CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年09月 | Main | 2008年11月»
<< 2008年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
自然体験活動推進協議会 [2008年10月24日(Fri)]
■JONミーティングの黒松内から、約120km移動。
今日からCONE(自然体験活動推進協議会)お全国フォーラムが小樽で開催。
全国から100名を超える仲間が小樽に終結した。






■初日の基調講演
Borge Dahie氏(ノルウェー・スポーツ科学大学体育学科)から、ノルウェーの人たちのフリルフスリフについて講演された。
フリルフスリフとは英語で直訳するとフリー・エアー・ライフ(free air life)いわゆるアウトドアアイフと訳される。
家族が森や山へ出かける。魔法瓶をもってコーヒーや紅茶、子どもはココアをたっぷり持ってバックパックをして出かけること。
ノルウェーでは自然の中は誰の土地でも自由に歩くことができる。ノルウェーではフリルフスリフは親から子へ受け継がれ、教わるべきルールも存在している。
外国生まれのアウトドアアクティビティとのように、人間の都合で組み立てられたものとは違っていて、ノルウェーのフリルフスリフはディープエコロジーの根源である。
もっとも印象的だったのは、伝統的な暮らしを大切に継承しながら、モダンなことをとり入れていくこと。古い建物をリフォームしおしゃれに取り入れていることが印象的だった。






キャンプオヤジ集まる [2008年10月24日(Fri)]
■JONの原点はこれだ。
オヤジの飲み会から発したJON。
顔が見える仲間と酒を酌み交わす中からいろいろなものを生み続けてきたJONである。
乾杯委員長の初代JON運営委員長の丸茂氏(日本児童野外教育研究所)の乾杯の発声がなければ始まらないJONの本当の姿がこれだ。
今回も北の大地で“かんぱぁ〜い”の声が轟いた。





■今回同行した娘の目的のひとつ、「親父がどんな人間と付き合っているのか知る」
このJONの夜の交流会こそがその目的を果したと思う。
熊本の山口さん、沖縄の中根さんなど、九州沖縄からも北海道まで集ってくるオヤジたちのパワーを知ったに違いない。

娘曰く、「ここではパパも普通に見える」
そして、「もっとおしゃれをしたら」というアドバイス。
なるほど確かにJONのメンバーはアウトドアギアはおしゃれに着こなしている。



JONミーティング [2008年10月24日(Fri)]

■JON(日本アウトドアネットワーク)という私にとって大切な仲間が集まる団体がある。
全国にいる、アウトドアに関連することを生業にしている者の集まりだ。
春と秋に年に2回ミーティングを開催している。春は5月に首都圏で開催し、秋は全国にいる会員が活躍している地方で開催している。
今年の秋のミーティングは北海道黒松内。
会員である“ねおす”が活動している「ぶなの森自然学校」を会場に全国から50名ほどの会員が集まった。

■黒松内に入る前に、函館に前日入りした仲間と合流し、一緒に北上した。
途中、大沼公園によって紅葉の大沼公園を散策、長万部でカニ飯定食をいただいて、黒松内に入った。

| 次へ