• もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
理解ある行政に感謝! [2011年03月20日(Sun)]
■理解ある登米市に感謝している。
今日は、登米市総合支所を訪ね、このアウトドア義援隊<vロジェクトが大きく前進した。
サテライト基地の使用を行政にお願いをした。
急なお願いでなかなか趣旨を理解していただくことが難しいと思ったが、今回の地震で被災した方々のために・・・をお互い考えれば何が一番いい選択なのか、一緒に考えることができるのか・・・・。
行政という組織の中のアレコレではなく何のため、誰のためにを考えれば協働、連携が可能なのだ。行政担当者の賢さで官民が連携し市民のためにできることが広がるだろうと感じた。
特に今回のお願いは、登米市民のためというよりは、登米市の隣の気仙沼をはじめとする津波の被害を受けた沿岸地域に住む市民のためにお願いしている。
登米市も隣の市民の避難者を受け入れる容易もしつつあるという。
登米市に感謝している。

■日本の森バイオマスネットワークでも震災支援に取り組んでいる。バイオマスネットワークが持つネットワークで、ペレットストーブの設置支援だけではなく生活支援も行い生活必需品の支援物資の配給にも務めている。
もちろんペレットストーブの設置で被災者の応援もしている。
まだまだ春が遠い東北では朝夕は冷え込む。各避難所でも暖を取るために苦慮している。特に今回はガソリン、灯油がなかなな手に入らず寒い思いをしている被災者も少なくない。
日本の森バイオマスネットワークでは、エネルギーとなるペレットを地元の森林資源からつくり雇用と、産業の再生に取り組んできている。これを機会に石油エネルギーではなくバイオマスエネルギーに転換することが新たな復興の材料になると確信している。

延年閣という温泉施設が栗原市にある。津波の被災者を受け入れる用意があると耳にした。
燃料が入り難い暖房もこの際ペレットストーブに切り替えるという話もあるというが、なぜか市の上層部からストップがかかったという。
この報告を耳にしてまたがっかりしている。
ペレットストーブの設置、ペレット燃料を震災の支援で設置し被災者に十分に暖を取ってもらうことのどこにストップをかける理由があるのだろうか?

誰のために働いているの?
昨年から栗原市D課とやりとりしている某課長と全く同じ構造なのかと報告を聞き感じた。
誰のために動くのか・・・・
何のために行動するのか・・・
ペレットストーブに対する栗原市の答えを待っている。
サテライト基地 [2011年03月20日(Sun)]
▼宮城県北部の海岸線、南三陸地域の支援を強化する。
気仙沼から南下して本吉、歌津、志津川、雄勝、女川を支援のエリアにするために、サテライト基地を仙台から登米市大和に移した。
昨日から知人を介して適地を探していただいた。
登米市大和総合支所をたづねて、今取り組んでいるプロジェクトについて説明し協力をお願いした。
▼登米市も震災で大変なところ、私たちの活動の意図を理解していただき、対応していただいた。
大和総合支所からほどなく離れた、廃校になった鱒渕小学校の体育館を借りくことができた。
明日からここがサテライト基地で転送からの荷物を小分けにして、各被災地へ支援物資を届けることになる。


作戦会議 [2011年03月20日(Sun)]
▼全国からの支援物資の集積地を天童に移し、今日から新しく動きはじまる。
全国かた支援物資がここに集まるが、全国から熱いアウトドアマンもここに集結する。
朝8時第一回の作戦会議。

テント村の朝 [2011年03月20日(Sun)]
■山形県天童市に新し支援拠点を作った。
全国からの支援物資の集積基地になる。これまで石川県羽咋市にあったモンベルの流通センターが集積基地だったが、これからはここに全国からの支援物資が集まる。
長期戦、しかも大量の支援物資を流通させるには今後多くの手数が必要となる。
ボランティアが必要になるのだ。
我々はキャンプ屋だどこでも泊まって、食って、生きることができる。
多くのアウトドアマン手を貸してくれることを期待している。


▼山形県天童市、山形空港の南にある工業団地の大きな倉庫をモンベルの辰野会長が借りたようだ。
大勢の人間が作業ができる空間が確保された。
Toyoshi Sasaki 〓

| 次へ