CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年07月 | Main | 2008年09月»
<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
公共の医療の質は? [2008年08月29日(Fri)]


◆あわてて撮ったので、写真の上が写っていないけど、「心の外科」と書いてある。
今日夕刻に大崎市にある市民病院へ行ったときにエレベーターの横壁に掲げられていたものだ。
実は、私の友人が先週から栗原市栗駒岩ヶ崎にある国保病院に入院していたが、昨日急に古川にある市民病院に転院し手術をしたと連絡があり駆けつけた。
幸い手術も無事に済み安静にしていたが、転院し即手術ということをっ聞いたので重病かと心配をして古川に向かったが、そうではなかった。

◆転院した理由は、栗駒の国保病院の対応の悪さが原因で変えてもらったという。
市民生活の重要な、医療、教育、福祉などは、ハードの整備も重要かも知れないが、そこで働く人の姿勢が重要かもしれない。

◆栗原市が経営する公共病院の経営にも課題は多かろうと思うが、この写真のように市民が見えるところに掲げているということは、大崎市民病院、大崎市という行政の医療現場への姿勢が表れているような気した。
友人はここの病院のスタッフは自分の気持ちを分かってくれて処置をしてくれると、昨日までの入院生活のとの違いを話してくれた。

◆しばし栗原の医療の危機について談義して帰ってきた。
旧栗駒町で新しく立て替えられる栗駒の国保病院、築館にある栗原中央病院など、合併前の旧町村にはことごとく新しく病院が建て替えられているが、そこで働く人はどのようによりよくなるのだろうか?
大崎市民病院には彼のようにわざわざ栗原市からくる患者が相当数いるようだ。
隣のベッドの患者さんも栗原市民だった。
暖かい支援、これからのつながり [2008年08月29日(Fri)]



◆一昨日、最後までお借りしていた車を返却に鳴子へ向かった。
北日本自動車学院のご好意で温泉に呼んでいただいた。千葉社長をはじめ、浅井専務の他役員の皆さんと、震災後駆け抜けた2ヶ月を振り返り、じっくりとお話を伺った。
私も震災直後から連日連夜復興へ向け遁走したので、ゆっくりとお話する機会もなくこれまで過ぎてしまったので、ゆっくり皆さんとお話が出来て嬉しかった。

◆多賀城にある北日本自動車学院のみなさんに本当に助けていただきました。
2ヶ月半を振り返れば・・・・・・・
地震発生から3日目に避難指示が出され、16日夕刻にヘリで耕英から下り避難所に入った。
私も含めほとんどの耕英地区は車も山へ置き去りのまま避難してきた。
3日目の段階で避難所には、災害ボランティアセンターが設置されておらず、避難している方々の困ったこと、必要としているニーズへの対応が一切なかった。
私は17日にブログで車があればと打ったら、すぐに反応していただいた方に翌日18日に台の車の支援をいただいた。
ボランティアセンターが設置されていないが私たち自然学校は早速、勝手に避難所の方々の送迎をはじめた。この送迎サービスの新聞記事を見ていただいた、北日本自動車学院から20日の午前中に多賀城市役所を通して、私の携帯電話に支援の申し出をいただいた。
20日の午後からボランティアセンターも設置し、およそ1ヶ月に及ぶ、送迎自動車2台とドライバー2名の派遣の始まりだった。
本当に助かった。
連日支援に駆けつけて着ていただいた社員の方々の働きぶりに感謝感謝の日々でした。
送迎のほか、犬の散歩やイチゴのヘタ取りりやら、耕英地区の方々のために笑顔でさまざまな支援をしていただきました。
社員の皆さんに心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
その後ボランティアで使える車をもう一台を提供していただいた。

◆多賀城から毎日、私たちのためにこれまでしていただける、何故そこまで応援してくれくれるのか分からなかった。自然学校のスタッフは北日本自動学院さんの思いを以前伺って、私も間接的に聞いてはいたが、今回、社長を初め専務から直接うかがって、熱い思いをまた新たにした。
 以前、ある事件をきっかけに、風評被害で一時倒産まで考えた危機があったが、一番どん底の時に、救っていただい経緯があり、そのことを常に忘れないでいるとう。今回被災して大変な状況にある私たちを何とか支援したいと申し出たいということでした。

◆私とスタッフ2名で鳴子で改めて北日本自動車学院の皆さんの気持ちに深く触れることが出来き、この出会いから新しいつながりも生まれた実感を持って帰ってきました。
自動車学校のこともいろいろ伺いました。自動車学校と自然学校、同じ学校として連携できることも見出すこともできました。自分が自然学校で大切にしてきたことが、千葉社長が常々考えていること、大切にしていることと同じであることも感じることが出来ました。

◆地震で失ったものも多いが、得たものも多く、北日本自動車学院との出会いは、得たものの中でも、私にとては大切なものだと感じて帰ってきました。

ありがとうございました。
子どもの心の中 [2008年08月27日(Wed)]
■夏休みが終わり、暮らしが動いた。 くりこま高原自然学校の寄宿制度に「山村留学」がある。親元を離れ地元の栗駒中学に通学する中学生を預かっている。 夏休み前まで3名だったが、昨日、一人転校手続きをして入寮し、4名に増えた。 今朝、学校へ行ったのは2名、2名は学校へ行けなかった。 このところ、連日中学校へ電話する朝が続いている。 ■彼らの課題を解決するために、我々がどのようにかかわっていくべきなのか、スタッフが意識を確認する作業も連日続いている。 ■子どもを取り巻く現状、実態、状況、そして、子どもの心の中で今何が起こっているのか・・・・・これらをそれぞれのスタッフがどう認識するのか・・・、さまざまな情報を振り返り最善の対応を探っている。 ■今日の午前中は二人の子どもと話をして、午後に中学校へ行って中学校側との情報も共有しようと思う。
行政説明のあり方 [2008年08月26日(Tue)]
■今夜も毎週一回の行政説明会が開かれた。

◆先週質問され事項の報告
@避難指示の解除に関して:専門家の地質調査の結果を踏まえて対応しなければならない。センサーを設置して1時間に2mm以上動いた場合が通行止めもありうる。未だに山が動いて、まだ危険な状態が続いているようだ。
Aボランティアを入れて片づけができるかどうか・・・:治安のこともあり、市の消防に片付け要員の要請をしている。戸締りの修繕が優先的に行なってほしい。
B仮設トイレの設置を予定している:耕英東は山脈ハウス、耕英中は耕英分校、耕英南は相談して適所に設置したい。

◆災害に伴い税について

■途中佐藤市長が来られ状況説明をされた■

◆本復旧道路、電力供給復旧工事関係について
本道路は宮城県が予算を取り年内完成を目指している。先日22日から始まった電力の工事は9月19日に復旧するスケジュールで進めているという。馬場駒の湯線の仮設道路から迂回道路に電柱を約60本程度新設する予定で、今日現在で40本程度設置したと言う報告。ことのほか順調に進んでいるようだ。
当初東北電力では復旧には3ヶ月程度を見込みで年内までに復旧させるという回答であったそうだ。年内復旧では冬支度などを考えれば遅すぎると佐藤市長が東北電力まで赴き、早急な復旧工事を要請し、東北電力もそれにこたえて先日から工事に入ったようだ。
企業である東北電力としては、本道路ができる前の仮設道路に電柱を設置することは経営的にはロスかも知れない。
佐藤市長が何よりも私達耕英地区民と同じ復旧に対する熱い想いをもって東北電力へお願いしたことが、企業の経営を超えて動いてくれたと感じた。
電力の工事に伴い、一時帰宅の時間が朝7時受付で午後5時に下山という電力工事に支障がない時間帯に変更され、特別な事情がない限り昼間の通行ができなくなった。
電力の復旧のためには私達もこのことを十分に理解して協力しなければならない。


◆仮設住宅集会所の管理について
管理ノートを設置するので防犯に役立てて欲しい。

■復旧工事の関係者も大変、行政も大変、耕英地区民も大変、それぞれが大変な中でそれぞれの状況を理解し協力しあうことが事態を好転させていくことだろうと感じる。
これまでの行政説明は、結論だけ提示され、「なぜ」と言う疑問が完全に解消されないことが多かった気がする。

今日の説明を聞いて、私たちが感じる「なぜ」と言うことが理解できれば協力していかなければならないことが見えてくると感じた。

■今後の行政説明もこの「なぜ」が少しでの解消され、お互いが理解協力し目の前の状況が好転することを願っている。
本業をどうする [2008年08月25日(Mon)]
◆昨日、震災応援エコツアーの参加者から別れ際に「体を大事に無理をしないで、本業もがんばってください」と励まされた。松倉に校舎を移転し立て直しをしているが、自然学校の基軸になっている、寄宿生やスタッフとともに暮らしを作り、その過程をとおした人づくりの取り組みはなんら変わりがない。。建て直しには、直接的なもの、間接的なものあある。直接的に本業を立て直すことはと、今は本業に結びつかないけれども将来を考えてさまざまな取り組みも必要だ。

◆今日は直接的な動きが必要で、岩手県の葛巻町まで出かける。
被災後寄宿生も避難所に残った者、一時的に自宅に帰った者などがいる。
中には自然学校に籍をおきながら、縁が深い岩手県にあるくずまき高原牧場の研修制度にお願いした寄宿生もいる。
今日は、葛巻での研修期間が終了するので、今後の生き方を考え、今後の身の振り方を本人と親と相談してくる。

◆その前に一関の印刷屋さんい震災でストップしていた印刷を再度進めるために立ち寄る。
確かに地震でストップしていた、あるいは停滞し進んでいなかった物事がたくさんある。

◆自然学校の直接的な部分の多くはスタッフがよくやってここまでがんばってきている。
それそれの課題の対応につまずくケースも多々ある。
今朝から中学生は夏休みが終わり学校が始まったが、すんなり学校へいえる子ばかりではない。今朝一人は学校へ行けていない。何が理由か今はわからない。
時間をかけてその子の本当の気持ちを探るしかない。
葛巻から戻ってからじっくり聞くとする。

◆今から、とにかく葛巻に預けている寄宿生の対応に向かう。
大雨注意報 [2008年08月24日(Sun)]
■一日中雨の中の行動。
昨日から、2回目の震災応援エコツアーを開催している。神戸、長野、東京をはじ県内からもご参加いただいた。
例年、栗駒山やそこに広がるブナの森や世界谷地をガイドしている季節だが、今年は状況が違う。ただ手をこまねいて何もしないのではなく、震災で傷ついた今の栗駒の自然を見てもらうこと。壊されてなくなったと感じる自然を新たなポテンシャルとして考えられないのかトライするツアーでもあった。


◆復興子ども祭を見学


◆夜はスライドレクチャー。震災とボランティアに関してと、耕英地区のイチゴ農家菅原耕一さんも交えて、震災の現状とこれから展望に関して意見交換。


◆松倉から文字へ移動、途中に地震で崩れ滑って道の反対側まで杉の林の一部が移動している。


◆荒砥沢ダムの崩落現場を見学し、ダム堰堤下で山武温泉さくらの湯社長大場さんに震災直後の話を伺った。大場さんは小さいときからここの荒砥沢で生まれ育ち山の隅々まで知り尽くしている。


◆くりこま応援の会事務所に立ち寄って話をしました。


◆明日は岩手県葛巻町へ出かけます。
今日の動き [2008年08月23日(Sat)]
◆明日から東北電力の工事が入るようだ。
昨夜急遽今後の一時帰宅は、7時集合で通行許可書をもらい、帰りは夕方5時。
これまで昼間の12時30分から13時の通行ができたのが、夕方までは帰れなくなる。
今後、電力の工事が終了するまでこの状態が続く。
明日、語午前中だけ一時帰宅を計画していたが、明日が夕方まで帰られないので、今日の午後に上ることにする。

◆今日はその前に築館で10時からシンポジュウムがある。
耕英地区では10時30分から合同慰霊式がある。スタッフが出席する。

◆今日明日はエコツアーを企画している。
夕方からは商工会が企画する復興子ども祭も見学。
夜は、災害とボランティアや復興へ向けたアイディア出しの対話もする。

東北環境教育ミーティングが来月開催 [2008年08月22日(Fri)]
私がかかわっているネットアークのお知らせです。
環境教育の東北地区のミーティングが開催されます。
今回で一区切りの10回目の開催になります。
私も実行委員として参加します。講師・パネラーとも興味深い方々をお呼びしています。
ぜひ興味のある方にご紹介ください。

第10回東北環境教育ミーティングinあきた白神(八峰町)
開催要項
【主催】東北環境教育ネットワーク
【共催】(社)日本環境教育フォーラム
【後援】八峰町・白神八峰商工会・八峰町観光協会・秋田県漁業協同組合・JA秋田やまもと
NPO法人白神ネイチャー協会・秋田魁新報社・北羽新報社
【開催日】2008年9月13日(土)〜15日(月・祝)2泊3日
【開催場】あきた白神体験センター 秋田県山本郡八峰町八の森御所の台53−1 TEL:0185−77−4455
【参加費】一般\13,000 学生¥10,000(2泊6食・体験料・保険料含)
     基調講演・パネルトークのみは無料公開・体験プログラムのみ参加は昼食つきで¥3,500
【内容・パネラー・講師】
■基調講演「鳴子米プロジェクトから学ぶ地域が元気になる方法」
 結城登美雄氏&鳴子米プロジェクトメンバー
■パネルトーク「今が旬!白神山麓のツーリズム・海山水食」
 海:村井敬一郎(秋田県漁業協同組合北部総括支所)
 山:工藤英美(NPO法人白神ネイチャー協会)
 水:山本友文(清酒白瀑.山本合名会社)
 食:笠原幸子(産直おらほの館)
■白神体験プログラム
 @世界自然遺産白神山地のブナの森を歩く
 A 究極のエコツアー・現代の桃源郷手這坂探訪
 B 地産地消の里 八峰町手作り体験ツアー
 C 環境教育プログラム体験
 D 海辺のようちえん・幼少年の自然体験教室
■クロージングトーク「これまでのツーリズム・これからのツーリズム」
広瀬敏通(ホールアース自然学校代表)

【申し込み方法・問合せ先】
NPO法人あきた海辺の自然学校 打矢繁美
〒010-1424秋田県秋田市御野場6−5−9
TEL:018−839-4343 FAX:018−829−2716
E-mail: a_umibe@yahoo.co.jp



復興子ども祭 [2008年08月22日(Fri)]
■栗駒鴬沢商工会青年部が動きました。
毎年7月の最終土日には、岩ヶ崎地区で400年の伝統を誇る“栗駒山車祭り”があります。
私の子どもも小学生の時には山車祭りの前になるとお囃子、太鼓の練習に毎晩集会所に出かけていました。
6月末から7月末は夜な夜なあちこちで、お囃子の練習の音とカエルの鳴き声が響くのが栗駒の風物詩でもありました。
例年夏祭りでにぎわう栗駒岩ヶ崎の町も今年は震災の影響でお祭りが中止されて、静かな夏をすごしてきました。
震災で犠牲になったか方々慰霊と哀悼の日々をすごしてきましたが、栗駒鴬沢商工会青年部が子ども達が日ごろ練習している、太鼓、神楽などを披露し、被災した人たちを励ますお祭りを企画しました。

■よみがえれ ふるさとの山、栗駒 ファイト栗原市
魅せよう僕たち、私たちの底力 復興子ども祭
【日時】8月23日(土)午後4時〜
【場所】栗駒鴬沢商工会館前(旧栗駒町役場前駐車場・仮設住宅となり)
【出演予定】
4:00○白鶯太鼓(鴬沢小学校)
4;30○鳥舞神楽(鳥矢崎小学校)
5:00○鳥舞神楽(栗駒小学校)
5:30○栗駒GOZA−in踊り子隊KIDS(尾松小学校)
6:00○鶴城太鼓(岩ヶ崎小学校)
【出店】
イワナ(耕英地区・くりこま耕英震災復興の会
わたあめ・焼鳥・スイカ・・・・
復興Tシャツの販売。


チョウザメとそれぞれの夏 [2008年08月21日(Thu)]
■夏休みに予定していたキャンプも何とか無地終了した。
地震から夏休みと一気に駆け抜けたこの夏。
スタッフ・寄宿生、みんなで、地震からこれまで日々を振り返りながら、ささやかな打ち上げ会をした。
荒砥沢ダムの堰堤直下にある「山武温泉さくらの湯」でここで養殖しているチョウザメの料理をいただいた。
チョウザメの刺身、内臓、脊髄など、なかなか珍味だった。
最後に今回出席したスタッフ、寄宿生、小生の息子を加え合計13名で、この夏の振り返りコメントを話をした。
それぞれの思いを確認した。

■これからもがんばれそうだ!

| 次へ