CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年08月 | Main | 2010年10月»
<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
青空カフェ [2010年09月19日(Sun)]
▼この連休は、山小舎森のくまさんの駐車場で青空カフェ≠やっている。
震災でレストラン営業をしていた山小舎森のくまさんのログハウスが被災したままだが、美味しい珈琲を飲んで語らうスペースを用意した。
メニューは文字の石窯で焼いてきたパンの他ワッフル、チャイ、エスプレッソコーヒーを用意した。

▼震災で全国の方々から「くりこま高原自然学校宛」にいただいた支援金はこれまでの2年間に自然学校の経営とスタッフが継続して活動するためにゆっくりと使わせてもらった。何とかこれまで自然学校もつぶれずに10名のスタッフも事業も維持しながらここまでやってきた。
▼しかし、行政(社会福祉協議会?)から被災住民に支給された一律200万円足らずではこの大きく壊れた建物を修繕することができない。
観光行政の観光施設への支援もまったくなく営業のメドがたたない。
以前も書き込んだが基礎や設備がが大破しているのに建物が壊れていないので、施設の損害に対する支援はない。まったく支援対象にも補助対象になっていないのだ。
というわけで、いまだに飲食・宿泊営業が再会できないでいる。
耕英地区のほかの観光施設は再開しているが、くりこま高原自然学校の施設はまったく手をつけられない現状なのだ。
来年には何とかしたいと考えている。
▼耕英地区に通ずる県道が開通したので、山を訪ねてきた方が寄ってくれた。
震災の時の話しが絶えない。これからが本当の復興のあり方を問われると思う。


▼未来の耕英地区の事の夢を再び語り合える時間が生まれた。

▼驚くほどたくさんの方が見えた訳ではないが、お陰様でオープンから弊店まで人が絶えず皆さんはゆったりとした時間を過ごしていかれた。
連休3日目の明日もオープンする。


Toyoshi Sasaki 〓
| 次へ