• もっと見る
«エコインストラクター巡回研修 | Main | 森のそば屋»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
森と風のがっこう [2008年11月25日(Tue)]
■広瀬さんと葛巻町(岩手県)にある森風(森と風のがっこう)にやって来た。
森風の吉成さん会うのは震災後はじめてだ。
森風は上外川(かみそでがわ)分校の廃校跡を利用している。薪ストーブがある暖かい部屋で森風のスタッフと一緒に交流した。

■私にとって、吉成さんとも、ここの上外川分校とも古いお付き合いだ。
訪ねるたびに“森風”が進化し変容していている。
我々が考えて取り組んできた事、つながっとぃることをあらためて感じた。
話が深くなればなるほど、広瀬さんがこれまでつながってきた方々と吉成さんがつながってきた方々が共通な方が多いことが分かった。
■環境教育での共通項はあるが、それ以上に、自給自足的な暮らし、そして健康生き方、地域も元気にするコミュニティの創造など・・・・・
くりこま高原自然学校も耕英で目指していたことと全く一緒だ。
■薪ストーブの暖かい空気に包まれて、またまた十分に充電できた。

■吉成さんも持続可能な自然環境と共生した暮らし、生き方を目指し実践していると思う。
現在「エコハウス」を建築中だ。興味深い工夫が詰まっている家が形になりつつあった。



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント