CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年11月 | Main | 2012年01月»
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
希望の明日がある [2011年12月31日(Sat)]
▼耕英から25km山を下がったところに私の自宅がある(正確には妻の実家)
大晦日はスタッフと共に年越しをするのが恒例になっている。

■2011年。スタッフと大晦日を過ごしている。
明日を歌う紅白歌合戦を観ている。
12月30日 [2011年12月31日(Sat)]
▼9時30分〜くりこま高原自然学校全体ミーティング
年末押し迫ったこの日、松倉に全員集合した。
これまでのそれそれの動きと、次年度へ向けた情報共有の時間だ。
2011年は、3.11以来めまぐるしい年になった。それぞれのスタッフがよく動いたと思う。
震災以後新しいつながりで新しい展開が生まれている。2012年、2013年の動きが大きく変化する。

▼15時〜南三陸歌津伊里前仮設テント商店街
日本の森バイオマスネットワークで伊里前商店会の支援をしている。WFPの大型テントを設営し営業を応援している。


▼17時〜南三陸歌津平成の森仮設住宅
伊里前契約会の千葉会長の自宅を訪ねた。
取れたばかりの南三陸わかめ≠ごちそうになった。大場さんの子どもたちもおいしくいただいた。
主催事業 [2011年12月29日(Thu)]
▼くりこま高原自然学校は、夏休み、冬休み、春休みに主催事業のキャンプを開催している。
3年前の震災、そして昨年の3.11の震災で被災して以前のように主催事業が展開できない状況が続いている。
今回の参加は6名、アットホームな3泊4日のキャンプになった。
私は最後の閉講式に顔を出すことしかできなかった。

ペレットストーブ [2011年12月28日(Wed)]
▼家内の実家にペレットストーブが入った。
日本の森バイオマスネットワークが取り組んでいるエネルギー革命
化石燃料からバイオマス燃料へ・・・・・


▼岩ケ崎のおじさんは渋々了解し、今季テストで実験・・・ということで灯油とどれくらい燃料費が違うのか実証実験をすることにした。
昨年の震災で岩手県の住田町建てた仮設住宅用に開発したMT‐311(more trees が仮設住宅に寄付)、FFファンヒーターではなく輻射式のストーブでお湯が沸かすことできる。
宮城県庁 [2011年12月27日(Tue)]
▼前日の話
森からチーズをつくるプロジェクトが動き始めている。
大崎市川渡温泉の裏に広がる広大なエコラの森の森づくりをしている。
下草刈りに手間と育林費用がかかる。ここに牛を放牧している。牛は下草だけを食べて、樹木は食べない。
綺麗に下草が無くなり実験は成功した。来年からは牛を増やすことにした。
牛が増えれば・・・ミルクが出る・・・そのミルクでチーズを創る。
今年はジャージー牛だったが、ジャージーのミルクは脂肪球の大きさがチーズ向きではないそうだ。来年はスイスブラウン種を導入する予定だ。

▼冬の間、川渡から雪が少ない栗駒の里地に牛を置くことにした。雪が解ける4月に再び川渡温泉裏のエコラの森へ放牧する。




▼ある相談で宮城県庁の各署を回った。

▼仙台光のページェント・・・・・
じっくり見る時間がなかった・・・
耕英から仙台へ [2011年12月25日(Sun)]

冬の一日 [2011年12月24日(Sat)]
▼この日は一日小屋にこもって原稿書きに励んだ。

上野駅界隈で [2011年12月23日(Fri)]
▼上野駅界隈で宮城県北エリアの雇用創出プロジェクトの詰めを行った。

■坑火石・ナノ銀・・・・・・・・・未来にかけるキーワードも気になっている。
産業支援・雇用支援 [2011年12月22日(Thu)]
▼新横浜に集まった。
震災支援は、産業復興、雇用創出のフェーズにはいった。
沿岸部の被災地だけではなく、内陸部、山間部を結ぶ、宮城県北エリアの包括的な産業支援、雇用支援を進めている。
地域の資源と生かす産業を興し雇用を創出する・・・・・・
そのために知恵を結集している。


▼スカイプで栗原にいるしんちゃんも会議に参加。
再び首都圏へ [2011年12月22日(Thu)]
▼再び仙台駅から新幹線に乗った。
今日も首都圏へ向かう。夕方まで新横浜の日能研本社を訪ねる。
今夜は新横浜に泊まり、明日は東京で打ち合わせと震災復興の産業支援と雇用支援の第三次補正補正予算に関する動きをする。
昨夜は仙台の実家に泊まった。今娘は台湾にいる。来月帰国するが現代はメールで距離を感じない。娘におばあちゃんと叔母の写真を写メして送った。

▼午前中の東北福祉大学ででの授業の講義を終え、仙台の街で李さんと昼食をとった。カツカレー定食が「500円。例の超激安食堂「やまご屋」

▼新幹線の車窓から。仙台市内もうっすらと雪化粧だ。


▼来年の復興支援、産業復興・雇用支援活動を占う動きは、今夜から明日が勝負になる。
日本の森バイオマスネットワークを取り巻く様々な動きを今夜から明日にかけて整理をする。
| 次へ