• もっと見る
« 2009年02月 | Main | 2009年04月»
<< 2009年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
自分の哲学と具現化する仕組み [2009年03月18日(Wed)]
■自分の哲学を持つこと。それは自分流の生き方であり、あらゆる行動の基準にもなる。
哲学を具体的に表現することが社会への自分流の関わり方であると思う。

■冒険教育から多くを学んできた私にとって、生きる姿勢は、「未知の事」「容易ではない事」「結果が保証されない事」「危険が伴う事」に対して「自分の意志で挑戦する」という行動で示してきた。さらにその行動が、自分の能力を生かすことで多くの人の幸せにつながるという具体性が伴う。具体化する仕組みはそれが基準になるだろうと感じている。

■私費を投じて何もないところに自然学校を建設したのも自分の哲学からだ。
何もない所から始めたので「捨てるものは何もない」という強さがあった。
時が流れて、気が付くと「捨てられると困る」という事実も生まれているということも、最近になって強く気付かされている。

■一歩踏み出すことと、踏み出さないことは些細な違いかも知れないが、後になって大きく舞台は異なることになる。こんなことを今までに実感してきたことも事実だ。

■今、ある事で熟慮している。
哲学、いわゆる自分の思いを形に、具体的な行動にする方法を思案している。

■ちょうどあと一ヶ月で私は52歳になる。この一月がまた自分を大きく成長させてくれることだと思う。
完全に春だ [2009年03月18日(Wed)]
■冬には防寒の威力を発揮する革のコート。今回ばかりはお荷物だ。
東京はTシャツ一枚で十分な陽気だ。
■今朝のテレビで桜前線が異例な早さで北上していると言う。
■私としてしては、もう少しキリッとした空気を味わいたいのだ。
とにかく今日の東京は暑い。これから新幹線に乗ってくりこま高原駅に向かう。降りた時の空気が楽しみだ!
豊志@くりこま高原自然学校〓
| 次へ