• もっと見る
« 2008年12月 | Main | 2009年02月»
<< 2009年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
雑感・久しぶりの栗駒 [2009年01月19日(Mon)]
■2週間ぶりの栗駒に戻って
午後は築館にある宮城県の合同庁舎へ向かった。
明日提出する資料に宮城県の収入証紙が必要なので購入しに向かった。
せっかく合同庁舎に来たので、以前に耕英地区の地域振興の県事業でお世話になった方訪ね4階へ寄った。
震災後初めて顔を出した。30分ほどさまざまな話をした。
もちろん震災後のこと、自然学校のことも心配していただいていた。彼らも県の立場で被災地域に入って大変だったようだ。

■その後、年明けにオープンした、市民活動サポートセンターにも寄った。
残念ながら、今日は休みだった。
会議室で「コミュニティの自立」に関する会議をしていたようだが、フロアには誰一人いなかった。

■夕方、一度自然学校のスタッフミーティングに戻り、その後、再び出かけた。
地域のある会のために担当者に会いに出かけ、今自然学校に戻った。
スタッフは夕食後、狭い事務所でスタッフが午前中のコンセプトミーティング担当領域ごとにその続きの会議をしていた。私は夕食を食べそびれた。
■自然学校は狭い事務所にこんな時間でも活気と熱気がある。
何かを生み出すエネルギーは、やっぱり人の“思い”だ。
自然学校のスタッフはみんな熱い思いを持った頼もしい若者ばかりだ。

■ハードだけが優先する栗原市市民活動支援だが、今日立ち寄った新庁舎に思いを持った多くの市民でに賑わい、市民社会の形成に是非生きた施設になって欲しいと思った。

■今日も一日ばたばたと動いた。明日は仙台へ出かける。
夜になって風が強くなり小雪も舞っている。
2週間の葛巻の寒さに慣れて、栗駒の寒さが気にならない。
明日は暦の上の“大寒”。
この季ならではの寒さを楽しもうと思う。
■足元がスースーする事務所で明日提出の資料をこれから書き上げるとする。
全員集結・知恵を集結 [2009年01月19日(Mon)]

■今年初めて自然学校のスタッフが全員が集まった。
今日の午前中は昨年末から検討してきて、留守部隊が進めてきた自然学校が目指す復興計画のコンセプト会議をしてる。
これまでの自然学校のあらゆる知恵とネットワークを結集して取り組む。
完全エコビレッジ化を目指しす。本格始動だ。
■5年、10年、20年先をにらんだ取り組みだ。
目先の利害に翻弄されない次代の本物の暮らしを目指す。

豊志@くりこま高原自然学校〓
| 次へ