CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年08月 | Main | 2011年10月»
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
マハゼ釣り [2011年09月17日(Sat)]
▼レクチャーを聞き、鶴見川の土手に出た。
偶然・・・・以前くりこま高原自然学校のスタッフに出会った。子どもを自転車に乗せ、奥さんと土手を走っていた。
新旧スタッフの出会いとなった。

▼私と塚ちゃんでハゼ釣りに挑戦。



鶴見川 [2011年09月17日(Sat)]
▼活動拠点の訪問体験・流域の各拠点へ・・・・
鶴見川流域の5つのプログラムが用意されていた。
@源流(源流の自然満喫)保水の森の散策
A上流(首都圏ダイナミック治水を知る)
    鶴見川多目的遊水地+川和遊水地
B中流(鶴見川多目的遊水地体感)
    鶴見川流域センター
C下流1(味覚体験)綱島バリケン島
    ハゼ釣り・投網・・・ハゼの天ぷら
D下流2(東京湾の潮風を流れで感じる)
    カヌー・Eボートいろいろ試乗

▼Cに参加
鶴見川のすべてを知る岸由二慶応大学教授の案内で興味深い時間になった。
鶴見川の今昔、ハゼとい魚のこと・・・・・

RAC [2011年09月17日(Sat)]
▼NPO法人川に学ぶ体験活動協議会(River Activities Council)通称RACと呼ばれる全国のネットワークがある。
年に一回、全国のRACメンバーが集まる大会がある。
今年で11回を数える川に学ぶ体験活動全国大会は神奈川の鶴見川流域をフィールドに行われた。
日吉の慶応義塾大学を会場に全国から300名ほど集まった。
10:30 開会式
主催者挨拶 大会実行委員長 岸由二(慶応大学教授)
        NPO法人RAC 副理事長 藤芳素生
祝辞 国土交通省無図管理・国土保全局河川環境課長 小池剛
歓迎挨拶 神奈川県知事 黒岩祐治
朝靄 [2011年09月17日(Sat)]
■始発の新幹線に乗っている。
今週は丹沢から戻り、RQボランティアセンターのこと、バイオマスネットワークが取り組むプロジェクトのことそして、くりこま高原自然学校のこれからのこと。・・・・・いろいろな課題を処理をした。
震災から半年が過ぎ、被災地域も、被災者も、ボランティアにもいろいろな思惑がうごめいている。醜いネガティブな思いが生まれている。醜いエゴがある。3年前と同じだ。
私は、これらのネガティブな思いを強い決意で受け止めている。何とか壊してクリエイティブなポジティブなベクトルが働くように・・・・・。
そんな訳で、ここ数日のブログの書き込みは写真だけのアップで文章が十分にかけなかった。いつものとおり遡って書こうと思っていたが、今はその元気がない。

▼昨夜も遅く(正確には今日の未明)に耕英にもどった。最近は意識をして山にいることにしている。自分の大切な居場所にエネルギーが枯れないように・・・・・。

▼今日からしばらく出張だ。横浜〜長野〜東京〜仙台・・・21日遅く栗駒に戻る。
17日・18日は神奈川の日吉にある慶応大学でRAC(川に学ぶ活動推進協議会)の全国フォーラム、19日は長野市飯綱高原で全国森のようちえんネットワークの運営委員会、20日東京で、21日は仙台で震災復興に関する打ち合わせ。

▼今朝は、新幹線の始発に乗るために早起きをした、昨夜は床に就き時間が遅かったが、目覚めもよく朝もやの中山を下りてきた、途中届ける資料があったので松倉に寄った。
松倉の起床時間の6時30分の前だったのでまだ動いていなかった。犬は散歩を催促して吠えていた、
松倉の田んぼも稔りの秋を感じさせる。
朝もやの気持ちがいい空気をすって出てきた。

| 次へ