• もっと見る
« 2008年12月 | Main | 2009年02月»
<< 2009年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
(無題) [2009年01月08日(Thu)]

豊志@くりこま高原自然学校〓
スノーワンダー日記を書く [2009年01月08日(Thu)]
4日目の夜
■星座観察のあとは、冷えた体を温めるために入浴タイム。
お風呂は班毎に入るので、待っている班は一日を降りかえり日記を書く。
一日を振り返って、うまくいかなかった事を書くこで子どもとスタッフが共有し、明日からの活動に活かしていく大事な日課になっている。

豊志@くりこま高原自然学校〓
スノーワンダー星座観察 [2009年01月08日(Thu)]
4日目の夜
■星座観察。7時から8時15分まで快晴無風の絶好の条件で星座観察をした。
こんな好条件は今までになかった。
西の空に金星が輝き、天空に月が光り。大宇宙の息吹を全身で感じた。
気温もどんどん下がったが、完全防寒でしっかり先生の話を聞いて、天体望遠鏡ものぞき熱心に宇宙のことを考えた。

■冬の星座の代表、オリオン座、子犬座・大犬座・・・冬の第三角もしっかり見えた。
月の周りにはぎょしゃ座・・・・・・

■月のクレーターもしっかり見た。西の空に沈みかけている金星も観察。ややオレンジ色に見えたと子ともたちの感想。なぜ赤くなるか?こんな疑問も解決!
観察中に金星は西の山に沈んだ。

■最後に質問がたくさん出され、星座観察の先生の解説を集中して聞いてみんなのいろいろな疑問も解決した。
1年生の子が質問した「なぜ星があるの?」・・・・純粋な疑問が新鮮に感じた。

◆携帯電話のカメラで写した写真をアップしてきたが、今夜の星座観察の模様が暗すぎて写らない。携帯にはフラッシュがない。諦めかけていたが、一眼レフのカメラで記録写真をとっているスタッフと連携してタイミングを合わせて撮ることができないか挑戦した。
絶妙なコンビネーションでご覧の写真をとることができた。凄いでしょ!
豊志@くりこま高原自然学校〓
スノー夕陽のガンマン達 [2009年01月08日(Thu)]
4日目の夕方
■自由時間。2班は雪合戦。





豊志@くりこま高原自然学校〓
アニマルトラッキング発表 [2009年01月08日(Thu)]
4日目午後3時30分
アニマルトラッキングの発表会
■2・3班もアニマルトラッキングの発表準備ができ、全員焼肉ハウスに集合した。
■時間をかけてみんなで考えた。

▼1班:地図が上手にかけて、どこを歩いたのかよくわかる発表でした。


▼2班:発見した動物の足跡の図も入れて工夫していた。

▼3班:足跡ばかりではなく、サルノコシカケ・ヤドリギ・白樺の樹皮は燃える・・・さらに途中で見つけた動物の糞を持ち帰って水で溶かして観察したこと。・・・一人一人の感想も発表した。

▼今回の発表は、班というチームで一つの発表をするという初めてのトライだった。
うまく話し合いができなかったこと班があり予定の時間で仕上げることができずに発表が午後3時過ぎにまでのびたことは、次のグループワークの時に活かされる事を確認して発表を終えた。
マスターからは、発表を聞いての感想を話した。足跡を気にして歩くと足跡をたくさん発見するように、感度がいいアンテナを持つといろいろな事に気がつく。これからもいろいろなものをキャッチするアンテナを持とう。チームで一つの事をなしとげるために、努力した結果が伝わってきた。これからもチームで何かを成し遂げるときに自分の意見を言おう。人の意見も聞こう。
子どもたちは昨日から取り組んだアニマルトラッキングと発表会を通してたくさんの事を学んだと思う。
今回の話し合いの経験は、後半に待ちかまえている“イグルーつくり”の設計図づくりの話し合いに活かされるだろう。


豊志@くりこま高原自然学校〓
スノータイヤチュ〜ブそり [2009年01月08日(Thu)]
4日目の午後
■午前中にアニマルトラッキングの発表の準備を済ませた1班だけは午後一番でタイヤチューブのソリ遊びに興じていた。。、








豊志@くりこま高原自然学校〓
スノーワンダー交流会 [2009年01月08日(Thu)]
4日目の昼食はくずまき高原牧場の社員のみなさんと交流会
■くずまき高原牧場には約100名の社員の方々が働いている。
今日の昼食は、2週間牧場のあちらこちらでお世話になっている牧場の社員の方と一緒の食事会となった。
会場は牧場内にある「もく・木ドーム」
今日は約50名の社員の方々に集っていただきしばしの間、小さな交流ができた。

■メニューはカレーライス
疲れがたまってちょっと食欲が落ちていた子もカレーを残さず食べた。
子どもの食欲を誘導する「カレーライス」の力はやっぱりすごい。



■最後に子どもたちが全員壇上のあがり自己紹介をした。
大勢の前でマイクを持ってする自己紹介は特に小さい子どもにとっては「心の冒険だ」
緊張しながら話す体験も子どもたちにとっては貴重な体験だ。

スノーワンダー共同作業その1 [2009年01月08日(Thu)]
4日目の午前
■アニマルトラッキングの発表の話し合い。昨日一日歩いて発見したことやトピックス、ハプニングをまとめ発表します。
スノーワンダー体験から学ぶ [2009年01月08日(Thu)]
4日目午前
■スノーワンダーランドは初回から一貫して3の目標を掲げてきた。
●自然・冬と言う自然と葛巻町のもつ環境を存分に体験すること。
●自分・生活や活動を通じて自分と向き合う。自分の思いを伝えること。行動に起こすことができる。
●仲間・チームの活動を通じて人や社会との関わり方を学ぶ。
■この目標が常に根底に流れ、喧嘩、トラブルや対立が起こった時に立ち戻る。■4日目に入り、そろそろお互いが見え始めトラブルが起こり始めた。朝食のあと、3班が何やら話し合いをしていた。

豊志@くりこま高原自然学校〓
スノーワンダーランド朝ごはん [2009年01月08日(Thu)]
4日目の朝
■今朝も子牛の世話をしてきたので朝ごはんは8時30分からだ。
食事はくずまき高原牧場にある交流館プラトー。小さなホテルだ。ここのレストランで毎食セルフで食べる。

■自分の家で食事をするのと違い、キャンプ中は大勢の中で食事をすることになる。
好き嫌いはもちろん、ちょっとした食事のマナーも一人一人違う。
1日3回キャンプ期間中実に39回の食事をともにする。
箸のの使い方、食べる時の姿勢、残さないように・・・・等々
みんなで楽しく食べる体験の中で食事のマナーも伝えてみたい。
キャンプ中の陰の目標は「食う、寝る、出ぁ〜す」ということは子どもたちもよく知っている。
子どもたちが一生懸命に食べる姿を見ると私も元気が出る。




豊志@くりこま高原自然学校〓
| 次へ