオス (12/14) まえだ
浦安市立図書館の見学 (10/06) 吉村 大輔
One Voice Campaign (05/16) まえだ
未来を考えるイベント (04/30) まえだ
第7回戸田・彩湖フルマラソン (04/30) yamanaka
マラソンを振り返る。 (04/24) 松戸政治塾
読書会に参加して。 (03/26) よしむら
読書会に参加して。 (03/22) まえだ
The Future Times (03/19) よしむら
2月7日 災害支援ボランティア養成講座 (02/11)
謙虚であること[2012年03月20日(Tue)]
こんばんは。よしむらです。

先日、私も初めてのトレイルランニングに参加してきました。

当初35kmの山道を走るという事で、胸が不安で一杯でした。
しかし自分の限界を超える貴重な体験になると思い、果敢に挑戦してみました。
その結果、走る前から負傷していた左膝が途中で痛んでしまい、約25km地点でのエスケープという結果に終わりました。

この体験から感じたのは、限界に挑戦する事で人は謙虚になれるという事です。
未知の領域に踏み込んだ時、人はその現実を前に謙虚になるという事を学びました。

私の場合、痛めていた左膝の故障という現実を前に、エスケープを決断せざるを得なくなり、
共にエスケープルートを伴走して頂いた方のサポートにより、何とか無事に下山する事が出来ました。
自分の実力や周囲の配慮に対して、謙虚になれた事で次に繋がる経験が出来たと思っています。

謙虚であるという事は、自分の能力を過信せず、むしろ周囲の人々に対して心を開く事だと思っています。
それは、困難や挫折などを経験した人にしか分からない感覚なのかも知れません。
失敗を単なる失敗として終わらせるのではなく、次に繋がる貴重な経験として捉える事で、
支えてくれる周囲の人々への感謝や信頼に繋がるのだと思います。

今後もこの感覚を忘れず、どんな事にも謙虚に臨みたいと思います。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/matsu-sei/archive/41
コメントする
コメント
プロフィール

松戸政治塾さんの画像
松戸政治塾
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index2_0.xml