CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« くりこま高原自然学校 | Main | 森のようちえん»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
任務完了 [2012年01月16日(Mon)]
▼例年の任務完了≠ヘ、プラトーの前で行われ、私が隊員に見送られて、栗駒に帰る。
今回は、なんと新幹線「いわて沼宮内駅」の前で見送られた。
何故かというと、新幹線に乗って帰宅する子どもは牧場のマイクロバスに乗ってこの駅まで来る。が、バスを降りた子ども2名・・・と、なんと添乗してきた2名のスタッフの4名の荷物を忘れてきたことが判明した。
この事態の連絡を受けて、急遽、キムが荷物を届けにいわて沼宮内駅へ向かった。

▼上り15時22分発の列車に、組が付いたのは15時18分、4分前。
スタッフが荷物をもってホームに駆け上がって、ぎりぎり間に合った。という。

本当に最後の最後の任務が終了した。
宇宙戦隊、ピッツ!
左から、キム、おまつ、アザラシ、まゆげ、あお



▼見送られて、岩手山を観ながら帰路に就いた。


別れの時 [2012年01月16日(Mon)]
▼カウベルホールでの退村式を終えて、全員が外へ出た。
前夜に熱く最後の夜を過ごしたスノーシアターの客席へ全員が乗った。
ステージからカメラを向け最後の集合写真。

▼とも・きよが再び登場!
全員で、「宇宙戦隊!ピッツ!」で決めた。



最後の食事 [2012年01月16日(Mon)]
▼最後の食事は、立食ランチ。
くずまき高原牧場ヨーグルト&牛乳で乾杯!

▼バイキングで好きなだけ食べた。

▼カラオケでBGMを流していたら、合唱が始まった。

それぞれの向き合い方 [2012年01月16日(Mon)]

■自分に向き合い、2週間を振り返りシートに書き込む時間。


ふりかえること [2012年01月16日(Mon)]
■スノーワンダーランドの最終日。快晴、無風。
片付け、掃除を済ませ荷物をまとめてカウベルホールに集まった。
2週間をふりかえって、自分に向き合う。


▼キムから、2週間を振り返る時間の意味を伝えられ、スノーワンダーランドの全体の目標
である自分∞仲間∞自然≠最後にしっかりと振り返りましょう。という話。

約20分間、一人の時間の中で向き合い紙に思いをつづる時間になった。
2週間で育んだ絆 [2012年01月15日(Sun)]
▼最後の出し物はカウンセラーチーム。面白おかしく2週間のキャンプをふりかえった。
最後にカウンセラー一人ひとりが子どもたちへメッセ―ジを伝えた。

▼最後に子どもを代表して、たーくん(尼野尊彬)から終わりの言葉を発表してくれた。2週間を振り返り、様々な体験をしたこと、ケンカをしたこと、自分が学んだこと、これから学校へ帰って頑張ることなど大切にすることをしっかり発表してくれた。

▼班ごとにランタンをもって、イグルーへ入った。最後の夜の時間を過ごしている。
誰もいなくなったスノーシアター<鴻Eソクの炎の灯りだけが揺れている。
明日で今年のスノーワンダーランドが終了する。
最後の夜 [2012年01月15日(Sun)]
▼スノーワンダーランド最後の夜
今日午前中から全員で創り上げたスノーシアター″ナ後の思い出を作った。
今日は早い夕食。18時にスノーシアターがスタートした。
▼最初の出し物は本部のスタンツ
本部の恒例、宇宙戦隊。今年のストーリーは、宇宙戦隊はスノーワンダーランドに登場して10年になる。隊長のマスターも高齢になり、後継者問題が持ち上がった。新人隊員のトレーニングが急務となったストーリー。
子どもの中からスカウトしたちびっ子隊員も加えて展開した。
とも・きよのアドリブが会場を盛り上げた。

▼今夜も冷え込んでいる。雪も舞いはじめたが、観客席は真剣に出し物を見ている。

▼各班の出し物が続いた。
これは4班の出し物で2週間のキャンプでのトピックスを劇にしている。

▼2班
男の子だけの元気が良い班だった。
クイズ形式も押し混ぜて、2週間をステージと観客席が一体となって盛り上がった。
凄い、小さな力の結集 [2012年01月15日(Sun)]
▼11時45分
午前の作業を終了した。
スノーシアターの壁の9割が完成した。

▼全員でステージに上がった。

▼今日の昼食は久しぶりにプラトーの食堂。
携帯電話のバッテリーがなくなって、午後のブログ用写真撮影のために昼食時間に充電をすることにしたので、今日の昼食の写真は割愛します。ちなみにメニューは親子丼でした。


▼午後は子どもたちは、スノーシアターでの出し物作りに専念します。
スノーシアターは本部スタッフで仕上げます。
壁を完成させ、ステージを高くして、客席、階段をつくり、最後に照明として使う、ローソクを入れる場所を壁に作ります。陽が落ちて、開始直前にローソクに火を入れ、昨夜からバットに這った水で創った氷のガラスをはめ込んで完成です。

▼本部の作業は午後1時30分から再開。
午後5時の完成を目指します。
もう1時半だ。作業始まる・・・昼休み短っ!

チームワーク賜物 [2012年01月15日(Sun)]
▼10時30分にスタートして、すごい勢いでブロックが切出され、運ばれ、積み上げられて行く。ブロックはおよそ400個も必要だろうか、みんなが寝ているイグルーが100〜150個くらいなのでイグルー三つ分の雪のブロックが必要だ。




▼11時40分:ほんお1時間あまりの時間で、見る見るうちに積み重ねられ、スノーシアターの形が見えてきた。
2週間の活動の成果 [2012年01月15日(Sun)]
▼スノーシアター作りがはじまった。
10時30分:全員が動く・・・
プラトー前の駐車場の除雪した雪の山の斜面を利用して、スノーシアターの観客席をつくる。
午前中は、シアターを囲む壁づくりに全員で取り組んだ。
雪のブロックを切り出す人、ブロックを運ぶ人、ブロックを積み上げる人。
それそれ分担して全員のチームワークで進む。