CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
松戸政治塾
松戸政治塾とは、大学生が政治参加することを目的とした、学生主体の活動組織です。
主に、千葉県松戸を中心に活動しています。
地元議員のお手伝いから、市政視察旅行企画など、学生しかできないことをしています。
メンバーの大学はいろいろ。学部だって、出身地だって違います。
ただ、ちょっと政治に興味があることが共通点のそんな私達です!!
会議で話し合ったことやアイディア、日々の生活で思ったことなどを書いていきます!!
« 2月6日 福島大学大学院フォーラム | Main | 体調をコントロールすることの難しさ »
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
しむ
アピオス (12/14) まえだ
浦安市立図書館の見学 (10/06) 吉村 大輔
One Voice Campaign (05/16) まえだ
未来を考えるイベント (04/30) まえだ
第7回戸田・彩湖フルマラソン (04/30) yamanaka
マラソンを振り返る。 (04/24) 松戸政治塾
読書会に参加して。 (03/26) よしむら
読書会に参加して。 (03/22) まえだ
The Future Times (03/19) よしむら
2月7日 災害支援ボランティア養成講座 (02/11)
2月7日 災害支援ボランティア養成講座[2012年02月10日(Fri)]
こんにちは、しおりです。

先日、松戸市総合福祉会館で開催された、災害支援ボランティア養成講座に参加して参りました。

まず、松戸市における災害ボランティアセンターの運営や、災害対策本部の役割、社協との連携などについての講義がありました。

その後、実際に災害が起きた場合を想定して、ボランティアセンターの運営手順を体験しました。受付からマッチング、送り出しや資材など、それぞれの担当にわかれておこないました。シンプルな仕組みでわかりやすく、ボランティアに来た人と被災者の方がどうやって結びつくのか、知ることが出来ました。

また、ボランティアという言葉は聞こえがいいですが、実際はとても大変なものだと思いました。ボランティアに来た人は、自分のことは全て自分でなんとかしなければなりませんし、また全ては自己責任です。被災者の方の様々なニーズに応え、発言はよく考え慎重にし、常に自分が出来ることを探すことが大切だと思いました。

この講座を良いきっかけにし、被災地へボランティアをしに行きたいと思います。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/matsu-sei/archive/31
コメントする
コメント
自らを省みず、人の役に立ちたいという想いは、純粋に人の心を打つものがあります。
しかし、ボランティアとしての心構えや作業の仕方について、学ぶ機会はあまり多くないと感じています。
現場のニーズに臨機応変に応えていくには、仕事をやり遂げる責任感とチームワークが必要です。
それが出来て始めて、被災者が抱えるほんの一部の負担を軽減する事ができる。自戒を込めて、自分もその点に十分留意したいと思っています。
Posted by:よしむら  at 2012年02月11日(Sat) 01:23

プロフィール

松戸政治塾さんの画像
松戸政治塾
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/matsu-sei/index2_0.xml