CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年06月 | Main | 2008年08月»
<< 2008年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
残されている2台の車 [2008年07月30日(Wed)]
◆仮設道路の開通間近!
昨夜、伝創館で行政説明会と地区民全体集会が開催された。
地震以来道路が寸断し、陸の孤島となっていた耕英地区。
昨夜の行政説明で天気がよければ今月31日に仮設道路は完成するという。

◆耕英地区の避難民は今日も一時帰宅でヘリコプターで耕英地区に帰った。
私も自然学校に久しぶりに帰ってきた。仮設道路が開通し、陸路から入ることが出来るとぐんと復興に近づくと感じる。

◆耕英地区の避難世帯40数戸の中で2世帯は、陸路から耕英地区へ行くことが出来たとしても深刻な問題を抱えている。
それは、この2軒の自宅に通じる道が寸断され、今も自宅に入ることすら出来ず、まして車を出すことすら出来ないか現在の状況である。
自宅に通じる道は、市道からつながる私道であるけれども、被災した市民の財産を守ると言う観点から、この私道を何とかできないものかと思う。

◆中越地震の際にも同じような状況があったそうだ。
中越では、自衛隊がヘリコプターで車を吊り上げる訓練をして、道が寸断した地区から車を取り出すチャレンジをしたと聞く。実際には実施する前に道が通じて解決したそうですが・・・
今回も何とかできないのか、多くの方々にこんな現実を知っていただき、解決策を出してもらいたい。

◆幸いにも私は、自然学校に通じる敷地内の私道は問題がないので、仮設道路が開通すれば、5台の車を下ろすことが出来るので問題はないが、この2軒の地区民の方は目の前に残された車を使う事が出来ない状況だ。

◆こんな中で私は、今後の栗原市の対応に注目したい。
説明会の中での答弁では、この問題に対して対処するような返答であった。
市長が常々発言している被災者が元の生活に戻るまで支援をすると言うことが、実際に栗原市が市民の財産を守るために行政の行動としてどこまで対応するのか注目したい。

◆家の前の道が寸断され、2軒の車が残されているという事態。
このブログを毎日読んでいただいている全国の千名を超える方々も一緒にこの残された2台の車のこの先の行方にご注目ください。

同じ地区民としても何とか出来ないものかと思案している。

パイオニアキャンプ始まる! [2008年07月30日(Wed)]
◆今日からパイオニアキャンプが始まった。
くりこま高原自然学校の夏の恒例の13泊14日の2週間キャンプ。
松倉校を拠点に、前半は「文字」「荒砥沢ダムのさくらの湯」周辺で里山探検。後半は8月6日から10日まで北上川を100km下るリバーツーリングキャンプ。
今年も「冒険」をキーワードにさまざまな活動にチャレンジする。

◆今日はヘリで一時帰宅があった。私とスタッフ計2名で山に上がった。昨日に続き2日連続の一時帰宅だ。
昨日に続きウサギが一羽死んでいた。マザーツリーの近くに埋めた。
家畜の世話をして、散乱した部屋を片づけをしたが、到底終わらない。

◆昨日の行政説明会では、天候がよければ今月31日に仮設道路が通じるとのことだ。来月にはようやく陸路で山に入ることが出来そうだ。

◆山でやらなければならないことが山のようにある。
片付けは相当な手数が必要だと思う。陸路から一般の方も入ることが出来るのなら、たくさんの片付けサポートボランティア必要だ。
山から帰るとなぜかどっと疲れがでる。
10日ぶりの一時帰宅 [2008年07月29日(Tue)]
◆10日ぶりに一時帰宅した。スタッフが2名ヘリで山に上がった。
ウサギが一羽死んでいた。草も生え放題で畑も悲惨な状態だ。
山水がストップしているという、原因が分からない。

◆明日も一時帰宅があるという。明日は私が山へ上がる。
松倉に移り一ヶ月 [2008年07月29日(Tue)]
◆松倉の民家に移動して今日で1ヶ月になった。
あわただしい一月でしたが少しずつ根をはってきた感じだ。
10名を超えるスタッフ・寄宿生が生活していくには不具合もたくさんあるが、暮らしを作るという自然学校の姿勢を持って改善していきたいと思う。

◆これから時間はかかるが、改善が必要な事をプロジェクトで進めようと思う。
皆さんの協力があればと思う。アイディア・労力・資金のご協力をお願いしたい。

@ お風呂プロジェクト:一人ずつしか入れないお風呂を何とかしたい・・・・。何とか秋口までに新しいお風呂建設をします。もちろん薪ボイラーで、石油エネルギーは使わない。

A 洗濯物干し場プロジェクト:梅雨明けしたのにここ数日雨続き、物干し場がないことがつらい。何とかこの人数分が十分に干し事が出来るスペースがほしい。

B 冬プロジェクト:今から冬のことが気になる。山での暖房はほとんどが薪ストーブであったが、ここ松倉の民家は薪ストーブがない・・・ということは灯油のヒーターなのか・・・・とんでもない経費がかかりそう、原油高はしばらく続くでしょう・・・・どうにかして、バイオマスエネルギーで暖をとりたい。薪ストーブかペレットストーブの導入も検討したい。誰かアイディアをください。

C 民家を購入するプロジェクト:山には当分の間帰ることが出来ない。山で根を深く張って頑張ろうとこれまでやってきたが、今回の地震で崩れた。今は「松倉」という里山に拠点を移した。先週森のようちえんを実施したもう一箇所の里山「文字」、これまで「耕英」という一本の足で経ってきたが、ここに来て「松倉」「耕英」「文字」の3本の足を得た気がする。まさに三脚の方がより安定するだろう。この松倉を拠点に据えて今後の展開を考えている。急遽借家で入ったが、田んぼや畑を活用したり、使い勝手を変更したり(お風呂の建設、駐車場の整備など)するためには借地・借家ではなくNPO法人として購入していく方向で考えている。

D 山の自然学校復興片付けプロジェクト:仮設道路ももうじき開通できるようだ。自然学校の片付け、壊れた基礎、石窯の修復など山に登って復旧するたに多くの方々の力を必要としている。

冷静に考えるとまだまだ復興再生へ向けた課題が山積しているようだ。


◆今夜7月29日(火)21時05分〜30分にNHKラジオ第一で、今月12日に収録した番組が放映される。
NHK仙台放送局制作のラジオ番組で伊奈さんがパーソナリティを勤める「ぬくだまりの宿・みちのく亭」で地震のことでそれまでに動いてきたことを話してきた。
収録は12日でだいぶ時間は経過しているが、私もあらためて聴こうと思う。


動きがあるのか? [2008年07月28日(Mon)]
◆家庭訪問で栗駒中学校の担任の先生がやってきた。
自然学校の寄宿生の中には3名の山村留学生がいる。今日は3年生2名の家庭訪問で2名の先生が午後と夕方に交互にやってきた。
テストの成績、進路の話、夏休みの過ごし方など話しをして、普段生活している部屋と勉強机を見ていかれた。
3年生は実家に帰り勉強に励む生活をすることになった。
2学期からは、自然学校での生活を高校受験モードにすることを確認した。
明日はもう一人の1年生の家庭訪問がある。

◆そして自然学校は、あさって30日から2週間のパイオニアキャンプが始まる。
キャンプ後半は北上川を100km漕ぐハードなプログラムもある。

◆明日は水曜日。避難所を出てから毎週一度の住民全体集会が避難所だった伝創館で行われることになっている。
避難所が撤収したその後の動きはあるのか?新しい情報があるのか?気になるところだ。
仮設道路の進捗状況も気になる。いつになったら車で山に戻れるのだろうか?
山から下ろしたいものがまだまだたくさんある。家畜も心配だ。

◆復興の会の動きもなかなか見えない。
31日は山古志村、神戸の方々との交流会もあるはず。
明日の全体会で明らかになるだろうと思う。

携帯電話は入院しました。 [2008年07月28日(Mon)]
◆私の携帯電話とパソコンは入院しました。
この一ヶ月に酷使続けた私の携帯電話とノートパソコンはとうとう入院いたしました。
修理のため数日間使用できなくなりました。修理の見積もりを待って今後の対応を考えます。
携帯に入っている950件のデータを失う可能性があるとの事です。修理期間中に代替の携帯を借りてきたが、かけたい相手の電話番号が分からない・・・・・バックアップをとっておけばと後悔している。

◆一週間後データを復活できなければ、ブログ・ホームページにてお知らせしますので、そのときは皆さんから一度連絡をください。
ダウンした! [2008年07月28日(Mon)]
◆パソコンに続き私の携帯電話がダウンした。
先々週に私のパソコンが故障し動かなくなっていたが、今度は私の携帯電話が故障した。
無理な充電が続いたのだろうか、数日前から充電の状態がおかしくなっていた。
とうとうスイッチが入らなくなった。
今日修理へ行こう!!
“森のようちえん”復活 [2008年07月27日(Sun)]
◆“森のようちえん”親子キャンプが昨日今日と1泊2日でやりました。地震以来の“森のようちえん”です。
いまだに自然学校がある、耕英地区には立ち入ることができませんが、今回は文字地区にあるスタッフの民家で復活開催しました。
40名の親子に参加してもらいました。
たくさん方々にご心配おかけしましたが、皆さんの支援で再開できました、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

◆地震で失ったものも多いですが、新しく得たものもたくさんあります。
新しいフィールドで新しい発想でこれからもチャレンジしたいと思います。
次回からの森のようちえんは、9月から通常通り月に2回のペースで開催します。

◆30日からは、2週間のパイオニアキャンプも始まります。
8月17日〜20日には“カーボーイキャンプ”の乗馬キャンプもやります。
Let’s join us !! Please come to Kurikoma!!!



物事が動いているから安心できる。 [2008年07月26日(Sat)]
◆森のようちえん親子キャンプが今日から始まった。
文字にある自然学校職員の民家で開催している。定員いっぱいの親子合わせて40名も参加していただいた。

◆今夜は7時から、寄宿生の中学校のテニス部親の会の会合がある親睦会を兼ねているらしいので親代わりで参加してくる。その後、9時ごろには森のようちえんの子育てカフェ&バーの合流できそうだ。

◆めまぐるしく動いているが、これで安心できているのかもしれない。途方にくれて立ち止まるより、歩きながら行き先を考えるのもいい。大きく方向が狂わなければ。

東北はやっぱり涼しい [2008年07月26日(Sat)]
◆くりこま高原自然学校に戻ってきた。ヒグラシが鳴き、田んぼの谷を通る風が気持ちがいい。涼しい心地よい風だ。

◆東京から一関に向かい、私が理事をしているNPO法人北上川流域連携交流会の理事会と今年度総会に出席してきた。
今回地震にあったまさに岩手・宮城の両県を流れる大河が北上川だ。

◆くりこま高原自然学校でも夏のキャンプはこの北上川をよく使う、今年も盛岡から平泉までの100kmを下る予定で準備している。2週間のキャンプは30日から始まる。川下りは8月6日〜10日。

◆このNPOの理事会・総会・懇親会に参加し、こんな話を盛り上げて帰ってきた。
北上川の水源から河口まで約250kmをくだり下りる企画。
一昨年の自然学校のキャンプでは盛岡の北にある四十四田ダムから太平洋までの200kmをこぎ下りたことがある。
今回はさらに50km上流のまさに一滴の雫から始まる源からスタートし250kmを歩き、漕ぎきる企画だ。
今回大きな被害を出した栗駒山に源流がある一迫川・二迫川・三迫川、さらに震源域の域の磐井川も下流で北上川に合流する。北上川流域に暮らす人として今回被災し山の川は崩れ多くの犠牲者を出した事実を受け止め、川を憎みだけではなく川と共生する道をさら示さなけばならないと感じた。
れまで通り、いやこれまで以上に北上川流域を愛し誇りにし活動したいという思いを形にするためにこの秋に北上川流域エコツアーさらに復興応援ツアーに結びつけばいいなと思いつつ考えた企画だ。
できるかできないか、れもやってみなければわからない。
北上川を下りながら、全国の皆さんにイーハトーブの天地人を見てほしい。

◆岩手・宮城に流れる大河「北上川」。北上川から見える歴史・文化・風土をもっと全国の人に伝えたい。震災の復興を応援してくれる人たちがここに来てくれる前代未聞の北上川250kmツーリングをこれから企画します。
| 次へ