CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«小春日和 | Main | 発想の整理»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
温度差 [2008年10月31日(Fri)]
■新幹線の中は暖かい。駅へ向かう道は朝靄に包まれていた。
栗駒は朝靄と虹の季節になった。
自然学校がある耕英に駒の湯というアメダスは今朝氷点下になったとラジオで聴いた。
■寒気が入り、大地がまだ冷えきらないこの季節は毎日朝靄に包まれる。山では時雨で虹も良く見る。
温度差が原因で靄が発生している。
■温度差を感じるのは気温だけではない。様々な場面で温度差を感じてきた。地震以降はなおさらだ。
寒冷地仕様の私は、身心ともに熱いので、時々冷やす必要がある。自分自身が熱くなりすぎると外界との間に朝靄のように何かが発生する。台風や前線やゲリラ豪雨なども激しい温度差によるものだろう。
■先週の北海道は気温も人も温度差がなく、熱く元気をもらって私の芯がさらに熱くなって帰って来た。
■これからは、今朝の朝靄のように、何事も緩やかな温度差で包み込むよいな気持になれればと感じた。
■今日は若者自立塾の会議で東京日帰り。栗駒と東京のあらゆる温度差を感じてこよう。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント