CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 | Main | 冒険教育のこと再び»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
闘争心に火をつけた・・・雪上大運動会へ向けて [2013年01月09日(Wed)]
1月9日(5日目)
 本気で取り組む、全力を出し切る。生きる力を育むためには、こんな体験をたくさんすることが必要だと考えています。小さいときに思いっきり遊び、いっぱい汗をかき、のどが渇き、水をゴクゴク飲む、そして一杯食べる。ことも達の近くで、一生懸命取り組んでいる大人をたくさん見せて、それも楽しんでいる姿を見せる。スノーワンダーランドのスタッフはそんな場面をつくています。
 今日は、2週間のキャンプの前半の5日目です。これまでの班のメンバーと生活を共にしたチームワークの成果を、一度試すことになります。午後は班ごとのチーム力を試す雪上大運動会です。
子どもの班が3班に本部チームを加え、4チーム対抗戦で競います。各チームで一つずつ競技種目を考えます。勿論本部チームも競技を考えます。4つのゲームで得点を競います。近年スノーワンダー前半の人気の恒例のプログラムになったこの大運動会は、今回で5回目。初回、2回と本部は2連覇。回をかさねるごとに、子どもたちが考える競技も大人チームの弱点をついてきました。3回目は子どもたちに大敗を喫しました。昨年本部はリベンジを狙ったが、僅差で惜敗。本部は現在4戦2勝、2位1回、3位1回。今年こそ王者復活を狙っています。ちなみに、本部チームの名前は大人げないチーム≠ニ宣言をして、子どもだからと言って決して手を抜かず全力で競技をしてきました。昨年は負けたら、オカは坊主にすると宣言し、坊主になり、私もヒゲを剃ると宣言し、きれいにヒゲを落としました。
 と言うことで、今朝、先ほど運動会の競技種目づくり説明会をし、大人げないチームは、子どもたちを挑発して、大人気ないチーム対する子どもたちの闘争心に火をつけたところです。子どもたちはどれだけ大人の弱点をついた競技種目を考えてくるのか楽しみです。昼食後、競技種目説明発表を行い、14時から競技開始です。結果をお楽しみに。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント