• もっと見る
« 2008年12月 | Main | 2009年02月»
<< 2009年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
明日朝6時40分TB C=?iso-2022-jp?B?GyRCJWkbKEI=?= ジオ [2009年01月12日(Mon)]
■明日朝6時40分。TBC東北放送ラジオに電話出演します。
くりこま高原自然学校が作った地震の報告書について話します。
宮城県内、岩手県南、福島県の郡山ぐらいまで聴えると思います。周波数は1260キロメガヘルツです。
豊志@くりこま高原自然学校〓
イグルー設計図話し合い [2009年01月12日(Mon)]
8日目の夕方
■私も子ども達もくずまき高原牧場に帰ってきた。
スノーワンダーランドは後半戦。いよいよイグルーづくりが始まる。
焼き肉ハウスで、私からイグルーづくりのためのお話をいした。
スノーワンダーランドの3つの目標が大切んbになること・・・
子ども達から意見を聞いた。
自然:雪、冷たい、風、太陽・・・・今夜自然と向き合おう。
自分:成長、思いやり、がんばる、協力する、考える、体を使う・・・・・など
仲間:協力、役割分担、思いやり・・・・・など
いろいろな言葉が出された。
思いを確認し今日からイグルーの設計図をつくり、明日から実際にイグルーをつくる。
途中でつまずいたり、対立したり、上手くいかなかった時は、この目標も立ち戻りみんなで課題を解決する努力をしようと確認をして、各班のコテージへ向かった。
そして、早速イグルーの設計図を作る為の話し合いが始まった。
■明日の午前中までに各班で設計図を完成させ、イグルー設計図の発表会のあと、明日の午後から実際にイグルーづくりが始まる。



■どの班も久しぶりに顔を合わせた仲間と設計図づくりに入って議論が始まった。
豊志@くりこま高原自然学校〓
ペアレントデー [2009年01月12日(Mon)]
8日目の昼
■間に合った。仙台駅でダッシュしたかいがあった。ペアレントデーの昼食会の途中から加わった。私のビデオレター放映の直後だった。
■カウンセラーから前半の各班の子ども達の様子を報告した

■たくさんの親御さんに来ていただいた。
ちょっとホームシックにかかっていた子は、少しは心が癒えたかもしれない。
午後2時には終え、親との再び訪れた別れでまた寂しくなったが、涙をじっとこらえる姿を見て、さらにその子を強くしてくれるだろうと思う。
帰ってきた子ども達に再会をしてまた、深い体験ができたと感じている。。

■このスノーワンダーランドには、子どもの健全な成長を願い支えているたくさんの人たちの思いが集まっています。
今日のペアレントデーはそんな思いを一緒の時間に共有できる貴重な時間だと感じました。
2週間という長い期間親元を話して私たちに預けてくださる親御さん、3日間にわたって受け入れていただいた酪農家のみ家族のみなさん。そして今日はこれまでに参加してくれたOB、スタッフOBと多くの方に参加していただきました。
みなさまに深く感謝申し上げます。

◆最後に、このブログにコメントを書いていただいた、遠藤さん、ジョリ、ふみくんのママ。コメントありがとうございました。今日ゆっくりお話しできず失礼いたしいたしました。
これからもブログにコメントをお送りください。
こんな多くの人たちの気持ちに支えられて、私達スタッフも、子ども達と共に、2週間という限られた時間を大きな貴重な体験になるようにがんばりと思います。

豊志@くりこま高原自然学校〓
いわて銀河鉄道 [2009年01月12日(Mon)]
■“いわて銀河鉄道IGR”盛岡以北、八戸までの旧東北本線がJRとは別の鉄道会社になっている。
■宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を連想させるネームミングだ。
■今朝、1000kmちかくはなれた大阪から飛行機・新幹線・ローカル鉄道と乗り継ぎ、葛巻へ近づいて来た。だんだんとスピードを落としながら来て、だんだんと雪景色になってきた。
豊志@くりこま高原自然学校〓
2分間のダッシュ [2009年01月12日(Mon)]
■仙台空港からアクセス鉄道で仙台駅へ向かう。時間を確認したら仙台駅着11時ちょうど。仙台駅から指定を取った乗り換えの東北新幹線はやては11時02分。乗り換えに与えられた時間はわずか2分。ダッシュした。在来線ホームから新幹線ホームまで。階にして1階から3階、距離は?
■間一髪、飛び乗った。心臓バクバク、汗が吹き出した。
■何故こんなに急いだのか。実は今日はくずまき高原牧場スノーワンダーランドの8日目で子ども達が酪農家のホームステイから戻り、お世話になった酪農家さんと1週間ぶりに親も来てと一緒に昼ごはんを食べるペアレントデーなのだ。
■キャンプディレクターとしてはキャンプ前半の子どもの様子と後半への取り組みについて報告しなければならない。
■ペアレントデーは正午から2時まで。何とかこの列車に乗ったので、途中だけど1時過ぎに着けそうだ。逃せば2時を過ぎ間に合わない。
■不測の事態を想定して、親御さんへの報告は、ビデオレターを撮ってある。
■急ぎ葛巻へ向かっている。新幹線の車窓から見る景色は、岩手県に入り一関から少し白くなってきた。
しかし、盛岡に近づいたらいつもよりも雪が少ない。イグルーづくりが心配だ。

豊志@くりこま高原自然学校〓
神戸に住む旧友と会う [2009年01月12日(Mon)]

■昨夜は大学の同期の旧友と再会。
昨夜は西宮にある関西学院大学まで迎えに来てもらって神戸の自宅に泊まらせもらった。
彼は大学の教授になって各方面で活躍している。
■お互い50を過ぎた昨夜から色々話した。

■かれも今日東京にでるので伊丹空港まで車で送ってもらった。
■9時00分発で仙台空港へ飛ぶ。
豊志@くりこま高原自然学校〓
| 次へ