CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年01月 | Main | 2009年03月»
<< 2009年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
2月が終わり、真実を知ろう [2009年02月28日(Sat)]
■2月が終わろうとしている。今日一日デスクワークに追われた。
震災から8が月が過ぎ、日々どのように再生するの考え行動する日々の連続だった。
未だに避難指示が解除されない状況を乗り越えなければならない。
こんな状況の中で新たに考えてきたことを実行に移す段階になってきた
■2月が終わる節目は、NICEのボランティアも去り、10月からエコインストラクターで研修で来ている2名も今日で研修も修了する。

■2月なのに大きな節目として感じる。
これまでに企画し練ってきたきた様々なことを今夜整理をしている。

■目に留まった文章がある。
先月の成人の日に日本経済新聞に掲載された某酒造メーカーの広告に掲載された文章だ。

世界を見よう。
真実を知ろう。
新成人おめでとう。
君は今日どこで二十歳の日を迎えただろうか。
社会は君を今日から大人と呼ぶ。
しかし君が知るとおり、今、日本も、世界の歴史にない不況に直面している。
その原因はこころない大人が金を得ることを人生のすべてだと考えたからだ。
金があれば何でも手に入ると卑しい心を抱いたのだ。
自分だけが幸福にならいいとしたのだ。
その大人たちの大半は先進国で最高の学問を習得した人たちだ。
なぜそんなことが起きたのか。
それは人が生きる上で何が一番大切かを学ばなかったからだ。
若い時に幸福に目が向き貧困を見なかったのだ。
日本は大国なんかじゃない。小さい国の、君は小さい存在だ。
しかし君の未来は、時間は、可能性は限りなく大きい。
家族や友を想う気持ちは素晴らしいことだ。
世界を見よう。
真実を知ろう。
君と同じように他人のことを考えられる大勢の若者がいる。
自分だけが、日本だけがよければではいけないことを学ぼう。
さあ外へ出よう。
世界を見よう。
真実を知ろう。
歩きつかれたら一杯のウイスキーで心を休めて、また歩き出そう。
二十歳の君に乾杯。

君に乾杯
伊集院静


■自然学校には多くの若者が集まってくる。
悩みを抱えた若者もいる。
お金が全てだと思う大人、目の前の利権に群がる醜い大人が回りにいると・・・・・
若者がもっている無限の可能性を摘み取られてしまうと思った。


NICEボランティア任務完了 [2009年02月28日(Sat)]
■2月1日から始まったNICEボランティアキャンプ、3期全てが終了し4名のボランティアを見送った。
2月のプロジェクトが終了したということは明日から3月だ。

■日差しはますます春めいてきた。
3月も攻める展開をしていこう!
豊志@くりこま高原自然学校〓
くりこま高原自然学校の日常 [2009年02月27日(Fri)]
■栗駒に戻り、夕方から築館へ出かけた。
市役所3Fの建設課へ震災で被害を受けた地面の修復の助成申請をしてきた。
その後、市民活動支援センターを覗いた。
今後のセンターの活動について、事務所の千葉さんとざっくばらんに話してきた。
会議室では、市内の中小企業経済同友会(?)の会議があるようだった。
■夜は自然学校に戻り、今夜が最後の夜になるNICEのボランティア4名の送別会が始まった。
自然学校は、全国各地からたくさんの若者がやってきて、そして、帰っていく。
以前、私は、自然学校はスクランブル交差点のようだと言ったことがある。
今は、スクランブル交差点以上だと思う。
スクランブル交差点は、ただ単に通り過ぎるけれども、ここに集う若者は単にすれ違いだけではなく、何かを感じ、何かをつかんで行く。


■2月1日から3期の間に9名のボランティアが来てくれた。山にも上がって雪かきをしてくれ、松倉でもよく働いてくれた、寄宿生とかかわってくれた。
今日はそれぞれ出し物を出し合った。
滞在中をふりかえってくれた。
自然学校の日常の風景になっている。
岩木山と岩手山 [2009年02月27日(Fri)]
■青森・秋田・岩手・宮城。
岩木山麓から栗駒山麓へ移動した。
弘前市内で昼食にシジミラーメンを食べ、東北自動車道に乗った。
栗駒まで約250km。
■今日は快晴。
岩木山、八甲田、遠くに白神山地。
青森、秋田、岩手の山を縫うように走り、岩手山、姫神山、遠くに早池峰山、焼石岳、そして栗駒山。
北東北をあっという間に駆け抜けた。
雪の東北の山々が青空に映えて、
時空を超えて、エミシやイーハトーヴォ・・・・・でっかい大地を走った気がする。

▼岩木山(津軽富士)

▼岩木山神社

▼岩手山(南部片富士)
北側から観るとワシが羽を広げたように見えるのだろうか?巌鷲山(イワワシヤマ)とも呼ばれている。
高校卒業するまで、長く盛岡に住んでいた私にとっての故郷の山だ。

シジミラーメン [2009年02月27日(Fri)]

■岩木山自然学校を後にした。
高田さん、西村さんと充実した時間を過ごした。
■この後、弘前市内まで一緒に出て、高田さん推薦のラーメン店へ向かった。
和歌山≠ニいう名のラーメン店、和歌山ラーメンかなと思ったが、屋号が和歌山で、お勧めのラーメンはシジミラーメン=B
十三湖で取れるシジミが入った、スープがなんとも品が良いラーメンでした。


豊志@くりこま高原自然学校〓
3日間の振り返り [2009年02月27日(Fri)]
▼ペンションワンダーランドの2階廊下の奥にこんなスペースがある。
インターネトができる環境だ。気持ちがいい。

■昨夜は、ゆっくりお風呂(ペンションワンダーランドのお風呂は温泉、源泉の温度は60℃)に入り、語り、ご馳走になった。
今朝は、ぐっすり睡眠をとりことができたので気持ちよく目覚めた。
コーヒーと朝食をいただき、このスペースでブログを書き込んでいる。
出かけるとブログは携帯から写真だけとりあえずアップしページが溜まるケースが多くなる。
そして後からコメントを書き込むことになってしまう。
今も3日前まで遡り、書き込んだ。

■今日は夕方までに栗駒に戻り、築館にある栗原市役所へ行かなければならない。
自然学校の地面の修復が必要なため、建設課へ行って、震災による宅地修復にかかる助成申請をする。
昼前に出発し、西村さんと高田さんと弘前市内で昼食を取ってから東北道で帰路に着く。

豊志@くりこま高原自然学校〓
頭の体操 [2009年02月27日(Fri)]
◆知恵の輪などちょっと頭を使いことが、以外に好きな私。
この夜も一つ難解を解いた。

豊志@くりこま高原自然学校〓
常盤野地域活性化プロジェクト [2009年02月26日(Thu)]
■岩木山の南西山麓、標高約400m、岩木山スカイラインの入り口近くに嶽温泉という温泉街がある、この温泉街の近くに岩木山自然学校の高田さんが住んでいる。
だけ温泉を含めたこの地域を常盤野地区≠ニ呼んでいるという。
約70世帯、200名ほどの集落だ。
くりこま高原自然学校がある栗駒耕英地区の倍の大きさだ。
■高田さんはこので1983年、25年前からペンション経営をされている。
1997年に岩木山自然学校を立ち上げ、世界遺産登録された白神山地も活動のエリアにあり広く環境、ツーリズム、地域づくりに活躍されている。
■今回は、この常盤野地区の活性化の取り組みに呼ばれた。
各地で、少子高齢化過疎化に伴ない地域コミュニティの崩壊、弱体化が話題になり、地域社会の様々な力が失われている。
栗駒もそうであるように、常盤野地区にも同じ課題があるようだ。
▼講演のあとペンションワンダーランドへ戻り、お酒いただきながら雑談した。

■私自身が被災して震災から学んだことをお伝えした。
被災した住民の自治意識や自立意識が非常に重要であることをあらためて知った。
地域コミュニティは、その地域住民の意識によるところが大きい。
行政頼みではなく、住民が主体となる意識が常から問われなければならないと感じている。
昔は自治会、青年団、消防団、子ども会などなど様々な地域のつながりが機能し地域力があったと思う。これが崩れつつある地域が多い。
新たな意識で地域の力を再生することが必要なのかもしれない。
▼同志社大学の西村先生も地域の総合政策が専門なので、一緒に情報交換をした。

▼夕食はご覧の通り
たらふくご馳走になりました。
ハタハタ、ヌタ、アザミ・・・・地元の食材美味しかった。



豊志@くりこま高原自然学校〓
岩木山自然学校 [2009年02月26日(Thu)]

■岩木山自然学校に来た。
ペンションワンダーランドのご主人で、岩木山自然学校の校長、高田さんと再会した。
高田さんには、東北での自然学校仲間としてもいつもお世話になっている。
■どんよりと雲が多かった津軽平野が一瞬にして雲か切れた。
岩木山が綺麗に輝いている。

■岩木山自然学校の代表の高田さんが昨年から取り組んでいる、ここの地域づくり常盤野地域活性化プロジェクト≠フ一環で「災害に強い地域づくり」の講演会に呼んでいただいた。
■地域で展開している自然学校は各地で、地域づくりに頭を突っ込んでいる。

豊志@くりこま高原自然学校〓
安比高原から北へ [2009年02月26日(Thu)]
■安比高原を出て私は北へ向かった。
安比高原からは高速道路に乗らずに下の道をのんびりドライブを楽しんだ。
岩手県と秋田県の県境を縫いように走る道は、雪もたっぷりあり気持ちが良い風景が続いていた。

■秋田北空港は開港10周年とあったが大変綺麗な空港ビル。

■大阪の伊丹空港から飛んできた同社大大学院の西村先生を秋田北空港でビックアップして青森の岩木山へ向かった。
途中で昼食をとり、大館市内を抜け矢立峠へ向かった。
秋田と青森の県境矢立峠は雪も多く背丈が高い杉の木が際立ってみえた。
▼青森にはいり、弘前の手前からアップルロード・岩木山&面の看板があったので左折してこのアップルロードは走ってきた。
道の両側はりんご畑が広がっている。


豊志@くりこま高原自然学校〓
| 次へ