• もっと見る
«森と風のがっこう | Main | 参酔会»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
森のそば屋 [2008年11月25日(Tue)]
■葛巻町役場を訪ねた後、今日の昼ごはんは蕎麦にした。
葛巻のそばといえば“森のそば屋”だ。
この地区のお母さんたちの伝統の技をそのまま提供している。
そば粉は水車の石臼で曳く。
田舎のコミュニティビジネスの成功例でも注目されているこの森のそば屋だ。
仕掛け人はここのご主人、高家さん。この春まで役場に勤めていた。

■つなぎは卵と豆腐の小麦粉なしのそばの香り抜群。
ざるそば、温そばを頂き、囲炉裏端でヤマメをいただく。
・・・・・“旨い”“暖かい”・・・至福の瞬




▼最後に“そばカッケ”をいただく。
岩手県北の地域だけに残る郷土料理だ。
三角形にきったそばを沸騰した土鍋のお湯にシャブシャブのように湯通しをして、味噌で食す。
冬の季節限定郷土食だ。
この地域は雑穀の文化があり、そばも各家々で打っていたと言う。そばを打った後に残るそばの端切れから生まれた食材だろうか?

■広瀬さんは、この“そばカッケ”を買って宅急便で送った。
12月5日のエコツーリズムセンターで月に1回開催されるコンセプトメーキングでみんなで食する予定だ。

■地域を元気にするエコツーリズム・・・・・
元気にする素材は「食」にはいっぱい詰まっているような気がした。
耕英にもそんな素材がたくさんあると思う。
素材を生かす取り組みをしようと思う。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント