CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«暖かい支援、これからのつながり | Main | 先週末の出来事»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) Aちゃんママ
ケ≠フ教育とハレ≠フ教育 (01/20) あべpapa
進化・変革の一時停滞・・・ (05/29) あべpapa
ガイアの仲間 (04/28) あべpapa
またくりこま高原自然学校に集まった (04/26) おせろまま
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
低炭素杯2012 (02/19) あべPAPA
源氏物語 (02/09) 4年3組 吉川まな
ペンギン家族 (02/07) あべPAPA
(無題) (02/06)
月別アーカイブ
公共の医療の質は? [2008年08月29日(Fri)]


◆あわてて撮ったので、写真の上が写っていないけど、「心の外科」と書いてある。
今日夕刻に大崎市にある市民病院へ行ったときにエレベーターの横壁に掲げられていたものだ。
実は、私の友人が先週から栗原市栗駒岩ヶ崎にある国保病院に入院していたが、昨日急に古川にある市民病院に転院し手術をしたと連絡があり駆けつけた。
幸い手術も無事に済み安静にしていたが、転院し即手術ということをっ聞いたので重病かと心配をして古川に向かったが、そうではなかった。

◆転院した理由は、栗駒の国保病院の対応の悪さが原因で変えてもらったという。
市民生活の重要な、医療、教育、福祉などは、ハードの整備も重要かも知れないが、そこで働く人の姿勢が重要かもしれない。

◆栗原市が経営する公共病院の経営にも課題は多かろうと思うが、この写真のように市民が見えるところに掲げているということは、大崎市民病院、大崎市という行政の医療現場への姿勢が表れているような気した。
友人はここの病院のスタッフは自分の気持ちを分かってくれて処置をしてくれると、昨日までの入院生活のとの違いを話してくれた。

◆しばし栗原の医療の危機について談義して帰ってきた。
旧栗駒町で新しく立て替えられる栗駒の国保病院、築館にある栗原中央病院など、合併前の旧町村にはことごとく新しく病院が建て替えられているが、そこで働く人はどのようによりよくなるのだろうか?
大崎市民病院には彼のようにわざわざ栗原市からくる患者が相当数いるようだ。
隣のベッドの患者さんも栗原市民だった。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
う〜ん。そうですか?自分が一番偉いと勘違いしてる人多すぎですよ。
同じ高校出身の看護士が多いのですが恥ずかしいくらいな人多いですよ。仙台の他の病院にも入院しましたがぜんぜんちがいますよ。
Posted by: 佐藤  at 2008年10月11日(Sat) 20:24

■高峰さん。いつもコメントありがとうございます。
復興はまさに町づくりだと感じつつ、医療・福祉・教育は普遍の町づくりのテーマかもしれないと感じています。
住みやすい安心できる町の土台だと思います。
今後ともよろしくお願い致します。
またご助言いただける機会があればと思います。
Posted by: 佐々木豊志  at 2008年09月04日(Thu) 23:23

医療機関は患者から選ばれる存在であることを自覚する必要があります。北陸にある病院でも同じようなお話をうかがっています。病院は新しくなったが、スタッフが以前と同じような接客で、お客である患者の評価が低く、隣の市にある病院に行く人が増えているとのこと。近所に開院した個人病院も、数年で閉鎖になりました。先生の接客が良くなくて、繰り返し利用する患者が少なくなっていたとのことです。
地域の医療にとってもっと深刻なのは、ドクターや看護士が確保できなくて、病棟閉鎖や科(産婦人科など)が無くなっている病院が多いことです。地域住民の健康や生命を守る拠点としての病院が弱体化している状況をいかに打開するか、全国的な問題ですね。
Posted by: 高峰博保  at 2008年08月31日(Sun) 20:24